5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】自閉症スペクトラム…複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめき▲φ ★:2010/06/10(木) 06:46:42.35 ID:???0 ?PLT(12556)
新生児100人に1人の割合で生じるとされる脳の機能障害「自閉症スペクトラム」が、
複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性があることが、英オックスフォード大などの
研究で分かった。症状や問診をもとにしてきた診断法の改善につながる成果で、
10日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。

自閉症スペクトラムは、他者とのコミュニケーションや社会性の発達に遅れが見られる。
自閉症のほか、知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」なども含み、
症状の多様さから「スペクトラム(連続体)」と呼ばれる。

チームはヨーロッパ人の患者996人と健康な1287人のゲノム(全遺伝情報)を比較。
その結果、父と母から一つずつ受け継ぐべき遺伝子が一つ足りなかったり、三つになる
コピーミスが、患者は健康な人より平均19%多く、健康な人ではめったに起きない遺伝子で
起きていた。コピーミスは「コピー数多型(たけい)」と呼ばれ、健康な人では病気の
かかりやすさや薬の効き方の個人差として表れる。チームは、鍵となる遺伝子の複数の
コピーミスが発症につながるとみている。

理化学研究所の古市貞一・分子神経形成研究チーム長は「自閉症スペクトラムは早期に
診断されれば改善が期待できる。今回の成果は科学的診断法確立に向けた基本情報に
なる可能性がある」と話す。

*+*+ 毎日jp 2010/06/10[06:46:42] +*+*
http://mainichi.jp/select/science/news/20100610k0000m040155000c.html

2 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 06:47:14.58 ID:KwHyEgiL0
2get

3 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 06:47:28.62 ID:lHpX71Kn0
3ガッツ

4 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 06:47:59.42 ID:lOhZK9Sq0
つまり、不良品、欠陥品ですか。

5 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 06:48:56.73 ID:VONqDMoZ0
>>1
新生児100人に1人?
そんな少なくないよ?

6 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 06:51:50.27 ID:yKMxDYOS0
鳩山

7 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 06:58:01.16 ID:PV65P/Ia0
>>4
それでいいと思うわ
下手にプライド持たせたら自身の行動を省みなくなるから

8 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:03:02.00 ID:fEHvIeSs0
同じ欠陥品ならダウンとかの方がそんなにメーワクかけない分だけまし

9 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:04:22.72 ID:FAQnYfke0
別に研究の役にもたつから消えろとはいわんが
喫煙者の親の子供に特別税金使うのはやめてね

10 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:06:31.38 ID:VONqDMoZ0
> 知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」
テレビなどの特集で出てくる
ごくごくごく一部のASの為の誤解。

知的に遅れのない軽度の自閉圏は障害者手帳が
でるわけでもないし、普通級に行く子供も多い。
知らずに育つ場合や、親が同系統の確率も低くない。
1〜3歳でわかって療育初めても遅いくらい。
難しい障害だよ。

11 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:07:55.78 ID:Bj6tKwpvO
心疾患より多いんだな。

ところで、ちんこが生まれつき剥けてる新生児の割合も
100人に一人ぐらいだとおもうぜ。実感的に。

12 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:12:27.19 ID:rRGOLhNuP
口酸っぱくverifyしろって言ったのに…

13 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:15:01.75 ID:psceub82O
>>11
心底うらやましい。
もう生まれた時点で人生勝ちが決まったようなもんじゃん。

14 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:15:40.38 ID:j93duRo8P
♪いんざすぺ〜す

15 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:17:41.25 ID:VeQg0vH5O
女が35歳過ぎて羊水が腐るとダウン症がよく生まれる
男が45歳過ぎて精液が腐ると自閉症がよく生まれる

16 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:18:13.94 ID:aLwvVQxF0
コピーミスは進化のきっかけ

17 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:19:18.02 ID:9Bdj4Ees0
羊水が腐るっていうか卵子や精子が劣化してるんだろ


18 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:20:06.96 ID:W6n/nZ1/0
パイパンも100人に一人くらいの割合らしい。

19 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:20:41.27 ID:Kfl5rCo60
>自閉症スペクトラムは早期に診断されれば改善が期待できる。

診断って…
遺伝子診断??

20 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:24:35.16 ID:PJLICYp8O
>>19
どうやるんだろうな?
胎児の細胞を採取でもするんだろうか?

21 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:25:38.74 ID:0Naztvk30
>>20
そんでもってMD5でも確認するんじゃね?

22 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:26:22.05 ID:S3c1gVyK0
少子化で子供が減ってるからね。
職にあぶれた教員と小児科医が仕事欲しくて単なるワンパクな子を障害児扱いしてるんだよ。
今の養護学校行ってみな。
四分の一くらいは普通の学校にも行ける子だよ。

23 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:28:42.12 ID:7XxaSlTA0
■加齢による精子のDNA損傷
医療関係者が接するのはもっぱら出産する女性側であるために、女性側への啓蒙が主として行われがちであるが、
男性の精子も高齢になると劣化することが、近年の研究により報告されている。
中高年男性であっても精子はたえず再生産されるから射精は可能だといっても、再生産される毛髪の質が年齢と共に劣化するのと同様
中年になるとホルモン系の老化が始まり、男性が良質な精子を作り出す能力が衰えていく。
その結果として、男性の精子の質も劣化し、女性を妊娠させる可能性も低下する。
欧州での報告によると、被験者2,100人を対象とした研究で、45歳を超える男性の精子DNAの損傷は、
それ以下の年齢グループに比較して有意に高く、30歳未満の男性との比較では2倍であった
(2005年コペンハーゲンで開かれた欧州ヒト生殖学会議(ESHRE)での報告より)

■新生児の小人症(軟骨形成不全症)の発症率の増加
米国の研究においては精子のDNAの損傷と染色体異常は男性の年齢と共に増加し、
遺伝子の突然変異による小人症(軟骨形成不全症)の発症率は
30歳〜40歳までの男性を比較すると男性が1年歳をとるごとにほぼ2%ずつ増加することが報告されている
(2006年米国国立ローレンス・リヴァモア研究所の研究発表 )

■新生児の自閉症の発症率の増加
米国の研究によると、父親が40歳以上の時に生まれた新生児は自閉症や関連の症例が30歳未満の父親の場合の約6倍で、30〜39歳の父親と比較すると1.5倍以上とされている。
一方、母親については、年齢が高いと若干の影響を及ぼす可能性は排除できないものの、子どもの自閉症に発症に与える有意な影響は認められなかったとされている
(米国医学専門誌「Archives of General Psychiatry」(アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイカイアトリ)2006年9月号)

■母体の流産の確率の増加
妊娠の男性パートナーが35歳以上の女性は、25歳未満の若い男性パートナの女性と比べて流産のリスクが、およそ3倍になる。
父親が25歳未満の場合の自然流産率は、父親が25〜29歳の場合と比べて、約4割少なくなり、 父親が40歳以上の場合は、父親が25〜29歳の場合と比べて、1.6倍となる。
(米国産婦人科学会が発行する Obstetrics & Gynecology 誌8月号)


結論
男も女も35過ぎたら子作り禁止


24 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:29:33.81 ID:Xq+d3uv6i
>>17
羊水が腐るってのは、古来から伝わる慣用句だよ。
実際に腐ってる訳じゃない。道草を食うって言うけど、実際は食わないじゃん。

そんな感じ。

25 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:38:47.39 ID:OLy9yCZ30
> 知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」

アスペ絶賛しすぎだろw

26 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:40:05.03 ID:PV65P/Ia0
>>22昔は「馬鹿・間抜け・おっちょこちょい」で済ませてたんだろな

27 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:44:29.69 ID:11siik2H0
何百枚もコピーミスするとちょっとだけ良心が痛む

28 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:46:33.32 ID:8wbiy6dd0
まぁ、犯罪行為とか人に迷惑を掛ける障害者みたいな事をする奴は
障害者扱いされても仕方ないわな

29 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:47:56.37 ID:Rwude6Py0
サバンってアスペの一種だったのか。
自閉症の一種だとは思ってたけど、高機能限定とは思わなかった。

30 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:48:04.72 ID:PJLICYp8O
>>25
それアスペルガーの中でも稀なサヴァン症候群なんだけどな。
アスペルガー全てがレインマンじゃない。

31 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:53:03.32 ID:9Bdj4Ees0
>>30
アスペの親はそうやってプライドを維持しているんだから許してやれよ

32 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 07:53:42.52 ID:PV65P/Ia0
>>25
さかなクンみたく本人の能力と動機が噛み合えば集中力で
カスタマイズされたがごとくなんだがね

33 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 08:03:09.47 ID:trSI4gdi0
レオタード着てラッパ吹いていなかった?

34 :福島直子:2010/06/10(木) 08:05:57.82 ID:5dlxaBRK0
>>22 その四分の一に対する扱いをどうするかの議論がない
   健常者と障害者の二分でよいのか?ってことでしょ。

35 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 08:10:17.22 ID:1/BWj2Iy0
全部嘘ワニよ、癌やボケ、自閉症などの病気は全部
世界を紙くずの利子”で支配しておるFRBユダヤ金融屋末裔
ロスチャイルド一族のいち僕ロックフェラ〜現代医療の
幼い頃からの毒ワクチンや薬打たれて
発祥する仕組みになっておるワニ

36 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 08:15:56.40 ID:DlWgY7Zb0
>>31
お前の親もそうやってお前を普通の子として育ててくれたんだろうな。感謝しろよ。

37 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 08:21:45.10 ID:Rwude6Py0
>>35
久しぶりにワニさんに出会えたw
遺伝子操作までユダヤだったかw

38 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 08:52:59.08 ID:11siik2H0
>>36
そうか? >>31の障害を認めてそれなりに教育してきたら>>31
もう少しまともになったはず。

39 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 08:54:58.63 ID:a5RBX+L80
児童ポルノの取り締まりと高齢出産を禁止しないせいニダ<丶`∀´>

40 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:01:29.31 ID:Bj6tKwpvO
高齢出産なんか昔から変わらないけどな
高齢初産が増えただけで。
曾ばあちゃん世代は45とかで普通に生んでたし。

41 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:03:05.11 ID:25cckxIc0
幸田くみの言ってることも、あながち間違いではない。

42 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:05:55.27 ID:JOUHD7GfP
んじゃそのコピーミスによる自閉症があったら子孫残すとき
またコピーミス起こる可能性あると
いや、相手の遺伝子とで補完される可能性もあんのか

43 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:08:13.99 ID:QqXQq/f/O
アスペ=知的障害を伴わない自閉
サヴァン=自閉の症状の一つでIQとは無関係
と思ってたけど違うのか?

知的障害あるサヴァンもいるよな?山下清とか。

44 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:08:15.99 ID:DlWgY7Zb0
>>38
かもな。気がつかせなければ31みたいな自覚の無い痛い子になっちゃうし、なかなか難しいよな。

45 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:09:51.12 ID:y9YgNeFK0
だから若くてもヘビースモーカーの子供はアレなのか

46 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:10:50.92 ID:IUCmDjOC0
なんか>>1がよくわからんというか、記事にするときに必要な情報が抜け落ちた?

>健康な人では病気のかかりやすさや薬の効き方の個人差として表れる

のに、それが自閉症スペクトラムの原因ってのはおかしいだろ
コピーミスの結果、自閉症スペクトラムが発症するんじゃなくて、個人差が表れるとなるはず

47 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:10:53.97 ID:IIgOBtOYO
ここまで新田一郎ナシ。

48 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:11:18.90 ID:OaO7pAdD0
>>5
自閉症はそんなもんでしょ?
ADHDやアスペルがーはもっと多いけど。

49 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:16:19.59 ID:2YvBPx9uO
俺にも遺伝子のコピーミスが…
だって若ハゲだから………orz

50 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:21:59.81 ID:bqHj4lti0
スゲーじゃん。生まれながらにしてトランペットやエレキギターぶん回せるんだから。

51 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:23:13.39 ID:MzMBFWXu0
新田一郎

52 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:26:15.83 ID:3vi8Sua50
ミスとかエラーとか命に対して言うべき事なのかね?

53 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:26:31.95 ID:x2wvH3sh0
>>40

それ昔だろ。
40歳の女性でも、元気な子供は生まれる可能性があるけど、少しでも元気の無い子供が生まれれば
7歳までに大抵死んでるんだよ。

だから昔の子供の死亡率はべらぼうに高かったんだよ。


今は、高度医療のせいで40歳が生んだ異常の多い弱い子供でも、育ってしまう。
まあ、悪いことではないけどね。弱い子供でも死なない時代ということ事態は。


までいくるんだけど

54 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:27:37.08 ID:8SYRdYcV0
>>49
親からの(隔世を含む)遺伝ならコピー「ミス」ではないだろ?

55 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:28:55.54 ID:by8cUAei0
俺の叔父は幼少期の話を聞けば確実にアスペっぽいが
いまは確実に自己愛性人格障害
犯罪歴あり

56 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:30:50.08 ID:j67W2h5g0
>>43
山下清は公式には幼児期の食中毒の後遺症で障害が出たことになってて先天的な障害ではないとされてる

ちなみにサヴァンと知的水準は関係ないが、理系分野や文系分野において天才的特異性を発現しようとしたら
それなりに知能が伴っていないと顕在化は難しい
(高馬力エンジンを積んでいてもフレームが弱いと出力できないのと同じ)
その点芸術的分野は顕在しやすいと言えるかもしれんね

漢字を見て色がついてるとか、モノを見て味覚に置き換えるとか、意味ないけど同じような才能です
学習障害児で、教科書の文字がぐるぐる回って読めないという子供にあったことがあるけど、知的には普通の人だったなあ

57 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:36:19.76 ID:y9YgNeFK0
男の遺伝子は欠損し続けると聞いたが男いなくなるの?

58 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:40:38.42 ID:x2wvH3sh0
>>57

このまま変化がないのなら居なくなる。

というか、男だけ居なくなるのではなくて、その影響で人類そのものが居なくなる。

遺伝子の欠損しきるスパンが、その種族そのものの寿命と見ることもできる。


対応としては、現在の人類の精子を冷凍保存して
男の精子が使いものにならなくなる1000万年後とかに、今の俺達の精子が利用できるようにしておくことだね。

59 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:41:37.46 ID:CwG4uKY/0
インザスペ〜ス♪良いもんだね〜♪

60 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:45:19.47 ID:p4/26T890
知恵遅れとちょっと足らない人の境目がはっきりしないよね。
コンビニなんかでレジで「980円になります」って言うから1080円渡したら、
1000円だけ取って20円返してきた馬鹿店員がいた。
これ障害レベルだろ?
こういう人ってまともな仕事に就けないし、逆に障害者としての保護もない。
一番かわいそうな人たちなんだよね。

61 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:46:43.58 ID:x2wvH3sh0
>>60

そのレベルは、アメリカのレジ打ちとかにたくさん居そうだけどね・・・・

62 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:48:55.71 ID:p4/26T890
あと、レジで打ち間違えたらくし「1万3258円になります」って。
打ち間違えは誰でもあるけど、コンビニで2、3点買い物してその金額が表示されて
「間違った」って気づかないの?こっちが指摘するまで金貰うの待ってるし。
受けた教育うんぬんでなくて基本的な何かが欠落してるんだよね。


63 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:51:44.17 ID:ci9ECurL0
やっぱり欠陥品か。

64 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:52:16.13 ID:Hx++K/GB0
> 自閉症スペクトラム

椎名林檎の新曲が出たのかと一瞬オモタ

65 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 09:52:49.44 ID:rp9ThfUyO
>>60
昔バイト先で渡した金より釣が多かったことがあったが、そのレジの子は疲れていただけで普段は普通。
たまたまだろ?

66 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:00:48.10 ID:SDOqMG1N0
>>46
無理矢理に解釈してみる。

 a)コピーミスが多い人と、少ない人がいる。
 b)アスペルガーの人は、コピーミスが多い。
 c)大抵の遺伝子は、コピーミスしても、大きな問題にならない。
  病気のかかりやすさや、薬の効き方が違う程度。
 d)幾つかの遺伝子でコピーミスが起きていると、アスペルガーの傾向が出る。
 e)この「幾つかの遺伝子」は、コピーミスが起きにくい遺伝子だ。

 結論:この「幾つかの遺伝子のコピーミス」が、アスペルガーの原因なんじゃね?
     この遺伝子を特定できりゃ、遺伝子診断で早期発見できるんじゃね?

67 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:01:00.66 ID:p4/26T890
>>65
いやいや、1080円だして100円玉の釣りが来ると期待してら、10円玉10枚返されたという話


68 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:01:45.37 ID:by8cUAei0
60がただ心の狭い人間だったと

69 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:08:11.56 ID:CEoQJhss0
アスペの彼女と付き合ったことあるよ。
言われたことができなくて、仕事をクビになるわ、
ゴミ捨てが苦手で部屋の中がゴミの山
問題だらけだが、音楽の才能は天才的だった
まさに生のだめ

屈託なくて可愛かったなあ……

70 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:11:53.31 ID:DM85afXa0
            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |
           ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !
          ゝ i、   ` `二´' 丿
              r|、` '' ー--‐f´
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

皇太子様がこのスレに御興味を持たれたようです。

71 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:13:44.06 ID:QqXQq/f/O
>>56
d。
前にウィキかどこかで山下清=サヴァンと読んだ様な記憶があったので勘違いしてたかも。

72 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:15:29.64 ID:7zG+COX80
>>66
自閉症スペクトラムに関係あるんでね?という遺伝子は
いくつもみつかってる
確定じゃないし、研究者によって言うこと違うけど

自閉症スペクトラムの問題は訓練で改善できる部分が多いにもかかわらず
甚だ症状の重い一部以外はスルーされがちであること
だから新生児スクリーニング的にみつけて
早期療育をすすめると後がだいぶ楽になるんじゃね?
ってことだと思う
今回の遺伝子コピーミスの検出がスクリーニングに使えるかどうかだな

73 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:19:19.60 ID:B+kxK26G0
これは生物の突然変異と同じことなのかな?

74 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:27:00.40 ID:IfyB7Ycn0
>>23
国は、20代同士のお見合いに大金つぎ込むべき
で、30代から35歳同士も、20代程じゃなくても金を出すべき
35歳以上は、参加禁止

障害流産少子化、晩婚は社会の敵だね

75 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:30:39.95 ID:IfyB7Ycn0
>>60
コンビニのレジて、未だに自力計算なのか?
最近のレジは貰った金打ち込めば、お釣りが計算されて勝手に出てきてない?

前にインド料理屋さんでそれやったら、インド人に見える店員さんが考え込んでしまった
インド人=計算ばっちり、というこっちの思い込みのせいで、申し訳ない事した


76 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:35:12.59 ID:knI9d7J20
オマイラ全員にコピーミスはあるよ。

77 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:35:25.14 ID:DM85afXa0
コンビニの件は、単に100円玉の釣り銭が切れかかってたから、そうしただけだろ。

そんなことにも想いがはせられないなんて、そいつこそアスペだなwww

78 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:37:22.56 ID:knI9d7J20
>>74
なんで「見合い」なんだよ。
結婚及び出産育児支援で十分だろ。

79 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:04:24.19 ID:RdWNrxQP0
ウチの子アスペだけど、特殊能力なんてない。
絵も音楽も先生つけてみたけど凡人レベル。
算数は計算問題なら出来るが、文章題になると意味が分からないらしい。
受験生だが(中受)、L中に入れるか入れないか微妙なレベル。

80 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:17:06.16 ID:DM85afXa0
アスペ症候群と、サバン症候群を近藤しないでくさい。

81 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:28:08.51 ID:IfyB7Ycn0
>>78
いや、国や企業や自治体で若者を見合いさせ
ボランディアの仲人さんにサポートしてもらって、どんどん若者を結婚させるべき
テレビでやってたけど、凄い数のカップル成立させてる自治体もある
地元同士の結婚なら、相手の身元もだいたい判るし、親同士も近い地域に住んでるし、いい事ずくめ

ベルトコンベアーで何千円もむしってる業者なんて消えればいい


82 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:33:42.78 ID:knI9d7J20
>>81
で、ボッシーの大量生産か?

83 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:39:16.31 ID:eFYHuSMJO
>>30
でも定型発達者より有意に割合高いらしいね。
メンサの構成人員なんかでもそうだし。


84 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:44:39.23 ID:IfyB7Ycn0
>>82
若者は皆離婚するというその思い込みは何?

障害者生産率下げて、障害者にかかる国の負担も減る、3人以上産んで貰う
早く子育て終えたら、その後の老後の資金だって貯められるから、貧困高齢者が減る
子供が沢山いれば、親の面倒も大勢の親族でケア出来るから、介護の行政の負担も減る
仮に離婚しても、若ければ次見つかるし、祖父母も健在だから子育てもサポート出来る

いい事ばっか

85 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:53:56.87 ID:hYjghoQM0
自分も小学校入学前に知能や生活行動の調査されてたんだけど
あと一歩で特殊学級に入るところだった。
これがスペクトラムってことなんだろうな。

86 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 11:54:54.77 ID:knI9d7J20
>>84
早婚は離婚率が高いことは統計にあるが、あれは思い込みか?

87 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 12:01:27.40 ID:IfyB7Ycn0
>>86
前、テレビで、スーパー仲人のおばちゃんのやってたけど
離婚するのは、結婚した後、誰も相談にのらず、ほったらかすかららしいよ
困った時に相談に乗ってやったり、2人に会ってちょっと話をしてやれば
ほとんど解決、その人が仲人した大量の人達は皆結婚が続いてるて

自治体で成果あげてるとこ、ボランティアの仲人さんが一杯いるんだよ
そうゆう人達が、その後も相談とかのってあげたらいいんじゃね




88 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 12:11:53.90 ID:PgNYzKcP0
光とともにも最終巻が出たな
誰か完成原稿にしてくれないかな

89 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 12:19:22.23 ID:knI9d7J20
>>87
そういう個別の事例でなんとかなると思うのが…。
その仲人が「スーパー」で特殊だからだろ。
おそらく相談能力ではなくマッチングの眼力があるんだろうね。
そんな才能がある仲人を容易に養成できるとおもうか?
そんなんでは税金を投入して行なう国の施策にならないんだよ。
レンホーに仕分けられるハメになっちゃうんだ。

90 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 12:41:13.66 ID:fcUa+7Av0
ここまで愛子なしか


91 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 12:54:02.56 ID:I9UUt/0m0
アスペはちょっと変わった頭のいい奴ってことで終わる人間も多いと思う
サヴァンは神か電子レベル
あれは人間には理解できない
本当の紙一重の人達って感じする


92 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 12:59:06.89 ID:xFVXm6qy0
トマト一発

93 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:01:27.62 ID:n7KuRL0O0
いんざすぺーーーーすっ♪

94 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:04:26.21 ID:j67W2h5g0
>>79
>>80
サヴァン症候群は、アスペルガーのうち約2割の割合で発生するっっっっ
といわれています
本当は知的障害を伴なう発達障害児にもあるのかもしてないけど、
周りにいる人間が気づかないとか、本当にくだらない分野の才能で意味がないというケースも有るかも

例えば、完全な真円を見極める類まれ無き感覚を持って生まれたとしても、よほどのステージでなければ不要な才能で、普通の生活では異能扱いはされない。

遺伝子上のバグがエラーと出るか、チートとなるかは予測がつかない上に、本人がそれを生かせる運(縁)が重要なファクターとなる。

競走馬の例を挙げるまでも無く、良い遺伝子と良い遺伝子を掛け合わせると良い子どもが生まれる確率は高くなる。
ただ、馬の場合はただ早く走るだけの評価軸だが、人間の価値観や生きざまは多岐に渡るためこのような掛け合わせは意味を成さない。
生まれたままに可能性を信じて、より良い選択を重ねて得意な分野を見つけていくしかない。

天才も凡人も障害者もこのあたりは同じ。自分を生かせるステージにたどり着いたものが真の成功者。

95 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:06:33.78 ID:wIeieFNd0
>>94
馬鹿か
サヴァン症候群は世界で10例に満たないっつーの

96 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:10:01.17 ID:5Em+LU5N0
人を育てることが得意(笑)だという上司に、自分の思い通りにならない部下を統合失調症だと吐き捨てる人がいた
私の素晴らしい能力を持ってしても、ならないことはないと思い込んでいるようです
自分のコピーを作ることが素晴らしい人を育てたことになるそうで、考え方を変えない部下は間接的に嫌がらせを受けます
今では馬鹿の一つ覚えのように、あいつはゆとりだ、アスペルガーだと周りに言いふらしている
他人を貶めることで自分を正当化することでしか、優れた人物像(?)ことを証明できないことは可哀そうな事ではないでしょうか

97 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:10:46.33 ID:YntGLIlv0
生まれた直後に自分の精子と卵子を冷凍保存しておいて、
結婚したらそれを使うといういうのはどうか?
これなら遺伝子の劣化なしだろ

98 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:12:36.04 ID:j67W2h5g0
Alonzo Clemons - アメリカの粘土造形家
Tony DeBlois - 視覚障害者のアメリカ人音楽家
Leslie Lemke - 盲目のアメリカ人音楽家
Jonathan Lerman - アメリカの芸術家
Thristan Mendoza - フィリピン人。マリンバに秀でる
Derek Paravicini - 盲目の英国人音楽家
キム・ピーク - 1988年の映画『レインマン』のきっかけとなった。大変な記憶力をもっていると考えられている
James Henry Pullen - 英国の卓越した大工
Matt Savage - アメリカの自閉症ジャズマン
Henriett Seth-F. - ハンガリーの自閉症サヴァン。詩人、作家、芸術家
ダニエル・タメット - 英国の自閉症サヴァン
Stephen Wiltshire - 英国の建築芸術家
Richard Wawro - スコットランドの芸術家
山下清 - 日本の画家。日本中を放浪し、各地で見た風景を絵に描いたが、そのほとんどがスケッチすら取らずに、帰宅後に思い出しながら描いたものである。
神戸連続児童殺傷事件の容疑者 - 犯行の動機に関わっている。

wikiの記載だけでもすでに10例超えてますが?
しかも著名な例しか表に出ないケースがほとんど。

知り合いに三才でピアノ弾いてるところ見ただけでガンガンコピーするし、平仮名カタカナアルファベットマスターして今辞書の漢字覚えまくってる変人幼児がいるんだけど、どう考えてもサヴァンの気がある

99 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:17:54.34 ID:5Em+LU5N0
自分の常識という名の小さな器を過大評価してはいけない
自分が理解できない常識を持つものを、精神病者扱いするのは心が病んでいる状態です
常識人である側が攻撃的になっても何も解決しません

100 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:17:59.58 ID:wIeieFNd0
>>98
その中に山下清があってそれに疑問を感じない時点で馬鹿だろ

101 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 13:36:40.56 ID:j67W2h5g0
>>100
なんで?
山下清が後天的障害者か、そうでなかったかなんてわからないよ
世間体からそういうことにしているだけかも知れないし、W字型の発達障害だったのかも知れないし

世界で10に満たない例をあげてくれたほうが早いね
だいたい10例に満たない症例をもって「症候群」と名付けるなんてあるの?そっちに疑問は湧かないの?言っててバカバカしくない?

102 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:02:30.89 ID:eFYHuSMJO
>>95
それは最重度サヴァンの話な。
軽度なら突出的能力って形で様々な程度で持ち合わせてる。
ASの俺が知識無しにはじめてバイクのエンジンを適当にバラバラにしてから組むだけじゃなく
機能的にも整備出来たり、同じくPCを組み直せたり機能的に直せたり、それらが予備学習ではなく
ほとんど直感的な感覚で出来るのも軽〜中度あたりに該当するらしい。


103 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:25:59.55 ID:huIHMZ3o0
つまりただのアスペじゃカス野郎でしかないってことか

生かしておくだけ不憫だな…

104 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:27:20.80 ID:XUV5K7cC0
http://www.ustream.tv/channel/mmlf00/v3

105 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:32:24.23 ID:k3IgtjBx0
スタンハンセンのテーマもスペクトラムだな。
http://www.youtube.com/watch?v=Jxi10ZIvyTo


106 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:33:33.85 ID:3q9Gafpc0
>>10
> >>知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」
> テレビなどの特集で出てくる ごくごくごく一部のASの為の誤解。
>
> 知的に遅れのない軽度の自閉圏は障害者手帳が
> でるわけでもないし、普通級に行く子供も多い。
> 知らずに育つ場合や、親が同系統の確率も低くない。
> 1〜3歳でわかって療育初めても遅いくらい。
> 難しい障害だよ。

マスコミは、人権屋がうるせーから入れてるんだろうな。
人権ヤクザ向けの枕詞みたいなもんだわ。

幼児のしゃべるのが早いと、発達障害が心配な時代だもんな。
早期の発見と対処が大事なのに教育界はなぜか放置。
ぐだぐだにして、社会適応不可能なまでスポイルして社会放出。

本人、鬱病、ニート、引きこもりモードへ って流れだもんな。

107 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2010/06/10(木) 14:36:09.36 ID:WmgtRlCx0
はいはーい、自称ASの俺様が横切りますよお。

>>103 お前が死ねよ、平凡なお前の代わりなんか幾らでも居るんだし。

108 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:40:58.93 ID:j67W2h5g0
実際は3歳ぐらいまで診断出せないからね

療育(訓練)だって早く始めたらいいってものでもない
一番大事なのは個人の発達状態に沿った助力であって、能力的に無理なこと押し付けてもトラウマが増えるだけ。

むしろ受容と勉強という意味で早期に訓練が必要なのは両親だけどね

もちろん障害として生きにくさを感じてるのはあるが、今は社会全体が生きにくい社会になってるのも事実。

109 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:42:15.30 ID:huIHMZ3o0
>>108
躾万能論が幅を利かす日本の土壌では難しいだろ

110 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2010/06/10(木) 14:45:33.12 ID:WmgtRlCx0
標準的に成れと躾けられるので日本でのASは生き辛く育ってしまう。

自由に生きちゃって良いんだぜえwwwwwwwwwwwww

111 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:47:13.30 ID:LcpQl6xwO
>>103
>>107

目クソ鼻クソ乙。

112 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2010/06/10(木) 14:48:57.68 ID:WmgtRlCx0
>>111 うんこ好きなの?

113 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:50:00.26 ID:q3xSK36S0
md5でもcrcでも良いから調べておいて、
コピーミスしたらコピーしなおせば良い。

114 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:53:04.46 ID:j67W2h5g0
だから両親に受容と理論武装が必要なんだよ
日本の土壌云々よりも、周囲の環境をどう整えられるかで生き方が変わってくる。

トラウマまみれでフラッシュバック起こしまくる一生をさせたくなければ、まず親がちゃんと寄り添うこと。
躾って、親に対しての評価軸でしか無いから、親が達観すればなんとでもなる
ちなみに幼稚園の見学イベントなんか行くと、健常児が騒ぎまくって危ないことしても親は放ったらかし、
一方障害児はちゃんと座ってて(もちろん自分の世界にいる)親がちょっとしたことでもケアしてるケースが多いよ

子供をどう育てるかなんて、親の幻想でしか無いんだけど、定型発達児の親は思春期後半までそのことに気付けないんだな

115 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:56:19.36 ID:huIHMZ3o0
学校じゃなかなか特段の配慮してはくれまい
他の生徒との兼ね合いもある

116 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 14:59:40.24 ID:SkKAdkMIO
「鳥居みゆきはアスペっぽい」
とかいうの聞くともう、アスペ自体の存在を疑ってしまう
単なる「変わり者」でいいじゃん
なんでもかんでも障害認定すんなと
「診断を受けてないアスペ」と「変わり者」の違いって何?w

117 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:01:28.86 ID:j67W2h5g0
>>116
「アスペっぽい」のと「アスペルガー」
は違うだろ。

鳥居みゆきは単なるキャラだし。
アレがモノホンならかなり生きにくい人生だよ

118 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:01:44.69 ID:oMjTz1R80
アスペやADHDも若いころは人並み外れた集中力を発揮できる場面があるのでそんな劣等感かんじないんだけど
30歳ぐらいすぎて自分が衰え始めると並の人以下の集中力になってしまうのでかなりつらい思いをすることになる

119 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2010/06/10(木) 15:02:12.44 ID:WmgtRlCx0
>>115 何時も問題児だった、担任はしょっちゅう家に来てたし校長とも友達だった。

良く一緒にケーキ食べた。

120 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:03:48.75 ID:qxsxpA6J0
スペクトラムってグループいたよね?

121 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:06:31.32 ID:JxZ4FPOT0
アスペは社交性が低い代わりに何かの取り柄や能力が現れますよーってのは嘘だからやめてほしいわ
大多数は何をやっても駄目な奴になっちゃうんだからさ・・・

122 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:06:59.21 ID:eFYHuSMJO
>>116
おおむね定型発達者から迫害されたり酷い被害損害を被り医療機関へ受診した結果障害が明らかに
なった人か、医療機関へ受診もせずひたすらたえているまたは受診する事が出来ない人。


123 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:09:14.04 ID:j67W2h5g0
>>118
ADHDって30過ぎでも顕在してるの?
なんか幼年性ってイメージあるけど、誤解だったか

124 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:11:03.49 ID:oMjTz1R80
>>123
多動はなくなるけど他の部分はそのまんまかな、後健常者より衰えるのが早い気がする

125 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:13:54.41 ID:huIHMZ3o0
>>124
それじゃ底辺職すら務まらなくなるな
どうやって生きていくんだろう?

126 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:14:45.84 ID:44/W09Yc0
俺も時々おかしいんじゃないかと思うことがある。


127 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:14:50.86 ID:oMjTz1R80
っていうかADHDが人並み外れた集中力発揮できるのって自分の興味ある事や好きな事ただ一点なんだよね
たまたまそれが仕事や学習の科目だったらいいんだけど年取ると好きだった事への興味も薄れるから集中力発揮できなくなるのもありそう

128 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:18:14.85 ID:mveDUzXX0
>>125
精神障害者手帳取って、ハロワで職業訓練してジョブコーチ付いてもらって就職が多いと思う。
でも、精神障害は知的、身体の障害よりずっと求人少ないんだよね。

129 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:20:44.63 ID:j67W2h5g0
>>125
バイク便して自活してる人がいたけど、最近世の中が便利になりすぎてそういう仕事が減ってきてる。
何十分の一ミリのクリアランスを感覚で調整するような技師も知ってるけど、やはり工場に仕事がない。

そして彼らの殆どは潰しが利かない…

でも今の若者全般そうだよね

130 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:21:07.69 ID:Y3ULoDR20
某やんごとないお子様の話みたいだ。

131 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:22:23.07 ID:oMjTz1R80
>>129

まあ得意な事以外やらせれば人並み以下だからなw

132 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:23:47.99 ID:huIHMZ3o0
>>128
哀れだな…
むしろ(^q^)の方が明確に区別されている分幸せなのかもな、家族にとっても…

133 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:39:31.13 ID:j67W2h5g0
診断を受容できればまずはいろいろなケアがあるからね
明確な区別は大事だよ。「障害」だから。
一番の問題はうちの子は正常です、ちょっと余所よりオクテなだけです、て突っぱねて5歳6歳までほっとくとちょっとしんどいかも。
療育は急げばいいってわけではないが、やはり発達状態に沿っていなければ。時間は取り戻せないからね。

134 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:42:11.25 ID:wkhpCNVSO
>>43
キヨシは絵が好きなだけだ

135 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:50:50.18 ID:B9k7BGWG0
>新生児100人に1人の割合
超軽度まで無理矢理概念拡張したらここまで比率が高まっただけなんだけどな

>知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」
これも凄い誤解を生みそうな記述だね、相変わらずの低脳マスゴミ
アスペで「特異な才能」なんて層は本当に少ないし
「超特異な才能」であるイディオ・サヴァンはアスペからは生まれない
それにボーダーの方が多数派

>症状の多様さから「スペクトラム(連続体)」と呼ばれる。
症状の多様さから呼ばれるのは「広範(広汎)性発達障害」という総称であって
スペクトラム概念でくくられる理由は
根治せずとも無限段階で表面上改善して病名がシフトしていくからだ

ま、変態レベルの低脳ゴミクズ珍聞記者じゃ頑張ってもこんなもんか

136 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 15:56:18.61 ID:TtzGXkgh0
【レス抽出】
対象スレ:【社会】自閉症スペクトラム…複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性
キーワード:イン・ザ・スペース
検索方法:マルチワード(OR)



抽出レス数:0

137 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 16:00:28.20 ID:yE8rLzzY0
>>79
L中ってなに?

138 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 16:29:36.36 ID:gqn+AxEq0
>>97
減数分裂の失敗(結果は染色体異常)の確率を下げるのなら新鮮な卵子と精子が有効だろうけど、
コピーミスは意図的に起こってる部分もあるからどうだろう。
コピーミス=進化 ともいうから。

139 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 16:41:34.25 ID:BC2vCFfh0
♪ちょーのーりょーくのサイボーグ〜

140 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 17:12:05.34 ID:yrySLLQfP
>>14
まだレコードアルバム持ってるぜw

>>136
>>14 >>59 >>93

141 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 19:19:01.76 ID:4f5boKdd0
>>138
「意図的」って、どういう意味?
バグの苦情を受けた某社が言う「仕様です」みたいなモンだと思ってるんだが。

142 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 19:46:13.37 ID:gqn+AxEq0
>>141
その通り、まさに仕様w

143 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 19:58:02.07 ID:bcdzQGgw0
>>90
知的障害の方が強いからでは?

144 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 20:21:58.36 ID:OzJk7ZjpP
精子が劣化してるとじへいしょうになりやすく
卵子が劣化してるとダウン症になりやすいんだっけ。

ダウンは見た目でわかりやすいけど、自閉は見た目(顔つきではなく)に現れる特徴ある?
ますかけ線持ちがかならずしもダウンとは限らないけど
ダウンは高確率でますかけ線持ちとか、そういう感じの。

145 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 21:20:56.70 ID:AWgyzbwx0
>>144
最近行き遅れババアが
>精子が劣化してるとじへいしょうになりやすく
ってのをばら蒔いているんだけど、きちんとした統計的な根拠が上がっているんじゃないんだな。
その疑いがあるという注意喚起程度ね。

146 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 21:46:44.05 ID:Jlnl9rO60
>>57
Y遺伝子のことか?

147 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 21:51:35.33 ID:Jlnl9rO60
>>75
アメリカ人=数えないとお釣りが出せない
と思ってたらレジのひと結構暗算するね

148 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 22:03:07.36 ID:1WQda1Ag0
長年通勤してる電車だと自閉症者は以前よりずっと見かける
結構な年齢(小学校高年齢〜青年)の自閉子連れた母親見るんだよね
その年齢から考えると母親は結構若い人が多い
父親はほとんど姿を見かけないのでなんとも…
ただこれは福祉の時間帯や価値観が変ったことによる変化かもしれないんだよな
教育現場で働く知り合いが数人いるけどやはり増えていると感じるそうだ

149 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 22:37:36.72 ID:AHzpZRnF0
精子は再生するって最近証明されたよな。
年をとっても精子は新しい状態を保てるということ。

150 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 22:44:04.41 ID:bTTmhCnY0
キリスト教牧師のアスペルガー率は異常。

151 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 23:59:02.30 ID:RE4xLt6oO
>>148
俺も自閉症よく見かける。街中3時頃だけど。

今日は俺のパワフィルとハイカムとマニホスカスカマフラー仕様の原チャリのズダダダダダ!っていう吸気音に反応して耳塞いでたよ。
俺も一応診断あり&全ての感覚超過敏タイプだけどこれにはたえられる。

余談だが、この作業と各種セッティングは誰にも頼らず自分のカンと記憶力と部品適合データだけでやった。
自閉症にはこういう、対象に神経を溶かし込んで対象を感じる感性がある気がする。
その感性があるから誰かに頼らなくてもエンジン程度のものは自然に分解組み立てが出来る。
問題も発見改善出来る。


152 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 00:16:09.08 ID:M4Pvv+yT0
シンセサイザーの父、モーグ博士もそんなようなこと言ってたな

153 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 01:48:01.17 ID:VPd2/nFl0
>>1
これは、つまり高齢父親に多発する、なぜなら精子DNAは常に
新しい物が生産されるが加齢でこの精子DNAにきずがつき
ミスコピーが増えるため

女性の卵子はオギャーとうまれついた段階で原始卵胞ないで生産終了
しており、初潮を迎えて閉経までずっとこの中から毎月排卵される
のでミスコピーは作られない

つまり結婚して子供を作るなら35歳以下の若い男を選んでおけ、
ということだ

154 :バーナー保守員● ◆UpHosyuUiU :2010/06/11(金) 02:17:56.60 ID:tWarNiOd0
ミスコピーはシュレッダーかリサイクルか。

155 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 02:40:17.32 ID:fFVvWzje0
>>60
まじめな話「アスペルガー症候群」って呼んでるのはそういう話なんよ

156 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 02:43:17.52 ID:Mp7kD9/i0
この劣化レプリカが!

157 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 02:50:29.64 ID:lxAmdNoN0
>>13
ウチの子、3歳の時に自分で剥いて見せにきたよ。
せっかくだからクセつけてやろうと思って、オフロに入るたびに
自分で剥いてよく洗わせてる。
4歳の今は剥けて1年だから、だいぶ亀頭も乾いてきてるよ。
中学あたりには、完全な乾いたズルムケになると思う。

158 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 02:52:23.29 ID:IJneuYRH0
>>61
アメリカではむしろそれがデフォ
>>60は差し出した80セントに「お前が障害レベルの馬鹿だろ」と思われる

159 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 03:00:38.65 ID:t50yjg3GO
>>158
アメリカではむしろそれがデフォ(キリッ


160 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 03:04:25.69 ID:FxCByOhc0
>>1
自閉症ってオッサンの腐った精子でできるんでそ


161 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 03:09:08.23 ID:I4xBi1NO0
>>24
道草を食うのは連れている馬だ

162 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 03:20:54.74 ID:2kQI/AGgO
>>158
うんデフォだった
日本人みたいに小銭をスッキリさせようという感覚がないぽかった
向こうはチップで小銭を使う機会も多いから、じゃらじゃらしてても気にしないのかも

163 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 05:52:09.73 ID:BJfLRbDJ0
割とハッキリしているのは自閉症はX染色体異常が原因の一つだろうということ
父親母親両方に素質がないと、子には表れ難い
男児に発症が偏っているのもこのため(色弱と同じ)
で、最近よく書き込まれる精子劣化説にはたいして根拠が無い

35歳で女はもうダメっていう羊水劣化説に対抗して意図的にまかれてる印象操作だろうな
男の精子も劣化しないなんて許せないわよキィィィッ

164 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 05:54:23.24 ID:BJfLRbDJ0
ああ、誤解が無いようにいっておくが「羊水劣化」と書いたのはあくまで例のあの発言からね

165 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 07:00:47.11 ID:W+SOwVsl0
[高齢父親原因による子供の奇形リスク]

1. 自閉症の子供を作る可能性(ワシントンポスト、BBC)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/09/04/AR2
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/5313874.stm
2. ダウン症を作る可能性(=嫁が若くても)(アメリカ&デンマーク共同研究)
http://www.ivf.net/ivf/index.php?page=out&id=1559
3. シゾイド脳症の子供を作る可能性(BBC放送、スウェーデンと英国の大学共同研究)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/3760844.stm
http://www.newscientist.com/channel/health/mental-health/dn6556-fathers-age-linked-to-schizophrenia-risk.html
日本でのデータで証明(子供が低体重での出産となりシゾイドになる危険性)
http://www.schizophrenia.com/sznews/archives/002037.html
4. 小人症(achondroplasia)の子供を作る可能性
http://www.smh.com.au/news/science/fertility-clock-may-affect-men/2007/03/21/1174153159462.html

オバサンの羊水が腐るのは概出
オッサンが必死に否定してるけど精子も腐る
35以上のオッサンオバサンは子供作るなよ

166 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 07:05:21.91 ID:o4Ie505L0
西洋の鎧兜を着てラッパ振り回す団体でしょ
なんかしらんけど記憶に残るよな


167 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 08:05:18.46 ID:S2Wl77NP0
>>166
燃え〜よア〜ル〜バ♪ってお前いくつだよwww

168 :166:2010/06/11(金) 08:22:22.32 ID:o4Ie505L0
>>14,50,59,93,105,136,140,167
 
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/natsumeloj/1013531196
http://jfk.2ch.net/test/read.cgi/legend/1010638561


169 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 08:25:33.98 ID:+BrOcuWLO
ZXスペクトラム

170 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 08:47:44.97 ID:FHPho8bc0
夢おいかーーけてーーーー♪

171 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 10:29:12.60 ID:B4ZEoxv30
>>102
嘘くさすぎワロタw
>同じくPCを組み直せたり機能的に直せたり、

172 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 14:27:04.03 ID:hIU7gn1b0
でも普通にオヤジもババァもやだよね
相手として

173 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 14:47:07.60 ID:4gzJ7VqD0
農家に溢れてる自閉気味な行き遅れオッサンって
やっは高齢ジジイの種から産まれたりしてるのかな


174 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:08:08.05 ID:yHao4Aes0
>>165
自閉症は環境の要因も大きいと思うが

175 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:13:17.90 ID:17M/Xke50
精子は毎日何千万と造られるから、その元の細胞が絶えず分裂し続けて、
DNA複製のエラーが増えて行くんだよね。点突然変異が年齢で増えて行くのは
既知の事実。
自閉症がコピー数多型が原因かどうかはまだわかってないはず。

176 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:15:10.57 ID:0mPbg7/Z0
精子の大半がアポトーシスで死んで行くって知らないんだろうな

177 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:15:52.23 ID:PLQ+7F5C0
父親の年齢が高い子どもは、乳幼児期に行われる知能テストの
成績が比較的低いことが、オーストラリアの研究でわかった。一方、母親の年齢が高い子どもは、
同様のテストで好成績を収めていることも明らかになった。

 この研究では、1959〜1965年に米国で生まれた3万3437人の知能テスト結果を分析。
生後8か月、4歳、7歳の時点に行われた読解能力やスペリング能力、計算能力などを
測定する各テストが対象となった。これらのテストで、父親の年齢が高いほど、子どもの成績が
低くなる傾向があったという。

 研究グループはこの結果について、卵子は女性が産まれるときから体内にあるのに対し、
精子は日々作られるという差があるとした上で、男性の年齢とともに精子が一部変化する
可能性が関連しているのではないかと指摘している。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-36898620090310


Children with older fathers have lower IQs
http://www.guardian.co.uk/science/2009/mar/10/child-intelligence-older-fathers


178 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:16:02.37 ID:cy8v7AYU0
>>175
それが>>1でしょ

179 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:20:09.76 ID:PLQ+7F5C0
>>174
自閉症とは、脳の中枢神経に何らかの先天的な問題がある脳の発達障害である。
親の育て方や環境が原因という説は否定されている。
現在では先天性の脳機能障害によるとされており、多くの遺伝的因子が関与すると考えられている。

父親が中高年のときに授かった子供である場合、新生児が自閉症になりやすいとする近年の米国の研究がある。同研究によると、
父親が40歳以上の新生児は、自閉症や関連の症例が30歳未満の父親の場合の約6倍で、
30〜39歳の父親と比較すると1.5倍以上であったとされている。
一方、母親については、高齢者で多少の影響を及ぼす可能性は排除できないものの、
子供の自閉症に与える影響はほとんど認められなかった。

Reichenberg A, Gross R et al. (2006). “Advancing paternal age and autism.”. Arch Gen Psychiatry. 63 (9): 1026-1032. PMID 16953005
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16953005?dopt=Abstract

180 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:20:31.27 ID:hIU7gn1b0
自然界で動物たちが子孫を残す相手を選ぶのと同じなんだな


181 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:21:51.69 ID:Kh26Umrz0
遺伝子的に100%優秀な人間なんて存在しないんだから仕方ない

182 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:24:03.29 ID:OmZhiomM0
キャプテンスカーレットスレになってると思ったが
ちょっとマイナーだったか

183 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:25:34.26 ID:sVwMfxkf0
■加齢による精子のDNA損傷
医療関係者が接するのはもっぱら出産する女性側であるために、女性側への啓蒙が主として行われがちであるが、
男性の精子も高齢になると劣化することが、近年の研究により報告されている。
中高年男性であっても精子はたえず再生産されるから射精は可能だといっても、再生産される毛髪の質が年齢と共に劣化するのと同様
中年になるとホルモン系の老化が始まり、男性が良質な精子を作り出す能力が衰えていく。
その結果として、男性の精子の質も劣化し、女性を妊娠させる可能性も低下する。
欧州での報告によると、被験者2,100人を対象とした研究で、45歳を超える男性の精子DNAの損傷は、
それ以下の年齢グループに比較して有意に高く、30歳未満の男性との比較では2倍であった
(2005年コペンハーゲンで開かれた欧州ヒト生殖学会議(ESHRE)での報告より)

■新生児の小人症(軟骨形成不全症)の発症率の増加
米国の研究においては精子のDNAの損傷と染色体異常は男性の年齢と共に増加し、
遺伝子の突然変異による小人症(軟骨形成不全症)の発症率は
30歳〜40歳までの男性を比較すると男性が1年歳をとるごとにほぼ2%ずつ増加することが報告されている
(2006年米国国立ローレンス・リヴァモア研究所の研究発表 )

■新生児の自閉症の発症率の増加
米国の研究によると、父親が40歳以上の時に生まれた新生児は自閉症や関連の症例が30歳未満の父親の場合の約6倍で、30〜39歳の父親と比較すると1.5倍以上とされている。
一方、母親については、年齢が高いと若干の影響を及ぼす可能性は排除できないものの、子どもの自閉症に発症に与える有意な影響は認められなかったとされている
(米国医学専門誌「Archives of General Psychiatry」(アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイカイアトリ)2006年9月号)

■母体の流産の確率の増加
妊娠の男性パートナーが35歳以上の女性は、25歳未満の若い男性パートナの女性と比べて流産のリスクが、およそ3倍になる。
父親が25歳未満の場合の自然流産率は、父親が25〜29歳の場合と比べて、約4割少なくなり、 父親が40歳以上の場合は、父親が25〜29歳の場合と比べて、1.6倍となる。
(米国産婦人科学会が発行する Obstetrics & Gynecology 誌8月号)


35以上の男女は子作り禁止な

184 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:33:28.29 ID:17M/Xke50
>>178
相関してるように見えてるだけかも

185 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:35:34.87 ID:MbPGhFd90
945 :本当にあった怖い名無し:2007/04/24(火) 22:03:49 ID:2yTIUXXR0
韓国型精神分裂病の遺伝的要素を発見
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1106466435/

1 :リスナァφ ★ :05/01/23 16:47:15 ID:???
西洋の人にはなく、韓国人の精神分裂病患者にのみあらわれる遺伝子の変移が、韓国内の研究陣
によって確認された。

蔚山(ウルサン)医大・ソウル峨山(アサン)病院の宋奎暎(ソン・ギュヨン、生化学科)、金昌潤(キム・
チャンウン、精神科)教授らは23日、精神分裂病の患者320人と正常な人379人を対象に、体内の
COMT(カテコール−0−メチル基転移酵素)遺伝子の一塩基変異多型(SNP、特定遺伝子の変移)を
調べたところ、72番のアミノ酸が「アラニン」から「リン酸」に変わる場合、精神分裂病の危険性が高まる
ことが分かった、と発表した。

今回の研究結果は、遺伝体研究分野の米学術誌「ヒューマンジェナティックス」(Human Genetics)の
今年1月号に掲載された。
ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/html/2005/0123/20050123162933400.html
----------------------
>929 :マンセー名無しさん :2007/01/27(土) 00:43:51 ID:L/VmuxqS
>【診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち 】
>“ロバート D. ヘア (著), Robert D. Hare (原著), 小林 宏明 (翻訳)”

>韓国人や朝鮮人、それ以外にも韓国系や朝鮮系日本人の相手を配偶者にしようと考えている人は
>上記の書籍を一度読んだほうがいい。もう10年以上前の本だけど可也重要なことが書かれている。
>サイコパスの発生要因を、環境因よりも生物学的要因、特に遺伝的な要因に重きを(それとなく)
>置いているようだが、実際にそのとおりだと思う。
>特に読んでほしいところは、不運にもそういった子を持ってしまった親たちのところ。
>APDは18歳以上に適用される理由は環境因を重視しているからだろうが、ヘアはサイコパスの場合は
>子供にも適用できるのではないかと考えているようだ。

186 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:36:29.30 ID:7VsDwp5A0
>>184
だから「見えてるだけ」じゃなくて「相関してる」っつーデータだろがよ。
ちゃんと記事の意図読み取れてるか?
相関関係と因果関係の違いは分かるか?
ニホンゴオケー?

187 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:38:01.80 ID:+fD575pi0
精子はいずれなくなるって話を聞いたことある。
だとしたら、異性間生殖はできなくなるわけか。

188 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:41:46.97 ID:XnYzp2mX0
父親が高齢だと自閉症
母親が高齢だとダウンの確率が高くなるって事なのか

189 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:42:12.00 ID:bc9NyPLzO
そりゃ、ダビング繰り返してたら劣化するってw

190 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:44:05.19 ID:749KBc3zO
メッシと同じ病気にかかって身長が伸びなかった俺を誰か慰めてくれ

191 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:45:36.05 ID:AJZqv0DW0
>>190
バロンドールおめ

192 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:45:45.43 ID:17M/Xke50
>>186
英語で書かなくてもw

コピー多型変異と年齢はどうだったっけ?

193 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:48:43.02 ID:aBo6gV2DO
哀子「呼んだ?」

194 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 15:55:57.42 ID:gaVEJ3Ot0
要するにバグのひとつか。

195 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 16:02:37.69 ID:PIoOk4HY0
>>176
外に出してやるだけ幸福ってことか

196 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 16:13:27.86 ID:WZghwb9BO
>>181
俺。

197 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 16:43:44.42 ID:bH4icLp/0
>>60
パッと見、ひどいこと言ってるみたいで、実は良いこと言ってるな。

198 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 16:48:31.85 ID:0mPbg7/Z0
>>196
100%優秀なら有性生殖をする必要はないな。

199 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 16:50:24.34 ID:mvdj0dTc0
がんばって遺伝子検査で病気確定できるほどにしてくれ。

自称「障害者」はすべて
強制収容所(今の時期だとプーチンさんとこの再教育センター)送りで。

200 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 16:56:27.79 ID:98yXHd+h0
>>1
つまり現代医学では治療不可能な、
生まれつきの初期不良だって事が分かったって事か

201 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 17:01:52.32 ID:0mPbg7/Z0
何を持って欠陥と認定するかは社会の問題。
現代社会は能力が特化した人間を必要とするので一部の能力が不足しても許容する。
石器時代に生まれたら病気への抵抗力だのサバイバル能力なんかで、
俺たちの大半は成人出来ないか子孫を残せない。
現代社会ではオタッキーな研究者や技術者も居所を見つけて子孫を残せたりする。
いわゆる障害者を単純に欠陥品と決めつけるのはどうかと思うな。

202 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 17:15:23.74 ID:LnJPEOD90
>>23
やっぱ動物は盛って頭がパーな若いうちに子作りしとくべきだな

203 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 17:58:17.66 ID:ZysUyKME0
アスペのキリスト教徒に酷い目に合わされたことがある。

見た目で見分けがつかないから怖いんだよあいつら。
自己保存本能のみで生きている昆虫が、人間の皮を被って言語を操っていると思ったほうがいい。

204 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 17:59:27.84 ID:jgkPQMZR0
私は立場上、たくさんの自閉症児を知っているけど
ほとんどが父親が35歳未満の時の子供ですよ。

205 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:00:25.42 ID:lmBk5YO4O
交通情報板の高橋恒太はこれか。

206 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:03:44.00 ID:KisQPlyAO
ルーピー「約束なんて法律で決まってな〜い」



207 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:04:09.57 ID:Nj2dOE850
>>201
俺、強い近視でさ。眼鏡がなきゃ、日常生活もヤバい。
眼鏡って技術が安く普及してるから、フツーに生活できるのね。
だから何?って聞かれると困るけどw

208 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:05:49.93 ID:K2RSop4/0
>>207
障害を障害と感じさせなくする橋渡しが必要ってことかな

209 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:06:34.84 ID:jgkPQMZR0
>>197
確かに良いこと言ってますね。
重度の知的障害者よりも、実はボーダーライン上にいる
軽度の知的障害者の方が生きていくにはかなり大変。

軽度だと、障害年金は受給できず、手帳ももらえず
福祉の恩恵をほとんど受けることが出来ない。

かと言って、健常者と同様に働いて稼ぐのは困難。

見た目普通だから、誰の介助もなしに社会に出るので
人間関係ではトラブルの連続。

軽度の障害児を持つ親は
「中途半端な障害より、むしろ重度の方が良かった」と言う。

それが現実です。

210 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:10:19.82 ID:ZysUyKME0
>>204
あれ、家庭環境の影響が大でしょ。

>>204>>207
色盲なんかも昔は病気として認定されなかったからな。
ただし、アスペの類は人間が何らかの社会生活を行っている以上
彼らがそういう人種であるということを事前に明らかにしておくことで
防ぐことができるトラブルや被害も数多くあるんだよ。


211 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:14:51.71 ID:ZysUyKME0
>>208
近視に眼鏡。ちんばに義足。足萎えに車椅子。
などは、障害者と健常者の垣根を埋める手助けとなるが
自閉症の類は一歩取り扱いを誤ると
酒鬼薔薇君にトレーニングを課して社会に再放流という流れを
助長しかねんからね。

212 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:27:54.23 ID:kGUWtgKq0
>>210
逆にレッテル張りして自然な人間関係を阻害することもありそうだが

213 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:34:36.95 ID:ZysUyKME0
>>212
その可能性を否定はしないがね。

まあ実際にアスペの恐ろしさを体験したことのない人間には
おれの言っていることはなかなか理解できないと思う。



214 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:52:01.12 ID:mFm4FIJP0
おいら、アスペルガーじゃないけど、ADHDっぽい・・。
父が40超えて結婚した人なので、それもあるかと思ったが、
父も母もちょっとおかしい人なんだよな・・。

ちなみに、現在ニート。(;´Д`)
なんか普通の人がサッとできることに
妙に時間が掛かったりして、自信なくす・・。(´・ω・`)ショボーン

215 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 18:59:24.53 ID:ZysUyKME0
>>214
朝か夕方にコンビニでレジ打ちでもやってみ。
大した金にはならないが、いい訓練にはなる。

216 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:02:10.67 ID:mFm4FIJP0
>>214
そうなのか。ありがとう。
確かにコンビニは忙しそうだから、
テキパキと物事をこなすいい訓練になりそうだね。

217 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:02:33.73 ID:0mPbg7/Z0
>>214
実はオレも親父がADDっぽくオレもADDっぽく息子もADDっぽい。
唯一救いはIQが高めの血統なんで、息子もそれを生かして欠点を補えるステージまで上がれれば
なんとかなると思うんだけどね。
精子劣化による自閉症説にいささか疑問があるのは、こういう傾向のある男って
なかなか結婚出来なかったり晩婚になったりするんじゃないかと思う。
だからそれが統計に出てきただけなんじゃないかな。

218 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:19:51.62 ID:Nj2dOE850
>>214
ギターの速弾きで有名なアリ・ディ・メオラ氏曰く
「ゆっくりでいい。正確に弾きなさい。」

仕事で修羅場を経験して以来、身につけたこと。
「すべき事のリストを作る。ひとつづつ、けど着実にこなす。
 巧くやろうとしない。ゆっくり愚直に確実に、ひとつひとつ丁寧に片付ける。」

大抵の仕事は、複数の手順の組み合わせで出来てる。
仕事が遅い奴は、個々の手順が不正確なんで、繰り返しが多い。
ゆっくりでいいから、個々の手順を正確にする事で、全体としての仕事の効率は上がる。

219 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:31:05.46 ID:F3YH0ZF0O
>>214
ADHDにコンビニバイトはお勧めしない。
ソースは一年勤めた自分。
レジ打ち品出し等々仕事は多岐にあるので、中途半端に目移りしてしまい結果質が低くくなる。
よって周囲及び自己の評価もガタ落ち。
リハビリにはじっくり一つのことをやれるバイトがいいんじゃないかな。

220 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:31:49.82 ID:2th5rdFw0
>>217
>なかなか結婚出来なかったり晩婚になったりするんじゃないかと思う。
>だからそれが統計に出てきただけなんじゃないかな。

年齢じゃなく遺伝て言いたいの?

でも被験者2000人以上の年代ごとの精子の研究で高齢になるほど
奇形精子が増えてるって分かってるよ

221 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:36:45.75 ID:ZVObBWah0
>>214

これみてガンバ!!
http://www.youtube.com/watch?v=EKV2O9iJwcs&feature=player_embedded

222 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:41:20.78 ID:0mPbg7/Z0
>>220
奇形精子が増えることと自閉症の増加が直接的には結びつかない。
ちなみに奇形精子は卵管までたどりつけないんでね。

223 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:42:14.62 ID:F8/iK1f70
>>220
むしろ遺伝じゃないのか?

224 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:46:56.71 ID:mFm4FIJP0
レス間違えた。>>216>>215へ。


>>217
なるほど。そういう考え方もあるか。

うちの父もADDっぽい。しかも人と話すのが苦手で、
どうやって仕事をしていたのだろうと、疑問を感じるくらいの
レベルなんで、よく結婚できたな・・という感じは確かにする。
周りのサポートがよほど良かったのだろうか。

自分も人と話すのが苦手なので、研究か技術系の仕事に
就ければと、随分長く学校に行かせてもらったのに、
継続的な勉強を自主的にやるのがどうしても難しくて、
あまり能力アップを果たせなかった。
劣等感が増していくばかり・・。

225 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:47:53.46 ID:WGoDXdHK0
年齢関係なく遺伝なの?
年を取るとその特徴が顕著化すんの?

226 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:50:26.74 ID:/TgkH+Ua0
>>214
心配しなくても探せばみんな何かどっか変だから。
さっとやる仕事じゃなくてじっくりやる仕事に就けばいいじゃん。
なんでも障害って名前つけちゃうのどうかと思う。
病名が付いて安心する人もいるのは分かるけど。

227 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:52:13.56 ID:mFm4FIJP0
>>218
ありがたいお言葉です・・。

以前に派遣でしばらく行っていた会社で、
社長がちょっとADHDっぽい雰囲気の人だったので
ノウハウを得ようと観察させてもらうと、やっぱりリストを作って、
バッテンを付けてひとつひとつ片付けていたのがわかった。
(でも、先延ばしにした仕事が金曜まで残って重なってしまい、
毎週大変なことになっていることも判明・・。)

そこでは研究室の実験の手伝いをさせてもらって、
丁寧に作業を一つずつ正確にこなしていたんだけれど、
「君は仕事が丁寧すぎる」というような指摘を受けてしまった。
同じ仕事の人がいなかったので真似をできない上、
急げと言われつつも、実験結果に影響があると困るので
(他社から委託を受けての試験だったので余計に)、
全部の行程を最大限の丁寧さでやらざるを得ず・・大変だった。

どうも同時に二つ以上のことをやるのが苦手で、
こっちを何分置いてる間に、こっちを準備して・・というのが
うまくいかず、慣れても時間短縮があまりできなかった。(´・ω・`)
なんというか、不器用な人間なんだろうな・・・。


>>219
そうなのか。(;´Д`)
レジの人はレジ仕事だけじゃないのね・・。それは確かにまずい。

228 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:57:22.83 ID:bc9NyPLzO
>>218
イングベイよりも速い?

229 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 19:58:01.65 ID:oqiNYhU60
じゃあ、絶対に直らないと科学的に証明されたわけだ。


230 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:02:45.49 ID:0mPbg7/Z0
>>225
精原細胞も卵子も通常の細胞もなんだけど、化学物質や放射線の影響を受けて
常にDNAは傷ついている。大半の傷はDNAの修復機構で元通り修復されるが
傷が深いとともかくデタラメのコードを入れてつなぎ合わせる。
これがDNA変異で年齢と共に年齢に比例して蓄積される。
これは精原細胞であれ卵子であれ同じこと。
でこのままだと年齢に比例した変異しか無いはずなんだけど、
年齢とともにDNA修復機構が弱ってくるらしい。
だから変異は年齢比例よりは多めになる。
ガンなんかを見ると感じがつかめると思う。

で、その損傷が自閉症に関連する遺伝子を狙って起きるようなことは無い。

231 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:04:11.85 ID:Nj2dOE850
>>227
並列作業を身につけたけりゃ、家事をするといい。特に料理。
じっくり煮込む物を最初に鍋に火をかけ、煮込んでる合間に他の品を作る。
そういう手順が自然と頭の中で組み立てられるようになる。

ただ、カーチャンから台所の使用権の認可を取るのが大変なんだよなw

232 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:04:58.22 ID:0mPbg7/Z0
>>229
基本的に馬鹿は死ななきゃ治らないが、馬鹿以外の多くの疾患も実はDNA由来で、
それも死ななきゃ治らない。
おそらくオマイも自分のDNAの中にいくつかの遺伝的欠陥を抱えていると思うよ。

233 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:07:47.09 ID:oqiNYhU60
>>232
たしかにそんな感じじゃ、社会生活を普通に過ごせないだろうね。
まあ、他人に迷惑掛けない程度に生きてね。


234 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:08:54.31 ID:Xx4OIFFI0
>>60
少し考えたが百円渡せばいいんだよな?

235 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:09:46.18 ID:mFm4FIJP0
>>226
なんというか、小さい頃から「変だ、変だ」と言われてた理由が
わかってちょっと安心というのはあるかも。自覚することで
傾向がつかめれば、対策が立てやすいというのもある。

じっくりやる仕事は求人チェックしてもあまり見かけなくて・・。
折り込み広告だと、レストランとか慌ただしそうな職場のばかり。

今年、2ヶ月ほどの短期で大学研究室の資料作成のパートを
やらせてもらったときは、得意なことで能力を発揮できて、
自分も雇い主の先生も満足だったので、
そういう仕事を探しているんだけれど、なかなかない。
2件応募して、1件は、不採用との通知が今週届いたところ。

じっくり取り組む仕事は、特定の高度な技術を持っているか、
専門がピッタリ合わないと応募できないものが多いみたい。

236 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:16:20.64 ID:a2T6w98Z0
攻撃的な上司や同僚が周りにいないだろうか?

彼らは隠れアスペルガーで人間的な思考が出来ない恐れがある

小さい頃から人と触れ合う機会が多かったことで、社会適応したように振舞うが根本は治っていない

全て自分を中心に世の中が回らないと癇癪を起すやっかいな状態

周りはどんどん心労が溜まってストレス状態に陥る

237 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:31:03.92 ID:nYyQ+AFX0
雅子→アスペルガー
愛子→自閉症

確かに遺伝してますね。

238 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:42:35.96 ID:a1on6m900
>>236
理系の大学教員がアスペで、攻撃の的にされた院生が自殺するなんてのはよくある話。
それでもほとんどのケースでは、自殺した院生の側が悪いことになってしまう。
閉鎖的な階級社会だからね。

239 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:50:57.53 ID:+d50Mw7x0
障害児って「絵や音楽の才能が」とか言われるけど、
多くの障害児はそんな才能ない。
健常児ならフツーでいいのに、障害児なら「明るく」「前向き」であることが求められる。

240 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:56:22.68 ID:I7nwh7ui0
産まれた子供が障害児だったらと思うと子供を作れない
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1224576585/l50
【親の】障害児育ててなくない29人目【愚痴吐き場】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1275071071/l50
池沼(タチの悪い知的障害者)にされた嫌なことPart38
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1276001718/l50
発達障害児に迷惑している子供・親御さん 17人目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1271088685/l50
【早く】我が子の障害?に無自覚な親【気付いて】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1244419531/l50
家族に身体・知的障害者のいる人のスレッド その5
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1249786154/l50
池沼にまつわる聞いた&体験した怖い話 十
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1265115184/l50
[精障本人]家庭に精神障害者がいる人 19[出入厳禁]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/live/1264041102/l50
電車の中の知的障害者の奇行をなんとかしてくれ!9
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1241363960/l50
障害を持つ兄弟姉妹から逃げたいです・・・3
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1251956336/l50
●障害児は障害児用の学校へ行け●
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1249917840/l50
【検査で防げる奇形】ダウン症について【4】
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1174845188/l50
自閉症児を抱えて悩める人が集うスレ 4人目
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1264810683/l50
【自閉症/アスペ】発達障害様子見スレ28【LD/ADHD】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/baby/1271083503/l50

241 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 20:58:00.17 ID:MvoSTpCb0
父親の年齢階級にそんな顕著な特徴があったら初期に指摘されてるっての
父母どっちかのせいにしたい奴らがいるが、両方に素因がないと出にくいよ
ただ父親に自閉傾向が表出していても、母親には表出していないだけ
だから父親のせいと思いたがるわけだけど、母親の方も欠陥遺伝子の持ち主

242 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 21:20:23.36 ID:Dk32yOIx0
アスペって2chのどのスレにでも常駐してるよね
実社会でもそんなに居るものなの?

ちなみにウチは両親がアスペ
アスペ相手に話をしていると自分が正気なのかさへ自身が無くなってくる・・・

243 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 21:25:11.22 ID:mFm4FIJP0
>>231
なるほど。やってみようかな。
確かに、台所に近寄ると怒られる。居ないときにこっそり・・。

うちのかーちゃん、いつも落ち着きなく支離滅裂なこと喋ってて、
いかにもADHDっぽいんだけど、そうやって訓練していた訳か。

244 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 21:28:42.53 ID:Q6jR4MCEO
愛子の自閉症は
両親の遺伝子異常が原因?

245 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 21:42:24.42 ID:vK/K7/MQ0
スペクトラムマンに告ぐ、直ちに変身せよ!

246 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 21:53:36.69 ID:wr1nJ/16O
俺は診断テストとか特徴とか当てはまる項目多い。
社会性に欠けてるのも自覚してるけど、こうゆう場合治るもんなの?

247 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:06:41.52 ID:Mxq7l65x0
おれもコピペミスかも知れん・・・

248 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:07:43.11 ID:MvoSTpCb0
社会との軋轢を障害とするなら、知能が一定以上あれば意識的に改善できる
そういう意味では「ある程度改善する」
通常年齢とともに自分の性質を把握し表面上は改善するため、診断名も軽くなっていくが
しかし内面の感じ方や本質は根治せず自閉の範疇からでることはない

問題点は徐々に薄くなるがゼロにはならない
スペクトラム(連続体)概念とはそういうことだ

249 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:10:35.11 ID:MvoSTpCb0
ああ、それと自己診断ほど意味のないものはないな
気になるなら一度医者にみてもらえ
といっても日本の精神科医には糞ヤブ医者も多いんだけどな

250 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:41:38.43 ID:ZZx80flBO
>>171
勝手に笑えばいい。
出来たもんは出来たから。

やった事の一部。

USBの使えないノーパソ(何を接続しても電源サージの警告でポートが遮断される)はUSB電流クランプICが死にかけていた。
弱った分だけバイパスして正常検出範囲に持っていく事とポリスイッチ(自己復帰ヒューズ)による保護で機能的に回復。
異常停止したチョン製3.5インチ中古HDDはディスクモーターへ指令を発すると思われるラインのカップリングコンデンサーの容量抜け。交換。
表示されない液晶モニターはインバータ部の面実装ヒューズ劣化。バイパス。
画面の出ないノーパソはソケット不良。ソケット端子修理。
BIOS死亡ノートは同機種と電源足以外チップ並列接続とBIOSアップデートと開始直前あたりのタイミングで電源切替でBIOSデータ書き込み修復。
何年も前に意図せずめちゃ古いマイコンのメモリー増設改造の画像が表示された事を思い出して
それを元に想像して思い付きでやったんだがまさかマジでBIOS直るとはね(笑)


251 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:43:06.59 ID:eJXU+zyS0
>>96
>人を育てることが得意(笑)だという上司に、自分の思い通りにならない部下を統合失調症だと吐き捨てる人がいた
>私の素晴らしい能力を持ってしても、ならないことはないと思い込んでいるようです
>自分のコピーを作ることが素晴らしい人を育てたことになるそうで、考え方を変えない部下は間接的に嫌がらせを受けます
>今では馬鹿の一つ覚えのように、あいつはゆとりだ、アスペルガーだと周りに言いふらしている
>他人を貶めることで自分を正当化することでしか、優れた人物像(?)ことを証明できないことは可哀そうな事ではないでしょうか

 その上司はほぼ間違いなく、軽度のアスペルガーですね。

 しかし、アスペルガー障害者本人が他人をアスペだと中傷するとはなんともはやw
 「アスペルガー」という単語も、世間一般に周知されてきたものですなぁ…

252 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:43:52.32 ID:F8q3Jks90
>>250
>表示されない液晶モニターはインバータ部の面実装ヒューズ劣化。バイパス。 

死亡フラグじゃないか。

253 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:48:39.99 ID:hJmVlE5jP
リンク踏んでやってきた

> 症状の多様さから「スペクトラム(連続体)」と呼ばれる。
この表現は誤解を招きかねない
発達障害は正常と障害を明確に線引きできず、誰しも大なり小なりそういう性質を抱えているものなので
黒でも白でもないというニュアンスでスペクトラムと言う

ちなみに障害として認定されるかどうかは社会生活に支障をきたすか否かがポイント

254 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:48:57.59 ID:pMeBsvJfO
アスペは害獣

255 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:52:24.88 ID:ZmlyoS1jO
何か・・・俺アスペルガーなんだぞ、こんなこと出来るんだぞ、凄いだろ!みたいな人って居るんだねw

256 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:56:08.47 ID:QfQUX+gyP
>>22
ちがうんだよ
その1/4はその当時はわんぱくだったんだよ
それが成長してそこまでなったわけ。
つまり今の社会に必要なのは彼らをサルベージする法案
だいたいアインシュタインやエジソンだってLDだって言われてたのに
ちょっと幼年期にわんぱくなやつを養護学級に入れるのは
日本の損失だと思うんだがなあ・・・・

257 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 22:59:45.48 ID:6AJ1UdMU0
サヴァンだと思い込む事で親が救われるなら害もないわい

258 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:00:02.69 ID:QfQUX+gyP
>>255
アスペで特異な才能を持ってるやつはごく一部
高学歴でもほとんどが工場勤務に行っているのが現状

それを工場以外に持っていくのが政府の仕事だと思うんだが
いまの政府は教育をまったく考えていないから無理

259 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:06:04.21 ID:ZZx80flBO
>>252
ジャンク買ってきて修理から2年くらいたつけど壊れる気配無しです。
壊れても別のジャンクから換えの回路組めばまだまだ余裕です。
液晶で特にやばいのは画面に線が入る壊れ方。
あれはほぼ間違いなく液晶のフレキシブル基盤にくっついてる液晶ドライバの剥がれなので絶対に直りません。
日本製と海外製はここの耐久性が違う。

スレ違いすいません。


260 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:32:45.12 ID:7BDOtidR0
涙拭けよ255

261 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:33:01.20 ID:F8q3Jks90
>>259
ん?死ぬのはお前だから、どうでもいいけど。

262 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:36:29.36 ID:EN1M2ieM0
死にたくなければ↓は見るな!!






















月の光に向かって吠えるべし。
ダンペイより。



263 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:40:16.38 ID:ZZx80flBO
261
そんなヘマやる程バカじゃねーし。
実装ヒューズ“そのもの”の不良だからやったまで。
そのかわり別の場所に入れてある。
そのくらい察しろ

264 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:45:18.35 ID:ZZx80flBO
定型発達者のID:F8q3Jks90やID:B4ZEoxv30やID:ZmlyoS1jOを見てこれを思い出した。
http://www.scenecritique.com/upload/tokumei.txt


265 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:45:56.72 ID:wsELy1rY0
>>255
いわば空気の読めない障害とも言えるからな。
まぁこのスレで自慢したところで被害者が出るわけではないし、まあよろしいのではないかと…w

266 :名無しさん@十周年:2010/06/11(金) 23:47:17.15 ID:MvoSTpCb0
ジャンクノートの修理なんて暇人の趣味で
自慢にもならん遊びというのがノートPC板住人の常識だけどな

267 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 02:16:08.00 ID:CQvN+l9n0
え、でもPCの知識ないのにできたんでしょ?
それはすごいんじゃないの?
なぜPCの知識なしにできるのか謎だけど

268 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 07:57:20.09 ID:Z+xQ/Aw30
>>265
アスペの人って、自己の才能に敏感に気付いて周囲に言い触らすものだとは思っていなかったから
ちょっと衝撃だったんだよねw
>>260は内容に合わない意味不明な発言をするアスペさん、
ID:ZZx80flBOは典型的な攻撃型のアスペさんだなぁ。
自分に同調しない人間はこうだ、みたいな。
大人しい温厚なアスペさんと違って、本当に害虫だわ。

269 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 09:34:31.51 ID:9CoBMJ7S0
>>213
> まあ実際にアスペの恐ろしさを体験したことのない人間には
> おれの言っていることはなかなか理解できないと思う。

アスペは身近な人にしか被害をあたえないからね。
重度のアスペがどのくらい定型にきついかは、経験者にしかわからんからな。
だから、知らない奴らは、薄っぺらな知識だけで差別だとかいうね。

ボケ老人の世話をやく嫁の苦労は常識や、小姑にはわからないのと同じかな。
あれは愛情や、常識とかいうのと別もんの話だからね。

アスペの恐ろしさがわからないひとは、
自分の上司が鳩山だったらと想像してみると良いよ。
あの人アスペの素質あるからね。

270 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 09:39:55.20 ID:UAkSwNQm0
ネトゲとかやってるとたまーに遭遇するけどな、アスペっぽいの
「何だまた消防か」で済ませられない年齢が高そうな会話する類

相手が見えないといろんな意味で怖いわ

271 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 09:43:34.04 ID:z6wg8lR20
俺アスペルガーだけど幼いころから異様に絵が上手かったよ
今はそれを生業にしてたりする

272 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 09:47:02.26 ID:0Y/dwsA5O
>>1
自閉症なんてサンライズ聴けば治るのに

273 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 09:58:41.87 ID:+L7sSCAk0
なんで自閉症スレにアスペが集ってるの?


274 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:02:22.61 ID:Xpw/t1gF0
>>271
アスペだから、自閉症だからと
他人にレッテルを貼るような人間は
相手のことを何も知らずに
ただ自分が相手より上なんだと思いたいだけ
だから君はアスペだからと思う必要はない
他人の言った事を鵜呑みにする必要はない

275 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:13:17.47 ID:7GXjxdP70
自分にも何らかの障害がある気がする。
コミュ力なさすぎて、会話や雑談ができない。

276 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:13:58.40 ID:JWBjGphu0
>>274
自虐ネタにそのレスって・・・

277 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:18:10.58 ID:k23QPzWnO
自閉症スレだとアスペばかり語られるが、実際は知的障害を併発してる例がほとんど。
そして、こういう研究は自閉ばかり。
知的に関する遺伝子も調べてほしいわ。

278 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:19:48.43 ID:co4P2cR7O
100人に一人って、多過ぎない?そんなにいるもんなのか

279 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:20:33.65 ID:5D/+ZEDZ0
まるで突然変異だな
変異した遺伝子が安定して受け継がれるようになると進化

280 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:26:38.58 ID:JWBjGphu0
>>277
自閉症≒アスペ?

281 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:28:09.54 ID:f/AGBydQ0
インザスペースだったけ?

282 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:32:56.22 ID:CQvN+l9n0
>>273
まぁいいんじゃないの
リアルでアスペっぽい人にアスペの話とか聞けないし

283 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:38:29.96 ID:pNus0q020
>>277
アスペは自閉症スペクトラムの一部
知的障害は別の障害で両方有る人は重複障害


284 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:41:11.62 ID:Xpw/t1gF0
自閉症もアスペも池沼も
誰もその境界は分からないだろう
それにかってに枠を嵌めて
お前はアスペだなんて言うのは理由がある
それは自分は分かっていると思い込みたいだけ

285 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:43:35.06 ID:X0KOw+4L0
>>281
いいもんだねー

286 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:44:19.33 ID:9CoBMJ7S0
>>271
> 俺アスペルガーだけど幼いころから異様に絵が上手かったよ
> 今はそれを生業にしてたりする

問題はテクニシャンとしての上手か、アーティストとしての上手かなんだよね。
モチベーションに社会的なイメージを盛り込むことができるかどうか・・・。
逆に定型は社会的なイメージに呪縛されているとも考えられるしね。

呪縛と見るか、解放と見るか・・。
良い方にうけいれて、利点を生かせるのは良いことだよ。

アスペだからと言って、社会的概念が全くないわけではなく、
時間をかけると理解されるものもあるしね。
発達障害の 「障害」 という言い方が良くない。

人という種の、自閉性という一つの特質をもった集団なんだから、
非共感特質の高いひと、あるいは低共感特質とか言えばいいのにね。

しかし、自閉、定型、両者のためにも、その特質はもっとオープンにした方が、
お互いに幸せな人が増えるし、両者の理解も進むと思う。
いまのままだと、陰にとじこめて、被害者、マイノリティのセカンドレイプ路線だもんな。

人権利権屋がやりそうな、汚いやり方だわ。

287 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:44:21.30 ID:7S2Vi8a60
アスペって自分語りが止まらなくなったりする?
知り合いがソレっぽいんだけどKYで自分語り延々としてる

288 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:46:25.89 ID:Xpw/t1gF0
>>283
枠に嵌める考えは止めた方がいい
嵌めたらそこで終わりだから
人間に枠など無い
皆一緒だと思えることが
君に本当に幸せをもたらすだろう


289 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:47:12.48 ID:pNus0q020
>>287
そういう人も居るね
相手がどう思ってるか理解できないから

でもそれだけで決め付けるのは危険かも
そういう人だと思って諦めるなり離れるなりしたらいいよw

290 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:47:40.74 ID:h5lCNyLy0
>>22
普通の学校には行けても、就職でつまずくんだよ
ちょっと変わった普通の人って周りは思ってるから、就職できると思ってるし


291 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:47:41.01 ID:xdcCk4kb0
>>268
>アスペの人って、自己の才能に敏感に気付いて周囲に言い触らすものだとは思っていなかったから
>ちょっと衝撃だったんだよねw

 「スペクトラム」とはそういう多型を表してるんだよね。

 アスペ自体の元の気質がほぼ同じであっても、
 個々人の生育環境によって世の中との関わり方の方法を違えているから
 アスペが示す見せ掛けのキャラクターの発現の様式というのは
 多岐に渡ってくる。

>大人しい温厚なアスペさんと違って、本当に害虫だわ。

 アスペが教員や聖職者、その他の指導者になっっていたりした場合
 被害を受ける人の数が尋常ではなかったりするからまた恐ろしい。

 しかもそういった連中が、その人の社会的地位によって守られてしまうばかりか
 自身のアスペ特有の行動(攻撃性や度を超した冷徹さ)などを
 それぞれの業界に即した言葉で理論武装し、美化してしまっていることがよくあったりする。

292 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:47:51.25 ID:xdcCk4kb0
 その種のアスペ上司を持った会社員なんかが、
 真面目に上司の言葉を受け止めてしまい、重度の鬱病を発症したりと
 世の中に潜伏している潜在的アスペによる社会的損失は、本当に数限りない。

 それ以外にも、表向きは社会に上手く適応した隠れアスペルガーと
 結婚した女性が、入籍後に配偶者の異常に直面して
 精神に疾患を抱えることになってしまうケースなどもある。

 こういった場合にも、隠れアスペルガーの配偶者が
 周囲に対しては、それまでに培ってきた順応力と自己保存本能によって
 上手く立ち回ったりするもんだから、本来被害者というべき側の人間の悲鳴は
 周りの誰一人にも届かなかったりするんだよね。

 アスペルガー障害というのは、この障害を持つ当人のみが不利益を被るのではなく
 場合によっては、その人に関わってしまった健常者の側に
 被害を生み出してしまうことがあるから恐ろしいんだよ。

293 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:47:58.74 ID:Jen9fWSZ0
復讐が始まるかもしれんね

294 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:48:46.43 ID:HTXjRXDd0
自閉症なら障害者2級で月7万円の障害者
手当てがでるが、アスペだと出ない。

親は自分の子が自閉症だといわれるとショックをうけるが、
アスペとかADHDとかだとなぜか安心する。

その心理をついた役所の線引きはなかなかすばらしいと思う。



295 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:49:44.34 ID:Xpw/t1gF0
自分語りが止まらない
だからアスペだとか
自分が相手を理解できないことを
勝手にアスペという枠に嵌めて
相手を差別して自分が理解していると思いたいだけ
そういう考えをすることは
人間関係を築く上で何も役にたたないことを理解すべきだ

296 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:50:29.31 ID:it8Ti8LP0
ギターをお腹の前ででグルグル回す技の後継者はまだ居ないな。
このギタリストのソロアルバムがドナルド・フェイゲン風で格好良かったのを覚えてる。

297 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:50:45.77 ID:ar5Q+jXo0
羊水が腐ってたせい?


298 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:51:14.84 ID:K1yyCcnWO
アスペルガーと自閉症は見つけた奴が違う
発見した程度がアスペルガーは軽かった自閉症は重かっただけでどっちも同じだと思う

299 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:51:15.16 ID:XHY8R67z0
スペクトラムだから誰でも一定の濃度はある。
日常に差し支えれば病気ってだけ。

300 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:51:48.66 ID:2QrUkMKq0
>>297
この場合は精子が腐ってたせい

301 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:52:25.44 ID:9CoBMJ7S0
>>288
「枠に嵌めない」 それもまた、一つの枠なんだよなー。

事実としてミラーニューロンの欠落はPET診断等でわかるようになってきている。
そして、ミラーニューロンの役割も少しづずわかってきているみたいだよ。

だから、ミラーニューロンが欠落、あるいは不足していたら、
人間の論理からして異なってくるんだよね。

白黒はつけるのは良くないけど、傾向、あるいはレベル、あるいはすべくトラムとして、
理解をする、認識するのは、現実的というんじゃーないのかな?

個性の違いを認め合うことまで、きれいごとで封印するのはおかしくね?
いいたいことは、地球市民の理想としてはわかるけどさ。
あきらかに、更生しない人はいるし、悪人は最後には更生するというのも嘘だしね。

302 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:54:41.57 ID:B9fXVoYB0
100人に1人って等質と同じぐらいの割合だな

303 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:55:46.76 ID:Y6JW0Vj/0
親族に「共感覚」の持ち主の大学生がいる。 軽いアスペ。
数字や字と色が連動しているそうだ。

304 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:57:42.57 ID:tXTOLd2bO
スペクトルマンで脳の異常が何だって?
おまけにミラーマン?
すこし分かるように説明してくれよ。

305 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:58:51.04 ID:Xpw/t1gF0
>>301
ミラーニューロン?
何が現実的なの?


306 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:58:52.60 ID:5t4msljw0
キャンディーズのバックで演奏していたのが自閉症スペクトラム

307 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 10:59:21.64 ID:KjPMYXEoP
俺、アスペ。
気がついたのは、最近。

でも、周りを見ると、俺の友達も見事にアスペばっかりだわ。
無意識でアスペ同士引き合ってたんだな。

308 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:01:46.14 ID:tXTOLd2bO
アスペルガーだかアストロガンガーだか、ニューロンだかヒューマンだか知らんけど。
カタカナ使いすぎだ。
もうちょっと分かり易い漢字の言葉で言ってくれよ。

たとえば気違いとか。

309 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:03:29.12 ID:9CoBMJ7S0
>>292
>  世の中に潜伏している潜在的アスペによる社会的損失は、本当に数限りない。
>
> 隠れアスペの配偶者の異常に直面し、精神疾患を抱えるケースなどもある。
> 被害者の悲鳴は周りの誰一人にも届かなかったりする。
>
>  アスペのみ不利益を被るのでなく、関わった健常者側に被害を生み出すから恐ろしい。

この 「悲鳴」 は係わったことの無い人には理解しがたいんだよね。
この世に地獄というモノがあるなら、知らずに結婚したアスペ配偶者かもしれないね。
医師も、離婚以外の手はないといってるみたいだしなー。

別にアスペが悪と言ってる訳じゃなくて、アスペを知らない人が多すぎることの不幸だろうな。
アスペ傾向の人は社会構造の中で、適切な「居場所」にいないと、当人も定型も互いに不幸。

この状態を、差別とかでごまかしてそのままにしている人権屋は
アスペの配偶者がどのくらいの地獄にいるか理解してないよ。

アスペの被害者は被害者じゃなく、アスペが被害者ってことになってるからね。
アスペの被害者も救済しないのはものすごく片手落ちだと思うなー。

310 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:05:53.07 ID:GuUz9SY4O
ゴミ部屋の人って何か障害あるの?
近くにいると臭い!服かな、洗濯してないみたいで。
顔も汚かった…

311 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:06:08.83 ID:xdcCk4kb0
>>288>>295
アスペ被害者を苦しめる典型的な無責任な第三者がこのような人たち。

>269の言う、ボケ老人の世話をやく嫁の苦労を理解せずに、
いわゆる”常識”を振りかざして嫁を非難する小姑らと同じ人種。

>>305
ミラーニューロンの欠損した人間は、他者の気持ちを汲み取る能力に欠けている。

312 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:09:47.48 ID:Xpw/t1gF0
>>311
それを分かることが、どこが現実的なの?
たとえば、こういう質問をすることが
君にとって、そのミラーニューロンの欠損した人間ということなのかな?

313 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:11:27.46 ID:9CoBMJ7S0
>>305
> ミラーニューロン?
> 何が現実的なの?

発達障害の一部、特にアスペ等が薬で改善しないのは、
脳の構造が異なってるからと言われている。

アスペの原因は人と人との共感を司る、ミラーニューロンという、
脳細胞の一群が欠落していることが原因だと言われてるんだよ。

この前TVでやってたけど、この脳細胞群が発達していると、
一をみて10を理解できるってようなことを言ってたな。
マイケルジャクソンがそれが発達していて、人のダンスをみるだけで、
ミラーニューロンがバーチャル的に彼の脳内でダンスを再現するんだって。
だから、これが発達している人は、こだわりなく、あたらしいことを受け入れられる。

NHKで言ったたのは、ミラーニューロンが社会知能を司るっていったと思う。
うろ覚えでせいかくじゃないけどね。
つまり、ミラーニューロンが物理的にあるかないかが、その特質を決めてしまうってこと。

アスペはアスペでまた、大変なんだよ。
つぎから次へ湧いてくる、衝動、フラッシュバックに行動を呪縛されてしまうから。
アスペの人の話も真剣に聞くべきだと思うよ。

314 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:12:10.71 ID:LVcty0B80
おれ、たぶんアスペだと思う。

>>287
知恵遅れでない自閉症がアスペルガー症候群だと思う。

315 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:23:01.35 ID:KP3iM1tu0
>>312
> それを分かることが、どこが現実的なの?
> たとえば、こういう質問をすることが
> 君にとって、そのミラーニューロンの欠損した人間ということなのかな?


>>288 でさ、
> 枠に嵌める考えは止めた方がいい
> 嵌めたらそこで終わりだから
> 人間に枠など無い
> 皆一緒だと思えることが
> 君に本当に幸せをもたらすだろう
>
って、いってるじゃん?

枠に嵌めたらいけないよってのは 道徳論だけどさ、
現実として、そういうカテゴライズすることで、論理体系が進歩するじゃん。
そして、カテゴライズする根拠は実際にあるってことをいってるだけだお。


なんかさ、あなたの方が、きれい事いってるようで、アスペをセカンドレイプしてない?
あなたの方が、無意識の差別意識、自分は健常者って優越感がある気がするけどなー。

316 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:23:28.90 ID:cM5hI4ly0
自称アスペは、病院でWAIS-IIIなりなんなりの診断テストを受けなさい。

317 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:24:49.77 ID:gyojIZSE0
最近の2ちゃんじゃ自分が嫌いな奴をアスペと呼ぶのが流行ってるらしいな

318 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:25:13.77 ID:Wy3g1/KT0
そうそう、ホントにアスペルガーだかニューロンだとかのカタカナ使いすぎなんだよ。
もうちょっと分かり易い漢字の言葉で言ってくれよ。

たとえば朝鮮とか、朝鮮だろ、あと朝鮮とか

319 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:25:20.35 ID:SowiHW9Pi
駅なんかで10歳くらいなのに しっかり手を繋いでいる母子見ると疑わざるを得ない

320 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:32:13.12 ID:bMW8Smqb0
>>317
でもガチでアスペっぽいのちらほらいるよな>2ch

321 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:34:12.77 ID:rAWIg80w0
アスペって知恵や知能は遅れていないんでしょ?
中学高校ぐらいで優秀な生徒で、
東大とかに入れそうなのは、
ちょっと変わってるのが居るね。
あれってアスペ?

322 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:37:00.24 ID:ezScImf5O
でも、アスペは今までも普通に社会のなかで存在してたわけだから
別にほっといても何も問題ないんじゃないの。

323 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:37:59.17 ID:+RYXHewc0
>>321
それって単純に根クラなだけだろ
普段は明るく見えて、他人に対してアスペだ自閉症だと騒ぎ立てるわりに
何かの拍子にヒスを起こして他人に迷惑をかけるタイプだと思う


324 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:38:20.47 ID:N5XBF97a0
>>315
論理体系?それが進歩して
何の役にたつのか分からない

325 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:41:50.76 ID:BpK5Le1N0
金や地位を手に入れて、自分への攻撃的感情は全部「妬たみ」だと考えるのもいる。
それ意外の人の気持ちがまったく分からないよう。

326 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:43:51.49 ID:KP3iM1tu0
>>321
> アスペって知恵や知能は遅れていないんでしょ?
> 中学高校ぐらいで優秀な生徒で、
> 東大とかに入れそうなのは、
> ちょっと変わってるのが居るね。
> あれってアスペ?

NHKのクローズアップ現代では、知能は二つに分けられるって言ってたなー。

一つ目は、 学力的な知能。
二つ目は、 社会的な知能。

ものすごくアバウトな解釈では

        精薄   定型  発達障害  高学歴のアスペ
学力知能   ×    ○     ○     ○+○=◎    
社会知能   ○    ○     ×       ×
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
○の合計   1     2      1       2


高学歴のアスペの人は 社会知能にいくべき○が、学力知能に偏向したって
受け取ってるんだけどね。

327 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:44:27.54 ID:N5XBF97a0
>>313
>アスペはアスペでまた、大変なんだよ。
大変じゃない
そういう君のように差別、偏見報道を鵜呑みにする人たちによって
大変にさせられてるだけ

328 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:44:30.09 ID:btfAiyJR0
アスペは何のために存在しているの?

329 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:46:03.03 ID:WHoh+76q0
ID:Xpw/t1gF0
ID:N5XBF97a0



330 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:46:44.74 ID:btfAiyJR0
アスペがいないと何か世界が困ることあるの?

331 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:49:23.59 ID:SPkZwITSP
>>314
アスペは、遺伝なので生まれつきだよ。
親のどちらかがアスペでなければ、まずアスペではない。
アスペ家系は、先祖代々アスペ。

小さい頃から、この辺の症状が出てたならアスペ確実。
子供の頃は普通だったのに、途中からおかしくなった場合は後天的な自閉症。

・目をあわせて話さない。
・親が手を繋いでないと、親から離れて行ってしまう。
・幼稚園や小学生の頃の段階で、友達が少ない。
・一人遊びが好き。
・同年代の子供とは話が合わない。
・夢中になる物を見つけると、とことん突き詰める。
・本が大好き。活字中毒。
・無表情で話す。
・何か始めだすと、途中で遮られるのを嫌う。(作業中に電話に出るのが苦痛)
・1日の行動がパターン化していて、それを変更されるのを嫌う。

332 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:49:27.91 ID:KP3iM1tu0
>>324
> 論理体系?それが進歩して
> 何の役にたつのか分からない

気づいてないかもしれないけれど、
わたしたちが使っている言葉は不完全なんだよね。

「クレタ島の床屋が言った、クレタ人は皆嘘つきである」
これは真か偽か?
これは言語体系の不正確さ、カテゴライズ、定義の不正確さの内包が
おこす、パラドックスの例だけどね。

つまり、あたらしい、カテゴライズ、概念の創出は、
理解の正確さと、歯抜けの石だらけのプラミッドのような言語体系を安定させる。
悪と善、正解と不正解・・・。
こういう言葉も、5W1H次第では逆の意味になるしね。

イメージつかめめないなら、解像度の低いカメラで撮った写真ではなく、
より解像度を上げたカメラで撮った写真を見られるようになるということ。

333 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:49:47.38 ID:IhiXy3pb0
確かビル・ゲイツがアスペじゃなかったかな

334 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:50:06.02 ID:BbJTfBQJ0
まあ、100分の1の確立で起こる突然変異てことだろ

そのうちサリンや硫化水素にも耐えられる人類が誕生するかもしれないw

335 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:51:09.01 ID:cMcOJLwN0
>>312
人としゃべることができる自閉症がアスペルガー

一見、表面的には他人とコミュニケーションを取っているように映っていても
その実アスペ本人の世界は閉じたままだから、
定型の側から見れば、外部刺激に反応するロボットと話しているようなものでしかない。

もちろんアスペ本人も何らかの”世界観”を世間を理解するためのツールとして
持っていたりするわけなんだけど、それがRPG様の世界観であったり
既存の道徳であったり、聖書であったりして
それを一種の”手引書”として外界刺激に反応しているから
アスペ障害者と距離をよほど近接して接したことのある者でなければ
隠れアスペの異常に気付く人は居ないし、その被害を受けることもない。

336 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:51:16.64 ID:cMcOJLwN0
しかし、アスペの利用している”手引書”がどれだけ細やかなものであったとしても
アスペ自身の人間理解はほぼゼロといって差し支えないものでしかなく、
定型の側から見れば、人の皮をかぶった異種生物(犬や猫ではなく昆虫といった類)のものでしかないわけだから
アスペが引用する道徳的美辞麗句や聖句などが
彼らを感情の具足した人間として理解し・期待しようとする
定型の側人間を傷つけることになってしまう。

寄生獣という漫画があったでしょう?
定型側の人間にとっては、アスペはあの寄生獣のような存在でしかないんだよ。
人間としての期待をもって関われば関わるだけ、定型側の精神を壊してゆく厄介な存在なんだ。

現実的な対応とは、アスペがアスペとして生きることができ
定型側の世界に潜伏することがないように努めることなんだと思うよ。

337 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:51:18.72 ID:la4+pzUf0
新生児100人に1人の割合って結構高いな

338 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:51:18.79 ID:k+80kUUz0
アスペと言えば、
戦後最悪の総理と言われたあいつだろ。

339 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:53:30.01 ID:EMoZTv670
遺伝子レベルで起きるのか
自閉症の親から生まれた子供は
もともとがコピーミスなので自閉症になり易いのだろうな

340 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:53:50.98 ID:KP3iM1tu0
>>327
> >アスペはアスペでまた、大変なんだよ。

> 大変じゃない
> そういう君のように差別、偏見報道を鵜呑みにする人たちによって
> 大変にさせられてるだけ

アスペが存在しないという立ち位置なら、私じゃなく医者に文句を言うのが筋じゃね?
あなたの方がよっぽどアスペを低くみてるような気がするんだけどなー。

341 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 11:57:47.57 ID:EMoZTv670
女性が高齢だとダウン症のリスクが高まるが
男性が高齢すぎると自閉症のリスクが高まるという研究結果もあったな
精子工場が古ぼけてくると満足にコピーできなくなるんだろう
お前らもさっさと結婚して子供作れよ
羊水と同じように金玉も腐るぞ

342 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:02:34.43 ID:N5XBF97a0
>>332
どこまで細かく分かったとしても
君が出来る選択は
逃げるか、戦うかどちらかだよ
枠に嵌めるというのは
逃げでしかないと思うよ


343 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:05:12.50 ID:BpK5Le1N0
>>340
アスペ本人がアスペを大変と感じるとか・・・無いんじゃないのかな〜
彼らは愚痴るけど、内容は他人の攻撃とかそんなのばっかり。
不思議な回路で相手が悪いことにして開き直るw
孤独がそんなに怖いとも思っていないようだし。

344 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:05:41.09 ID:KP3iM1tu0
>>327
> >アスペはアスペでまた、大変なんだよ。
> 大変じゃない そういう君のように差別、偏見報道を鵜呑みにする人たちによって
> 大変にさせられてるだけ

生殖をせず子孫を残さない単一個体生物がいたとして、
その個体の防衛本能論理としてはよくわかるなー。

社会的な論理じゃなくて、勝ち負けだけに呪縛された論理。
とにかく、相手を打ち負かすためにはなにがあるかという視点のみで、
論理の整合や、継続性、常識、論点の継続性を無視して反論する。

こういうやり方は サヨクに多いけど、論点ずらしや、
相手の弱みをつけこむことに、社会的一線もなく集中するんだよね。
つまり、議論相手をストレッサーと認識して、論理よりも、
そのストレッサーをぶちのめすことが行動規範と鳴るんだよなー。


ところで、おしっこ漏りそうになってる状態が常に続いていたらつらいじゃん。
この脅迫的な衝動が続いたらつらくね?

345 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:06:56.78 ID:KRh5BAl90
ジミー大西は?

346 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:07:43.49 ID:tmXid9Zt0
いん ざ すぺぇ〜す
いいもんだーよぉ〜
(裏声で)

347 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:09:27.09 ID:/sKSIPjK0
性格の違い程度の話しじゃないか?
KYだとかも読めないじゃ無く、相手に読む対応をする価値が無いだけだろ

348 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:09:51.10 ID:1Fb2xsLK0
>>345
ダウン症

349 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:12:03.69 ID:RwFHrcMa0
>>334
それはデスラー総統のことか!

350 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:13:09.57 ID:N5XBF97a0
>>340
>>344
なんか、長々と考察をしてるがw
相手のを言うことを理解しようと無理にしなくていい
>>342に書いたように
枠に嵌めることは、差別や偏見を生むだけで
理解しようとする心が欠けているからだ

351 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:13:28.42 ID:BpK5Le1N0
>>344
同意
知り合いのアスペそのまんまだw

352 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:14:05.95 ID:KP3iM1tu0
>>343
> アスペ本人がアスペを大変と感じるとか・・・無いんじゃないのかな〜
> 彼らは愚痴るけど、内容は他人の攻撃とかそんなのばっかり。
> 不思議な回路で相手が悪いことにして開き直るw
> 孤独がそんなに怖いとも思っていないようだし。

コミュが一方的なポジション、教師、医師、公務員、弁護士、社長なら楽だよね。
相手から文句をいわれることは少ないし、パワハラで押し通せばなんとかなる。

でも、一般社会人になったアスペはつらい経験があると思うよ。
アスペは、定型と違和感があるから、多くはいじめられっ子の経験がある事実もある。
ひとによるけれど、つぎつぎと湧き起こるフラッシュバック衝動につきうごかされる人は
結構つらいというはなしもあるらしいよ。

正確なところはわからないけどね。
ただ、アスペは定型のアスペへの対応を否定ととらえてるけど、
被害者側から見たら激烈な 「悲鳴」 なんだけど、それは残念だけど理解してもらえない。
だから、定型から見たら、だだっ子が道ばたで大の字のつらさじゃんとかしか思えないしね。

ただ、アスペも人類のいち形態でしかなく、鬱病も多いし、苦しむのはあるんじゃね?
ごめんなさい、実際の所はよくわかりません。

353 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:14:16.44 ID:w1BoNgKT0
女が年取ってるとダウン症
男が年取ってると白血病や自閉症

まあ親になる個体は男女どちらも18〜30ぐらいの若いほうがいい
初産じゃなくて産道ができてるなら母体は35ぐらいまでなら大丈夫だろうけど

354 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:17:21.90 ID:BpK5Le1N0
>>352
なるほど。理解。
確かに、知り合いは社会人になって益々おかしくなって心療内科で薬もらってた。

355 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:17:54.57 ID:LtiU7jWL0
>>58
DNAのテロメアみたいなもんか
でも1000万年後なら余裕で遺伝子治療やタイムとラベルで精子採取にいけそう
つまり冷凍は不要のような

356 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:18:34.00 ID:r8xN0c4Ji
コピーミスか
進化の過程には必要なんだろうな

357 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:18:55.50 ID:SPkZwITSP
>>352
高学歴で有名企業に就職したのに、すぐ辞めて起業した奴はアスペの確率大。
俺もそのパターンだし、周りの友達もみんなそう。

自分がアスペである事を認識したのは最近だけど、
驚いたのは、友達もアスペばっかりな事だ。

358 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:22:11.13 ID:N5XBF97a0
自分が理解できないことに対して
人は恐怖を感じる
しかし、その恐怖は己の無知からくる
しかし、その無知をただアスペだからと
あたかも理解したように開きなおるのは、ただの無知と変わらない
逃げと変わらない
ミラーニューロンが足りないから、アスペだ
それを論理体系が進歩するから現実的だという
そんなものは、結局はただの自慰にすぎない
分からないものに恐怖を感じるから蓋をする
その蓋がアスペや自閉症という概念だ

359 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:24:04.72 ID:BakeBoYe0
アスペに関しては進化じゃないわな。
むしろ後退であり逆行。
人間はコミュニケーション能力を高めてきたことで社会を発展してきたのだから

ディスプレイのないパソコンなんて使いもんにならないだろ

360 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:28:51.56 ID:kSjdCb8g0
能力がタマタマいい方向に向かえばすごいんだけどね

知ってる子は、携帯やら通学定期を3日に一度は忘れる癖に、歴史の年号はパーフェクトに覚えていて一流大学に行った。
それってどうなんだ?www

361 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:30:04.17 ID:BpK5Le1N0
学生時代は、上手に周囲を蹴落としてのし上がっていくんだよね。
で、社会に出て「あれー?」ってことになるw

362 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:30:25.55 ID:MUmRcx9/O
知り合いのとこは、母親が統合失調症で息子がアスぺ。
親子共々猫背。
関連あるのかな。

363 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:31:04.72 ID:WY2cM/lo0
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/cafe40/1274989357/l5

     明石歩道橋事故 本当の真相

フジテレビ アンビリーバボ! で美化しすぎた内容

しかし 事実は 被害者 が 加害者 だった。

死なせた子供の賠償金で 家 や 家電 を買い漁る。





364 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:35:32.81 ID:LtiU7jWL0
小さい頃は周囲とうまくやってけたけど(無理して)、小学校高学年になると苦痛になった
もともと一人が好きだった
机からよく物を落とす
財布をうっかりゴミ箱に捨てたことがある
英単語や漢字や暗記はかなり得意だった(書いて覚えたことない)
こんな自分は多分単なる社会不適応者だな

あと小さい頃はアスペの男の子に好かれたなw

遺伝子のコピーミス→コミュ不全→子供ナシ
は自然淘汰からいってアリだけど、コミュ不全を補って余りある能力があれば
それは進化であり子孫を残す

365 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:36:41.98 ID:cWkzyAcU0
>ディスプレイのないパソコンなんて使いもんにならないだろ
なるなる

366 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:37:52.80 ID:UwQ24N4dO
>>8
ダウンは自分のことしか考えられない
社会性はないよ
アスペのほうがまだ人間ぽい

367 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:39:17.84 ID:F8RRGU3W0
戦うポエマーさんが結局何をいいたいのかよく解らん

368 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:44:36.09 ID:rxjANIMl0
対人関係が異様に苦手、電話を受けるのもかけるのも恐怖、並列作業が苦手。

心療内科で検査してもらったら、ディスクレパンシー19と出て、

アスペルガー症候群と言って差し支えないと思います、って言われた。

でも、特殊技能なんて何にも持ってない。なんか、つらいだけだわ。

369 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:45:09.82 ID:wDAHsjEV0
アスペでもっとも面倒なのはIQ80〜90の類のアスペだろうね
そしてアスペで一番多いのがそのIQ平均いかのアスペ
高IQのアスペはパターンで人との接し方を覚えていくから人が何が嫌なのかを学習するよ
イレギュラーには弱いけどね。
アスペと人格障害を一緒にしちゃいけない。
まあ、ここ最近はアスペが中傷のための単語になりつつあるから勘違いしてる人は多いと思うよ
ちなみに心理士になるために勉強してる学生からでした。臨床も最近はくっついていってますが
子どものアスペは親の理解と療育でぐんぐん伸びます。
他害が多いのは反応性愛着障害の子が断然多い。アスペと間違われやすいけど
きちんと生育歴と親を見ればわかる。
後、勘違いしてほしくないのが自閉症スペクトラムは先天性
反応性愛着障害は後天性
後天的に自閉症になるとかいってる人いるけどないから

370 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:47:30.38 ID:UwQ24N4dO
>>359
コミュニケーションを高めたことで社会を発展させてきた?

歴史を見てもそれはない
コミュニケーション=馴れ合いからは生まれるのは友情などの情であって秩序は生まれない

社会とくに現代社会を発展させてきたのは
アスペのように何かをつきつめる特質を持ったやつ

だから現代社会において
ただの馴れ合いのことを
コミュニケーション能力なんて言葉を使い
さも素晴らしい能力と崇めるのは
人としての進化を捨てるようなもの

371 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 12:58:39.38 ID:YOaw1Kxo0
>>368
診断が出てなんかいいことあった?
支援が受けられるようになったとか、そういうので。

372 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:10:48.17 ID:jj4J5TVH0
私、IQ80のアスペ。健常と知障の境なのに、プライドだけは
あって、バカな自分を素直に認めたくない部分がある。
LDもあるので、いろいろ推論することができない。
本を読んでも、その後本の内容の説明がまったくできなかったりする。
人と雑談するのも苦手。友達もいない。結婚はできたけどひとりでいることが
多い。社会生活は大変。仕事上最小限のコミュニケーションはとるけど、
雑談ができないからしんどい。相手の顔色にはものすごく敏感だから、
その都度心がざわざわして精神的にきつい。生きるのが大変です。

373 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:15:05.19 ID:2V2K+P4G0
>>369
なんだか、まだ座学の域を出ていないって感じがするなー
アスペと社会との軋轢なんて、アスペ本人の社会的なポジションや
世間の人、個々人との関わり方によって大きく違ってくる。

とくにIQによる単純な類型化は非常に危険。
こういう頭でっかちで無責任な専門家たちが
酒鬼薔薇を社会に再放流したのかと思うと怒りすらこみ上げてくる。

あと、後天的に自閉症になることなんてないというのは同意。
自閉症は先天的なものか、赤ん坊の時からのボタンのかけ違いによって
生じるものだから…

>>370
いわゆる普通人には、何かを突き詰めることができないというわけでもあるまい。

374 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:18:02.52 ID:3XIGah3v0
もし治る薬が出来て健常者とかわらなくなっても復讐や報復だけはしたらあかんよ

375 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:24:01.06 ID:Stm/epzb0
IQなんて若年層の知育程度を見るための常識問題ですよとアスペの俺が言ってみる。

376 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:30:16.73 ID:BakeBoYe0
>>370
馴れ合いなんて言葉を用いるだけで、お前が低能だということはわかたよ
コミュニケーションの原点は言語だ。アホまるだし

アスペで学習障害もちのお前の言語能力の程度がわかるというものw

377 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:35:27.23 ID:HrXSp8Y10
ビルゲイツ、スティーブンジョブズ、ジョージルーカス、アインシュタイン、
カント、ニーチェ、

だいたいミスコピーの意味分かっていないウヨが書きすぎ。
なぜ、高齢出産で染色体異常が多いのかと言うと
染色体の分離不全、46XYの染色体の数が違う。

一方遺伝レベルのミスコピーは常時発生していて、
大部分は中立仮説で大きな影響はない、
生殖細胞である程度エラーが蓄積すると形質の違いと
して認められるようになる、多くのミスコピーによる形質の
変化は生存上不利になるが、たまに環境に適合した
優れた形質として有利になることがある。

ミスコピーで起こるなんて遺伝学的には平凡すぎる仮説じゃね?

378 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:35:28.49 ID:wDAHsjEV0
>>373
もちろんIQのみじゃないよ。下位検査の中のもの、有意差を見ないといけないのもわかってるけどね
だけどね全体IQが100こえてるアスペは統計みてものびてるわけ。それは事実。


379 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:39:10.74 ID:Y3Xy+3Z/O
>>283
身内にカナーがいるからそれらは全て理解はしてる。
が、知的障害関係は全く取り上げられないのが腑に落ちなくてね。

380 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:44:37.56 ID:LsNeovhS0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AF%E7%8A%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85

381 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:51:38.22 ID:JFwo3E2m0
昔は社交や外交に喜びや生きがいを見出せ、親交に感情を揺さぶられたことも多かったけど
最近は、他者の心の動きや感情を汲み取れたときに苦痛を伴うようになってきた。
かといって、孤高に振舞えるほどの器量も社会に背を向けて生きるほどの能力もない。
ときどき、そういうものに無縁の世界にいる人たちのほうが幸福なんじゃないかとさえ思うよ。

382 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:52:17.33 ID:kR/zSpRvO
うちもアスペ家系っぽいなぁ。
他人を観察して、人間関係や感情の流れをパターン化して、場に合った反応を返せるように努力してるから、とりあえず普通に働けてるつもりだけどね。

論理的な思考には強い方なんだけど、
感情的な要素がはいる行動については、普通の人はどういう反応をするのが正しいのかを常に考えてるところがある。

383 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:52:28.19 ID:HrXSp8Y10
アスペは小さな違いにこだわるので、研究的な分野では極めて大きな業績を残す。
熱中すると凄いので、文化に革命をもたらすことも多い。とあるが。

384 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:56:15.34 ID:XW4EaMP0O
俺のこの性格は、コピペのミスによだったのか…


385 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:58:21.42 ID:SP/C0gc/0
地球の生物には有性生殖はまだ早すぎたということか・・・


386 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 13:59:26.18 ID:LsNeovhS0
もしも自閉症の原因が常染色体優性遺伝だと徐々に増加していって最終的には日本国民全員が自閉症になりかねない?

387 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 14:00:05.72 ID:YOaw1Kxo0
>>382
場にあった反応というのが分からんことが多い。
論理的な推論とか、数式の処理なんかは得意なんだけど
相手の発話の真意とか、自分の発話を相手がどう受け取るかとか予測不可能。

388 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 14:11:02.05 ID:2V2K+P4G0
>>378
伸びるとかどうとか、他人とのコミュニケーション能力なんぞ
そう簡単に定量化できるようなものではないんだよ馬鹿。
100メートル走のタイム計ってるわけじゃないんだからな。

根本的な部分で人間というものを理解できていないような存在が
普通人を真似るように恋愛や友人関係を構築したところで
所詮その関係は異種生物が人間を真似て拵えた模造品に過ぎないってことがわからないか?

残念ながら、その関係には人と人とが育んでゆくべき『信頼』などは
どこにも横たわっていないんだよ。

もしなんでも定量化できるというのなら、アスペが他人に深く関わることによって
傷つけられてしまった人たちの心の傷を先に定量化してみたらどうなんだ?

嘴の黄色いガキが口をとんがらせて「統計みてものびているわけ」とか、
シャアシャアと抜かしてんじゃないよ。気持ち悪い。

389 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 14:35:02.25 ID:mP+3p3pq0
>>336
道徳的美辞麗句ってのは
むしろ定型発達の人が使う

アスペルガー症候群については一概には言えんだろうけど
どちらかと言うと社交辞令が理解できない人が
多いのじゃなかろうか
定型発達の人が言う美辞麗句を真に受けるわけだ

390 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 14:59:32.91 ID:rxjANIMl0
>>371
なんだっけ、精神通院の、医療費が1割負担になる

受給者証をもらっただけ…

391 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:16:04.47 ID:ton/xCJl0
>>389
>定型発達の人が言う美辞麗句を真に受けるわけだ

 それは当然あるだろうが、定型発達者が吐いた言葉を模倣して
 美辞麗句を遣い始めるアスペも居るんだよ。
 その種の言葉を吐くと他人への受けが良いことなどを”学習”するからね。

 定型発達者がそれらの道徳的美辞麗句を遣う場合、
 自分の言葉の裏側に潜む「嘘」をも理解して
 それらの言葉を吐く場合が多いから、まだいいんだけど

 アスペの場合、その言葉の持っている意味すらも
 うわべでしか理解しないでそういった美辞麗句や聖句を
 RPGのツールを繰り出したり、カードゲームのカードを切るようにして
 それらを遣おうとするから、まったくといっていいほどその言葉に
 恥じらいや責任感を感じずに、自身をもってその断言したりするんだよ。

 それが後々になって、凄まじい悲劇を生むことになるんだよね。
 もちろんアスペの側にではなくて、アスペの吐いた言葉を信じた側にさ…

392 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:21:32.90 ID:CgRtFHNdO
>>386
現に増えてるみたいだな

393 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:23:56.67 ID:SPkZwITSP
>>386
アスペ同士は意思疎通が図れるので、
アスペが多数派になれば、それはそれでいいんじゃないのw

ちなみに、アスペが話してるのは、日本語じゃなくてアスペ語だからw
日本語とアスペ語で会話してるから、コミュニケーションが取れないだけ

394 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:28:45.97 ID:BpK5Le1N0
アスペの奏でる音楽は、他人が作った物をどれだけ性格にコピーするか。これしかない。
感情や情緒を加えたオリジナルな物なんか弾けない。

395 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:30:55.65 ID:rxjANIMl0
>>393
VIQとPIQはそれぞれどうだった?

396 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:32:00.92 ID:mP+3p3pq0
>>391
どっちかっつーと
定型発達の人が吐いた美辞麗句を
アスペが勝手に真に受けて悲憤慷慨するんじゃない?

定型発達の人って、別に責任感強くないよ。
アスペより世渡り上手だから
取るに足らない相手の勝手な思い込みなんて
平気で踏み躙ると思うが

397 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:38:37.99 ID:BpK5Le1N0
>>396
あるアスペ君が育てにくい花を庭に咲かせた。
訪ねてくる人みんなが「綺麗ですね」と褒めた。
ただ、数人花を見ても褒めない人もいた。
彼は花を褒めない人間に復讐を誓う。

褒めるのが当然!と勝手に思い込んで
平気で踏み躙ったと怒られてもね・・・

398 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:41:44.64 ID:YOaw1Kxo0
>>391
具体例が無いとなんだかイメージしづらいなぁ。
アスペの人は
「あなたが書いた記事は素晴らしい出来栄えで、読者の絶賛間違いなしですよ」
とか心にも無いことを根拠なく言って、ぬか喜びさせたりするってことかな。

399 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 15:45:55.36 ID:YOaw1Kxo0
>>390
アスペ自体は治らんだろうから、
アスペが原因で二次疾患がでたら
低額で診療してもらえると言う感じかなぁ。

アスペと診断されることで失うものも多そうだし
病院には行きづらいな。

400 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:04:46.16 ID:OTLV500k0
>>386
>>392
高齢結婚で腐った精子で生産される場合が増えてるからか

401 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:05:15.90 ID:wDAHsjEV0
>>388
もう30なんだけどくちばしの黄色いガキって言われちゃった。
うん、あなたはきっとそう思ってるならそれでいいんじゃないかな
押し付ける気はないよ。ひとつの話として聞いてくれればいい

402 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:06:29.90 ID:s2RO1+Mp0
皮肉を言っても意味が分からない
慣用句の意味も理解できない
額面通りの言葉の受け取りしかできない


403 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:08:57.61 ID:mP+3p3pq0
>>402
育った文化によるものであって
普遍的ではないものが分からないからと言って
何でも発達障害呼ばわりするもんじゃないぜ

マジメな状況で冗談言って相手が笑わないからって
冗談の分からないヤツだとは言わんだろ

404 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:15:23.82 ID:RdvoB8wF0
>>402
どっちかってと、国語的な言葉の訓練というか
それによるコミニュケーションの鍛錬不足のような気が

405 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:16:29.93 ID:mP+3p3pq0
>>404
鍛錬の問題ではなく
付き合いが長いか短いかの問題じゃね?

406 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:26:42.46 ID:cyt9HFhS0
自閉症なんて甘えだろうが
そんなだから性格暗いままなんだよ
バイトでもしてみろや

407 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:28:49.30 ID:3XIGah3v0
然るべき医療機関が研究した結果を甘えの一言で一蹴するとはね

408 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:34:03.07 ID:YOaw1Kxo0
>>406
自閉症だからってひきこもってるわけじゃないのだよ。

409 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:35:35.95 ID:liNd7/y/0
>>407
キチ相手にすんなw

410 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:35:40.01 ID:s2RO1+Mp0
>>403
中卒でこれならしかたないが一応いい大学でてて
何度そうじゃないだろと説明しても全く理解できないのなら
アスペを疑うしかないよな

技術のスペシャリストとしてはすごいんだが
全く意思の疎通ができないし取引先怒らせても全く理解してないし
irirさせられっぱなしだ

411 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:42:00.06 ID:JMk+Vdwo0
>>396
 君はどうやら、アスペ=お馬鹿さん
 と思っているようだが(実際にそういうアスペも居るだろうが)

 実際には、自己保存にのみ最適化した
 狡猾な生物としてのアスペルガーというのもたくさん居るんだよ。

 実際に接してみるとわかるんだが
 アスペは人の同情や憐れみを乞うことに恥の意識など何一つ持ってはいない。
 人前を憚らず平気で涙を流して周囲を味方に付けることまでやっておきながら
 そうして味方に付けた人間を、これまた裏切ることだって
 アスペには平気でできてしまうんだよ。

 なぜなら、アスペの一つ一つの行動には
 他人の感情に配慮した位置づけなど、そもそも内包されていないんだからね。

412 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:42:28.03 ID:JMk+Vdwo0
>定型発達の人って、別に責任感強くないよ。
>アスペより世渡り上手だから
>取るに足らない相手の勝手な思い込みなんて
>平気で踏み躙ると思うが

 君は自閉症の定義をもう一度見直したほうがいいかもな。
 「平気で踏み躙る」の次元が、普通人とアスペとでは違いすぎるんだよ。

 人間の感情を持った者同士の、駆け引きとしての騙し合いで
 かりに傷つけられたとしても、相手に憎しみを持って復讐でも考えていればそれでいいのだろうが

 アスペは相手の最大限の善性を引き出すような仕掛けを平気でするくせに
 自分のやっていることを『全く理解していない』んだよ。

 こちらがアスペの非道に腹を立てて、アスペに自分のやった言動を理解させようとしても
 アスペにはそれ(自分の吐いた言葉の一貫性のなさ)ができないんだよ。
 そして追い詰めれば追い詰めてゆくほど、アスペからは邪悪な幼児性ばかりが
 露出されてくるばかりなんだ。その不毛感と言ったらまったく表現の仕様がないね。

413 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:42:29.54 ID:VXGg0h7T0
愛子

414 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:42:41.75 ID:JMk+Vdwo0
 これでもまだよくわからないというのなら、山口母子殺人の遺族の本村さんが
 「ドラえもんが何とかしてくれると思った」という被告の吐いた言葉を聞いた時に
 何を思ったのかを想像してしてみて欲しい。
 (それでも本村さんは世間が味方に付いてくれたから、救われることもあっただろうと思うがね…)

 君にはまず、悪人正機説でいうところの”悪人”とは、定型発達者の側であって
 アスペでは決してないということを理解してもらいたいと思うよ。
 アスペを”弱者”として捉えようだなんて、
 アスペと関わったことのない者の驕りに過ぎないということを知るべきだね。


415 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:43:07.07 ID:qJxGqG5e0
>>323
そうなんだ、
東大や国立大学入れるぐらいなのは、
根暗が多かったからな。

416 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:47:42.03 ID:wDAHsjEV0
>>414
あなたもよくわかってないと思うよ
成人のアスペって医者でも難しいんだよね診断するのは
人格障害、統合失調症がアスペと間違われやすい
アスペの人は嘘はつかない。つけないが正しい。暴力行為がでてしまうアスペはいるよ確かに
邪魔だな=消してしまおうってなるアスペも少なからずいるだろうけど
そこにはやはりアスペなりの教育方法がある
それがなされてこなかったアスペと混合しちゃだめだよ
定型発達者が十人十色いるようにアスペにも十人十色いるんだよ
あなたの近くにいるアスペは診断済みなのかは知らないけど皆が皆同じアスペと思っちゃいけないよ

417 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:49:40.37 ID:YfstpfZg0
アスペって遺伝子検査とかで分かる?
俺アスペとか書き込んでる人は自己診断?

418 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:54:26.42 ID:KP3iM1tu0
>>411
>  君はどうやら、アスペ=お馬鹿さん
>  と思っているようだが(実際にそういうアスペも居るだろうが)
>
>  実際には、自己保存にのみ最適化した
>  狡猾な生物としてのアスペルガーというのもたくさん居るんだよ。
>
>  実際に接してみるとわかるんだが
>  アスペは人の同情や憐れみを乞うことに恥の意識など何一つ持ってはいない。
>  人前を憚らず平気で涙を流して周囲を味方に付けることまでやっておきながら
>  そうして味方に付けた人間を、これまた裏切ることだって
>  アスペには平気でできてしまうんだよ。
>
>  なぜなら、アスペの一つ一つの行動には
>  他人の感情に配慮した位置づけなど、そもそも内包されていないんだからね。

うーむ、いちいち納得です。
時には親密に家族のように接し、あるときは突き放し、別の日には全くの他人扱い・・。
「自己保存のみ」 が行動規範だよね。
そこには恥とか、責任とか、信頼とかはないくて、個体の保存に最適かどうかしかない。

わかっていても、共同ワークを達成したときの、皆で分かち合う共感が抜け落ちてると、
定型としてはものすごい脱力感に、人生が意味がないような人生否定感覚を受けるときあるよ。
この感情の持って行きどころが最初はわからなくて、途方にくれたもんだわ。

距離を保つことがいまのところ唯一の手段なんだけれど、彼らの環境の一部、
小人の靴屋、背景であることの哀しみ、虚無は生身の人間としてはどうしょうもないね。
人種が違うとは認識しているけれど、PCまで擬人化して名前をつけちゃう定型としては、
なかなか落としどころがない。

どうしたもんか・・・。
みんなどうしてるんだろうねえ。

419 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 16:57:03.27 ID:6FXnskqX0
>>416
アスペの人は嘘はつかないって本当?
自閉症だって回りが見えれば自分が有利な状況にするために嘘をつけるでしょ

420 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:01:35.98 ID:YOaw1Kxo0
>>419
自閉症者は常に周りが見えていないと思う。

421 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:04:27.13 ID:wDAHsjEV0
>>419
アスペルガーの人は嘘が苦手なんです。嘘がつけないと言い切ったのは失言でした。
全くつけない訳でもないですが、子供と同レベルの下らない嘘程度です。すぐわかります。
周りを巻き込むような嘘をついてるアスペは二次障害を起こしてると考えていいでしょう
アスペルガー障害からでる嘘ではなく、二次障害としてでている嘘です
虚言壁のあるアスペはいません。

422 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:04:50.83 ID:KP3iM1tu0
>>419
> アスペの人は嘘はつかないって本当?
> 自閉症だって回りが見えれば自分が有利な状況にするために嘘をつけるでしょ

嘘ってのは、他人が認識できてこその、社会的概念だよ。
世界に生きているのが自分1人である、完全自己完結生命には嘘という概念は無いと思う。

環境に嘘をつく必要はないし、イヌネコや奴隷に嘘をつく必要はない。
しかし、嘘じゃなくて、自分の生存に都合の良い論理を形成することはできるから、
それが、定型から見たら嘘に見えるかも知れないね。

でも、自閉論理の中に嘘という他人が介在する概念は無いと思うよ。
たとえば、普天間を解決するなんて一言も言ってないは、アスペ論理では全く正解だよ。
彼が言ったのは、普天間を解決するという「思い」で行動するとは言った。
しかし、解決するとは一言も言ってないのは全く正しい自閉論理だと思います。

デブなんて言ってないぜ、ちょっとデブとはいったけど・・みたいな論理もアリなんだよね。

423 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:06:56.90 ID:dt3EF8WP0
ニートは甘え

424 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:11:18.79 ID:zgpX2t/hO
自称プロのwDAHsjEV0が何も理解っていない件について。

…本から得た知識ばかりで、実地訓練積んでないんじゃないか?たぶんw

425 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:17:14.00 ID:R6V8LXdVO
特別でもなんでもない、ただの不良ロット
人間を製品として見た場合の不良品
不謹慎だが事実だ

そして人間は不良品すら保護するための社会を持っているから問題ない

426 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:17:22.67 ID:S2uqulw50

原理は簡単
クリップボード
に原因ありだな


427 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:20:02.62 ID:sTzF7NR20
>>411
それは自己愛性人格障害という、別の疾患だと思う。
アスペは、 人の同情や憐れみを乞うこと自体が難しいと思っていい。

428 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:26:24.11 ID:s2RO1+Mp0
不良品というか取り扱いが特殊な機器じゃないのか?
適切な取説があれば使いやすいという

もっともそんな取説見つかる確率が低いんだが

429 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:38:03.23 ID:+NvE7upgi
>>393
そうそう

430 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:48:25.55 ID:mP+3p3pq0
>>411
あのさあ…
自己保存ってのは誰でもやるんだよ。
そのやり方が違うだけなの。反感を買わない上手な人と
ヘタクソな人がいるってのは分かるが。

人間社会は情だけで動いちゃいないわけで
誰でもご都合主義的に振舞う事はある。
それをごまかすのがヘタなのがアスペってだけだろう。
逆に言えば定型発達の人はごまかすのが巧いんだよ。

431 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:51:14.29 ID:6q+CRYumi
アスペという人種だと思えばいいよ
だからアスペはアスペと分かりやすい

432 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 17:54:29.00 ID:VXGg0h7T0
愛子は池沼

433 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:01:20.63 ID:YOaw1Kxo0
自己保存はロボット三原則にすらあるな。

434 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:27:41.61 ID:KCQOf57h0
>>432
> 愛子は池沼

前山さんは 鉄道がスキ

435 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:27:44.44 ID:wjovRpBh0
>>427
演技性人格障害じゃないかね?鳩がまさにそれなんだが。

いずれにせよ、アスペとは対極だよな。

436 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:37:07.07 ID:xmhhiEqK0
男が40超えたら自閉症の確率高く、女は37過ぎたらダウン症の確率あがる。
でもダウン症は出生前の羊水検査で100%判断できてどうしても嫌なら中絶も選択できるけど
自閉症はよほどハッキリ症状が出てない限り1才半位まで育ててみないとわからない。
男女とも結婚は計画的にお早めにだ。

437 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:38:08.88 ID:dctuI1LB0
>>418>>422
>嘘ってのは、他人が認識できてこその、社会的概念だよ。
>世界に生きているのが自分1人である、完全自己完結生命には嘘という概念は無いと思う。

>環境に嘘をつく必要はないし、イヌネコや奴隷に嘘をつく必要はない。
>しかし、嘘じゃなくて、自分の生存に都合の良い論理を形成することはできるから、
>それが、定型から見たら嘘に見えるかも知れないね。

 まったく仰る通りですね。
 彼らに絶対に与えてはならないのは、道徳の教科書や宗教書の類です。
 彼らアスペは、そのような書物を自らが主人公のRPGのテキストブックとして利用しはじめますから…

>わかっていても、共同ワークを達成したときの、皆で分かち合う共感が抜け落ちてると、
>定型としてはものすごい脱力感に、人生が意味がないような人生否定感覚を受けるときあるよ。

>距離を保つことがいまのところ唯一の手段なんだけれど、彼らの環境の一部、
>小人の靴屋、背景であることの哀しみ、虚無は生身の人間としてはどうしょうもないね。

 できる限り積極的には関わらず、必要な要件をのみやりとりする関係に止めるのが
 知恵というか、それしかないのだと思います。

 それか、年端もいかない幼児が混じっているのだと自分に言い聞かせるか…
 彼らを自分と同質の人間と捉えてしまった時点で、互いにとっての不幸が始まりますからね。


 ※プロバイダ規制のため、レス代行をお願いしています。ご了承下さい。

438 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:42:04.05 ID:ErdUI0q2O
それぞれが
それぞれの
思い込みを語るスレ。
アスペ語りのアスペどもが。w


439 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:44:37.77 ID:dctuI1LB0
>>430さんは、私(ID:JMk+Vdwo0)と>>418(ID:KP3iM1tu0)さんのやりとりで
どうして意思の疎通ができているのかを考えてみて下さい。

実際にそのような人種(アスペ)を観察するだけではなく、
ある程度彼らと近接して関わった者にのみ理解できる
「共通の認識」といったものがあるのです。

逆に言えば、アスペルガーというものは机上の知識だけではなく
彼らアスペの存在としての異質感・違和感や
彼らに感情を注ぎ込んだ時に感じる虚無感を身をもって体験しなくては
その本質を理解できない質のものなのだと思います。

440 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:51:39.73 ID:G4RD29Y40
日本人って気質がアスペっぽいよね
良い意味で

441 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:52:09.08 ID:aWB305ZQO
>>411
なんだ、アスぺって他人の感情を利用して味方につけられるようできるんだ。
空気読むのも得意なんじゃね?それって。
アスぺのイメージ変わったな。でももしかしてそれアスぺとは違うくね?

442 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 18:59:05.37 ID:G4RD29Y40
>>441
模倣はとても上手いし、マニアックで研究熱心だったりもするから、
知的に高い人で、「こういう時はこう言う」的なパターンを
膨大に覚えてしまうことで、一見できちゃう人もいなくはないと思う

ただ、それが仮に本来的なものではなかったとしても、
そこまで出来てしまえば成人の段階では診断はつきにくくなるかもしれないね
そもそも子どもの頃のエピソードがなければ確定は難しいものだけど

443 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 19:01:12.32 ID:3UD91bIh0
俺32妻32
子ども3人中2人自閉症
そんなに年いってないのに
30以下で生まれたやつばかり何のに自閉症

俺が若い頃センズリしまくってたのが影響してるんだろうか

444 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 19:09:03.99 ID:O5L99KBY0
>>427
自己愛は最近増えてきてるのかな、よく耳にするようになった。
共依存の母親から溺愛されると言った後天的なものだから、社会現象でもあるのかな。

445 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 19:19:07.30 ID:z6gGnHTN0
>>443
遺伝的な物はどうよ
自分の家族や親戚、配偶者の家族や親戚にそれっぽい人は居ないの?

まあ無くても生まれるものだからどこに責任が有るかを確かめるのは無意味かと

446 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 19:19:10.88 ID:SPkZwITSP
>>427
>アスペは、 人の同情や憐れみを乞うこと自体が難しいと思っていい。
そんな器用なアスペはいないよなw

アスペは「ありがとう」や「ごめんなさい」も言えない。
後、お世辞も言えない。
基本的に話し相手を気持ちよくさせようという発想はない。

447 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 19:51:01.36 ID:mP+3p3pq0
>>439
共通の認識なんて言うのはいいが
「あいつイヤなヤツなんだよね」って感覚を共有する事は
誰にでもあるわけで、相手だってそう思ってるかも知れんわな。
それに>>437で「与えてはならないのは」って書いてるけど
自由主義社会の住人とも思えんな。
複雑な社会をきっちり管理できると思うのも
アスペならではの考えじゃないのかね。関係ないか。

448 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 19:51:30.17 ID:i8oU68Ka0
>>416>>441>>446
>アスペの人は嘘はつかない。つけないが正しい。暴力行為がでてしまうアスペはいるよ確かに

>なんだ、アスぺって他人の感情を利用して味方につけられるようできるんだ。
>空気読むのも得意なんじゃね?それって。

>>アスペは、 人の同情や憐れみを乞うこと自体が難しいと思っていい。
>そんな器用なアスペはいないよなw

 君らは専門書に書かれているような
 アスペルガー症候群単体としての基本的形質・傾向ばかりに
 気を取られ過ぎているのではないだろうか?

 もちろん現在進行形で治療を受けている子供たちなら
 症例集に出ているな典型的なアスペが大半を占めるだろうが

 幼少期を過ぎて、社会的に経験を積んだアスペが、
 周囲から受け容れられ易いように表面的性格を変容させて、
 潜伏性をより強めてゆくことを知っておいた方がいい。

 もちろん本質的な部分に変化があるわけではないので
 そのような種のアスペのほうがより深刻な被害を
 周囲にもたらしてしまうわけだが…

449 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:12:44.05 ID:ErdUI0q2O
よく解ってない連中がオレ理論を展開するスレ

450 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:14:04.14 ID:i8oU68Ka0
>>447
アキバカトーに刃物を与えちゃいけないってことや
サルにオナニーを教えちゃいけないってのと一緒だよ。

一部のアスペは、彼らに取ってよくわからない対象物・環境物であるだけに
逆に人間というものに異常な関心を抱いているんだよ。

その種のアスペは、聖書や法律書、道徳書などを
人間理解のための手引書や、自分が現実世界(※現実の捉え方が常人とは全く違うことに注意)で
行っているRPGのルールブックとして利用するんだけど
それらの書物への、のめりこみ方が半端じゃない上に、必ずといっていいほど
意味を取り違えた独自の論理世界で、それらを理解してしまっているんだよ。

基本的人間としての素養を具有していないから誤読も当然のことなんだけど
一見は、”よく勉強している情熱的な努力家”に他には映ってしまうものだから
そのような彼らの姿に騙されてしまった人は、
疑いもなくアスペの実験の餌食(オモチャ)にされてしまうんだよね…
(※聖書を読んだアスペは必ずといっていいほど、対人間に関して過剰な自身を抱き、
  積極的に人と関わろうと試みます)

451 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:20:01.28 ID:weCuTUXd0
病気にかかりやすさか…それじゃ親戚の子がいつも風邪ばかりひいてるのは
DNAのせいかもしれないというのか…

452 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:26:06.16 ID:YOaw1Kxo0
>>450
精神科の看護師かなんかされているんでしょうか。
素人目には過度に一般化しすぎって感じるんですが。

453 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:29:58.74 ID:zgpX2t/hO
>>449
身近に居たアスペさんについて、よく観察している人が書き込んでるレスもあると思うけどな。
なんか、酒鬼薔薇やオウムの事件なんかも、アスペの仕業なんじゃないかという気がしてくるね。
アスペはオウムみたいに群れないと言ってしまえば、それまでなんだけどさ。

454 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:42:23.52 ID:FMsb39A00
進化論的に考えて
狡猾なアスペが生き残り子孫残して
愚図なアスペが淘汰されていくわけで
情を持たない狡猾な人間そっくりの獣が人間社会に溶け込むわけだ
寄生獣みたいだな
怖い怖い

455 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:42:24.01 ID:ff1VeTiT0
俺はオヤジが45歳以上のときの子だ。精子は腐るな。
昔の発育なんか掘り返しようが無い。
自称はかなり多いと思われる。

456 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:45:03.96 ID:ff1VeTiT0
俺はオヤジが45歳以上のときの子だ。精子は腐るな。
昔の発育なんか掘り返しようが無い。
自称はかなり多いと思われる。

457 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:45:18.63 ID:SuQvMLs70
自閉症とか薬品会社の陰謀だろ
ちょっとでもそれらしい子供見つけたら
薬漬けにして金稼ごうっていう
本来環境を変えて対応する所を薬漬けにして収益を上げる家畜に変えようっていう
そんな感じがビンビンする

458 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:54:20.79 ID:z6gGnHTN0
>>457
自閉に薬?なに出すの?
二次障害で苦しい状態ならその緩和に薬も有るかもしれんけど

459 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 20:55:08.84 ID:i8oU68Ka0
>>452
私は仏教僧で、過去にその種の人たちと深く関わった経験のある者です。
旧帝大理系修士を持っていますが、この分野を専門としていたわけではありません。

宗教の世界にはあらゆるタイプの精神疾患や脳機能障害の方が訪れてきますが
聖職者の中にも自閉(アスペ)傾向を持った人たちが一定の比率で、
含まれていることに気が付かされます。


 ※プロバイダ規制のため、レス代行をお願いしています。ご了承下さい。

460 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:02:02.72 ID:TIfOAhyW0
人間関係って言うか、兄弟仲を築けないよね。
姉や妹が家族の洗濯物を全部引き受けていても、内容の良い食事を毎日ちゃんと食べれても、
家中の掃除も病気の看病も彼らにとっては単なる環境に過ぎない。
自分の拾ってきた犬の面倒も見たことないのに、メインで世話をして懐いてる相手と自分に
対する犬の態度がなんで雲泥の差ってくらい違うのか理解出来ないでいる。
「俺と一緒に寝ようと思ったのに姉ちゃんと寝てばかりいる」とか当たり前の事に不満気。
家は男兄弟がセクハラするので犬が姉妹のボディガードしてたんだけど、それにすら気付い
てないよ。
家から出てったけど、話題の端にぼんやり思い出して「でも、けっこう優しかったよね」
とか滅多に会わない母親に言ってたって話を親から聞いて呆れ返った。
気を配ったり庇ったりして手間暇かけても、危害加えられるのがオチの相手を優遇するもん
じゃない。
アスペは犬猫の面倒みれないからすぐに判るよ。
協力して仲良く生きるって概念が欠落している。タブーが解らない。
自分の気が済めばそれで良いし、辛抱が利かなくなる瞬間が来るのが早過ぎる。
永遠に我慢する事が出来ないし、相手にとってどうとか考えも及ばない。
飲み会でお酒をガンガン飲むとウケるって信じ込んで、今肝移植が必要らしい
けど女兄弟がドナーをスルーした事に大いに腹を立ててるそうだ。
本人の自爆なので悲劇ではないけど。

関っても酷い目に合わされるだけだから優しくしてやる必要ないよ。
自分が嫌われてるって全然気が付かないよね。
ひとりで病気になるまではそりゃあ本人幸せだわ。

461 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:07:47.00 ID:ac1dDHbu0
>自分の気が済めばそれで良いし、辛抱が利かなくなる瞬間が来るのが早過ぎる。
>永遠に我慢する事が出来ないし、相手にとってどうとか考えも及ばない。

健常な人はみんな、自分の気晴らしよりも他人への気遣いを優先して永遠に物事を我慢できるのか?
だったら、どうして2ちゃんねるでは他人に対する罵詈雑言が溢れているんだろうね?

462 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:10:36.49 ID:uw225HDp0
アスペと言っていいのか、自閉症とか発達障害の一部というべきか。
愚痴や突拍子もないことばかりネットに書き込むある女をウオッチしてるんだけど、職場でとことんヘマばかり。
働く意義を見出さず遊ぶお金ほしさに働いてる。皆が忙しくてもさっさと帰り恨まれる。
家庭や職場から寄生虫扱い。
何か周りで起きると、自分にとって好都合に思うようで。邪魔者扱い・不快感を示されてるとは感じずトラブルをを引き起こしてばかり。
40にもなっても、社会から愛されてないことが気がつかないものなんですね。

これはあまり知られてないけど、マザー・テレサの言葉。彼女ゆえに重みがあります。
「一番やりずらいのは、孤独を知らない人です」

463 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:11:22.25 ID:wDAHsjEV0
結局は自閉度の問題だと思うよ。アスペにしろ広汎にしろね。
アスペがこう!って定義はないよ
アスペでも自閉度が薄い人はそれなりに社会にとけこめる
自閉度が高ければこだわりが酷く、他者の意見を受け入れられない
特に成人してしまったアスペは修正はきかなくなってしまうね。
私は臨床といっても子供専門だから大人のアスペの話は正直わからないので教科書のような
説明になってしまうのだと思うよ
子どものアスペはABAが療育に取り入れられていて良くなってきているよ


464 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:13:04.89 ID:mP+3p3pq0
>>459
仏教僧ねえ。
道理で独善的なわけだ。
申し訳ないが他に特に言葉も思いつかない。

ヘタに知恵つけるななんてよく言える。
専門家でもあるまいに。

465 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:16:05.53 ID:ErdUI0q2O
なんだかんだ言っても、本人がそうでないのなら
結局は自分勝手な解釈に過ぎないんだよね。
他人の考えてることなんて判らないよ。
だから、自分の思考に沿った上で、多分こうなのだろう、と解釈してるにすぎない。


466 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:19:36.02 ID:ac1dDHbu0
「無慈悲で不愉快な人間はみんなアスペルガー」みたいな書き込みばっかりだな

467 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:20:54.01 ID:VXGg0h7T0
愛子は池沼

468 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:21:26.54 ID:kR/zSpRvO
>>460
それ、単に昔の長男教の男で、アスペ関係ないと思う。

大抵のアスペは他人の感情が上手く読み取れないことに自分で気づくから、それなりに努力して社会に適応するんだよ。
言外の感情を読み取って合わせるのが困難なだけで、感情や協調心がないわけじゃないからね。

469 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:25:00.36 ID:ErdUI0q2O
他人の感情を上手く読み取れるやつなんて居るのか?
どこにそんなやつが居るんだよ?

470 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:25:37.11 ID:zgpX2t/hO
ac1dDHbuOやmP+3p3pqOにはアスペルガーの子供でも居たりするのか?

471 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:28:58.15 ID:kR/zSpRvO
というか、書き込みを見る限り、アスペというよりサイコパスぽいのがちらほらあるなあ。

472 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:29:56.25 ID:mP+3p3pq0
>>468
そもそもこのスレにもチラホラいるような
一方的にアスペだからと決め付けるような連中と
仲良くなれるわけもない
仮面家族でも作りたいなら話は別だが

473 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:30:16.52 ID:ac1dDHbu0
「空気が読めない」「言外の感情を読み取れない」「アスペっぽい」って、単なる揚げ足取りだよな。

自分で自分のことを「バランス感覚のある常識的な大人だ」と思い込んでる人間が、実際には
空気読めずにうかつな発言をしたりそれを省みることができなかったりすることはよくあると思う。

474 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:31:23.64 ID:rIv1HQRd0
>>10
最近のADHDもそれじゃない?
ADHDはただ自分の好きな事は長時間出来るが
それ以外は全く駄目な新型うつ病と似てるが・・・


475 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:34:34.59 ID:7LjCTnea0
どうせ死ぬんだから何やっても無駄
っていう思考を毎日している俺は遺伝子欠損だったのか

476 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:35:15.95 ID:zgpX2t/hO
>>471
バラバラ殺人のスレには猟奇殺人マニアが大勢集まるって話を聞いた事があるが、それを思い出すな。

477 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:43:30.52 ID:z6gGnHTN0
>>463
子供専門って見てる子が成長したら関われない関係なの?
子供の時から見てる子が30歳になった時どうなってるかは知らないと
療育によって予後が良いと判断出来ないじゃないの?




478 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:46:02.41 ID:Ja3CXmpz0
>>473
>空気読めずにうかつな発言をしたりそれを省みることができなかったりすることはよくあると思う。

よくは無い無いw



479 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:46:21.81 ID:ErdUI0q2O
>>475
もっと塩を食え。

480 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:57:29.40 ID:JTFT6AFa0
>>463
>結局は自閉度の問題だと思うよ。アスペにしろ広汎にしろね。
>アスペがこう!って定義はないよ

 自閉度(個体差)に拠るというのはよくわかります。
 その度合いによって、その他形質とで複合的に形成されるキャラクターも変わってきますよね。

481 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 21:58:24.70 ID:rIv1HQRd0
発達障害診断されてから

俺、私はアスペだから仕方がナイじゃんとか・・・

本当は空気読めてんのに改善できる事でも
すぐアスペだADHDだのなんのっていう障害名を縦にして
甘えるのはよせ!
そして医者もなんでもかんでも障害名をつけてんじゃね〜よって感じ


482 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:01:40.44 ID:wDAHsjEV0
>>477
いや、まだ働きながら資格とってる最中なのと児童専門でいきたいから
大人になってからのっていうけど今の療育がではじめたのはごく最近だから
今の30歳アスペが子どもの頃に療育や正しい診断も何もうけてないので
手探りですよ。でも、幼稚園の頃から通ってたアスペな子達が他害も減って
自己否定も少なくなっていってる様子は見てて嬉しい。それも結果だと思ってる


483 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:07:05.72 ID:uw225HDp0
>>481
>俺、私はアスペだから仕方がナイじゃんとか・・・
>本当は空気読めてんのに改善できる事でも
>すぐアスペだADHDだのなんのっていう障害名を縦にして
>甘えるのはよせ!

同感。居ますよね。

484 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:17:11.77 ID:ebjxSjrH0
コピーミスも親の責任だろ。
喫煙、深酒、生活の乱れ、極端なダイエットとか。

485 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:27:33.88 ID:F8RRGU3W0
>>482
身内以外、研究目的以外でまともにむきあってるってすごいな
体に気をつけてがんばれよ

486 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:40:38.15 ID:wBl37CON0
>>458
オキシトシン

487 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:47:24.05 ID:nkeO2vCy0
>>411>>427>>435
それは、境界性人格障害だよ。ボダってやつ。

死ぬ死ぬ詐欺とか、自殺未遂とか繰り返して周りの人の人生を破壊し尽くす
最悪のキチガイ病。

境界性人格障害患者を「可哀想だから助けてあげなきゃ」とか思ったら、ゲームオーバー。
「私を利用しておいて、捨てるの?」とか「自殺してやる」と喚き散らし、
殴る蹴るの暴力、狂ったような暴言、薬を盛る、包丁振り回すで、
周りの人間がマジでどんどん死んでゆく。

ちなみに本人は「死ぬ死ぬ」言ってるくせに、決して死ぬことはない。

488 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:47:59.25 ID:SB6BZWES0
>>22
同意

現状では、あの法律で儲けたい人達と、少子化でも自分たちの待遇を維持したい人達
が話を必要以上に大きくしているように見える。

>>457 のような便乗は起きても不思議じゃない。
>>449 専門家でもその程度じゃないか。

遺伝子検査や、f-MRIみたいなもので症状を定義すればいいのに。

489 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:52:27.67 ID:IjVhq/RmO
アスペは遺伝だって話はどうなったんだ

490 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:54:27.94 ID:cePLz63K0
アスペルガー、分裂病、境界性人格障害は
全員ガス室でやっちまったほうがいい。
社会のため。

491 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:57:16.24 ID:z6gGnHTN0
>>481
ttp://blog.m3.com/adhd_asperger_etc/20100525/1
医者が書いてるブログなんだけど
これ見ると診断名を付ける事、告知する事が必要なんだと思うけどどうかな?


>>482
概ね理解した。
児童専門でいきたいなら良いけど
子供の事から関わってる人なら成人後も見続けてあげるのが本人には良い事だと思う
幼い事から見てる人が一番その人の特性について分かってるはずだからね
まあがんばって支援してあげてくれ

492 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:58:41.61 ID:tSKDE8RI0
>>488 まさしく遺伝子検査の手がかりらしきものを掴んだ、って記事だと思うぞ

493 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 22:59:11.96 ID:M+5Df+ge0
>>478
要するに自分が正しいというのを証明する手段は無いということだよ。
ここでアスペ叩きしている人は異常に自分が正しいという確信があるみたいなんだがそれが全く納得できないんだな。
アスペのような特異な世界認識を見せられると、果たして自分は正常なのだろうか?って疑問が出るもんじゃないの?
オレの母親は自分が正常という絶対的確信が揺らいだことが無いんだが、外から見るとむしろそれは異常にしか見えない。

494 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:13:34.70 ID:M8rPFKSh0
ロイヤルニート

495 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:17:18.80 ID:Hpy0Cqh50
>>490
そんな事書き込んでる自分自身が
人格障害って自覚ないのかオマエ・・・・・・・・それとも自虐?

496 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:19:54.56 ID:zgpX2t/hO
>>493
だから統合失調症を診断する資格の持っている医者など居る筈もないし、
他人に死刑を言い渡す資格を持った裁判官なんかも存在してはいけないということなんだな。
わかります。

497 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:20:48.68 ID:ac1dDHbu0
他人に対して人格障害だなんだと言ってる人間は、自分自身の欠陥について指摘されると
「人間なんだから欠点なんかあって当たり前じゃねぇか」と逆切れしたり、他人の粗探しをはじめたりするんだよな。

だったら最初から他人の批判なんかしなきゃいいのに

498 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:24:46.03 ID:/JDjrC4U0
ちびまるこちゃんで言ったら、山田が当てはまるんやろか
前田さんやみぎわさんはどうやろ

499 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:28:20.85 ID:zgpX2t/hO
>>497
だから統合失調症を診断する資格の持っている医者など居る筈がないし、
他人に死刑を言い渡す資格を持った裁判官なんかも存在してはいけなし、
お前のように人格障害が疑われる人間を精神病院に送り込んでもいけないということなんだよな。
よくわかります。

500 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:32:33.48 ID:xmhhiEqK0
>>487
自分の職場の後輩(仕事中にリスカ二度してクビ)のボダは自殺したよ。
いつもの調子でODかと思ったけど遺書あったらしい。

そいつに依存されてた人が次々に辛いって言い出して周りの被害が半端なかった。
私もリスカ写メや「今からビルの上から飛びます」メール送られたけどシカトしてタゲにならずにすんだ。
バレバレの嘘を恥と思わず、相手の気持ちおかまいなしに全力で誰かにかまって欲しい感じが痛々しかった。

調べたけど親に虐待された子の究極の精神被害が男は反社会性障害、女は境界例として出るって記事を読んだ事ある。


501 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:35:54.72 ID:fV4gEWaf0
>>4
毎朝通勤時に見かけるけど駅の自動改札で引っかかる奴も不良品、欠陥品
俺は引っかかった奴をB級品のアウトレットと呼んでる

502 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:39:38.32 ID:M+5Df+ge0
>>496
まあオマイに裁かれたり診断されたりするのはゴメンだ、がマジョリティだろうな。

503 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:40:53.75 ID:rIv1HQRd0
>>491
告知する事が100%本人のためだとは思わないケースもあるよ
自尊心が低下したり障害名を全面に出して
○○障害なんだから出来ないんだよってすぐ言う奴らはイライラしてくる
○○出来ない事は○○障害だからだとか

障害名つけられる前の友達はとても謙虚で誠実でがんばり屋さんだったのに
急に障害名つけられてから○○障害だから生活保護受ける権利が将来ある。
自分の好きな事すればいいだとか頭がおかしくなった。

504 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:40:57.37 ID:ac1dDHbu0
>>499
まさか>>497を読んで自分が非難されてるように感じたのか?
めんどくさいな

505 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:43:27.43 ID:M+5Df+ge0
>>504
ちょっと人格障害気味かもな。

506 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:43:32.27 ID:mfDRfRbZ0
>>499
君は賢いなあ
さすが健常者!

507 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:44:50.98 ID:p6HnyS8Q0
草食男子ってやつと
草食男子をののしるフェミニストってのは
両方とも、結局は障害持ちだと思うんだが。
(性同一障害者と不妊症患者が自分を正当化するためにフェミニストになるし、
草食男にはいろんな軽度障害があり、その結果女から相手にされないわけだ)
そうすると、障害者同士で馬鹿にし合ってるわけだ。悲惨だね

508 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:45:12.54 ID:rIv1HQRd0
人各障害とかさ
精神科の薬飲んでも変わらないよ

世の中サイコな人だらけなんだな


509 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:50:26.38 ID:ff1VeTiT0
IQと自閉の連続体って考え方は画期的。
人格障害がたびたび出るがパーソナルの決定は
この考え方しか捉えようがない。

510 :名無しさん@十周年:2010/06/12(土) 23:57:38.15 ID:NeCfph4l0
みーちゃん、ごーいんぐ、とぅ、ざ、ほいくえん

♪ぱっぱや〜ぱ〜やっぱや〜♪

511 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:23:57.15 ID:QWpcBB040
>>461
我慢出来なければ近親者への性的嫌がらせはしても良いとでも?
忍耐の限界が来たらストーカーになって良いとでも?何をやっても所詮は許されると思っていると
したらとんでもない思い上がりだね

>健常な人はみんな、自分の気晴らしよりも他人への気遣いを優先して永遠に物事を我慢できるのか?
一生に一度だってやってはならない事はあるし
一線を越えている事にすら気が付かないアスペのお守りをするMではない
アスペに一生を支配される筋合いはない
無分別を正当化するな

>だったら、どうして2ちゃんねるでは他人に対する罵詈雑言が溢れているんだろうね?
好ましくない経験を匿名掲示板で嘆くのがそれ程の悪?
あなたの主観で気に食わない内容がすべて悪口ではない


誠意を持って自分を助けてくれている相手から見捨てられないように気を付ける事も出来ないんじゃね
…お断りされてるのが解らないなんてすごいね フン

>>468
兄と弟両方の同質の傾向を書いたので、弟は長兄気取りだった事になるのかな
嫌悪の象徴に成る程とんでもなかったら、感情読み取る読み取れない問答云々
はどこかに吹っ飛ぶけどね
「二度と姿を見せるな、姉妹が居ると思うな」としか掛ける言葉は無い

512 :カミヤマミ ´Å`彡マスオ ◆ZAPKFwwAms :2010/06/13(日) 00:27:18.83 ID:4w1gDs1i0
 いや、医学的にアスペだろうが何だろうが、区別せずに普通に扱って
ムカつくなら普通に嫌って、普通にハブればいいってことでしょ?

513 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:29:57.45 ID:ldDaS/in0
>>512
それやると、うるさい親とかがいるんだよねえ・・・
たとえ障害者でも親バカは変わらないってことか

514 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:34:58.67 ID:MvxMVijqO
俗に言われる自閉症を何故病気と分類するかが解らない

逆に社交的過ぎる人ならどうなんだ


西洋医学の限界だよ

515 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:36:06.00 ID:9y5aXU7sP
自閉症 や アスペ は「不良品」と言うことでFAですね。

516 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:37:34.71 ID:BMxt3GGA0
人格障害とかADHDとか、極めつけはサイコパス的な要素まで
全部アスペルガーに定義付けてしまってる人がいる

517 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:39:37.05 ID:hSxPuEWE0
今年から反抗期も障害の一部になってる

思春期特有の反抗期も反抗期障害っていう病名が今年から
精神医学に1つ加わったんだよ


518 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:42:34.35 ID:PSWapRq/0
中二病も加えてくれ

519 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:43:35.46 ID:hSxPuEWE0
もう○○障害は増えていく一方だよ


520 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:43:58.75 ID:C9vb444I0
>>511
このスレにはアスペへの批判をあたかも自分への非難であるかのように
受け取ってしまう変な輩が大量に湧いてくるから
攻撃的なレスを付けられても、あんまり気にしないほうがいいよ。

521 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:44:49.00 ID:DMh7YzugO
>>35
最近あちこちのブログでよく見かけます


522 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:47:05.96 ID:x4IuvV6u0
一族そろってアホ

523 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:49:27.35 ID:MvxMVijqO
何故ユングが西洋思想の極端化を否定したか今一度深慮すべきだと思うけどな


人に限らず生物はそれぞれに個々の性格を持ち合わせてるのは当たり前だ


西洋思想はなぜが平均値を正常としてしまうからね
精神の平均値の基準の根拠が知りたいもんだ



524 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:53:37.30 ID:ldDaS/in0
>>523
「神の下では全ての人は平等なのです」

525 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:54:22.54 ID:gIAtf87s0
ワッチコン、ワッチコンコンコン

526 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:55:17.87 ID:MvxMVijqO
>>524

糞して寝てなさい

527 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:55:36.22 ID:sqUL4bnIO
100人に一人って多いなあ

528 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:57:37.52 ID:ldDaS/in0
>>526
マジレスかっこ悪い。
西洋人への皮肉のつもりで書いたのにw

529 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 00:59:52.89 ID:2WmBDZ2V0
まあ肉体的な障害を持って生まれる確率が3〜4%だったと思うから1%くらいたいした問題じゃない

530 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 01:01:20.94 ID:MvxMVijqO
>528

だから寝なさい

531 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 01:03:26.35 ID:ldDaS/in0
>>530
        ハ,,ハ
       ( ゚ω゚ )    寝るのはお断りします
    /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ  これから布団でオナニーです
   // ̄  ̄ フ /
 / (___/ /
(______/

532 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 01:04:01.53 ID:FztViNNo0
コピー機の不具合か

533 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 01:04:20.53 ID:bS1kuloV0
障害と認定するか否かは社会の問題。
身長だってある程度以上や以下は異常扱いされるが、異常の境界が明確に在る訳ではない。
社会にとって1%程度が異常というのは受け入れやすいが、10%となるとそれを異常と排除するのは難しくなる。
ま、その程度の話。ある意味アスペも人の個性の一つだし人の本質の一つと思った方がいいと思うが。
それをどう扱うかは医学の問題と言うよりは社会の問題。

534 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 01:09:05.88 ID:sA0BBYa80
夫婦で著名学者の猪口邦子女史。双子の子の片方が自閉。
中級有名私立小に入れたもののついていけず退学して公立の特殊学級にいるらしい。

親は認めたくないのか、学校には顔も出さず子供にあった教育方法を勉強しようともしない。
使用人?に送り迎えさせ半分放置状態という話を聞いたことがある。
雅子と似ているよね。まあ雅子の場合は親もエセ学歴だけど

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1105705371/


535 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 01:20:06.77 ID:eedmTqP70
自分はアスペなんだ、だから許せ
でも、お前らよりは知能は高いんだぞ、へへん

っていうレスが多くてうんざり

536 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 01:37:53.25 ID:bS1kuloV0
>>535
知能が並以下ならタダの障害者扱いだよ。
知能が並以上あるおかげで、その知能を使ってなんとか社会に適応している。
彼ら自身は結構辛い人生を送っているんだがねえ。

537 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 02:17:50.47 ID:jDgx7un70
深く関わったことのない方には、ご理解いただけないかと思いますが、
私は家族になって家族としての絆を築けないことに愕然としています。

>>439 >>459 >>460
JMk+Vdwo0さん、KP3iM1tu0さん、TIfOAhyW0さん、i8oU68Ka0さんの
おっしゃることには同じようなことを感じています。

プロのお勉強されている方は是非大人の方も見てあげてください。
小さいころ療育されずにいた方は、年を重ねる毎にひどくなっている
ように感じます。


538 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 02:42:23.95 ID:rRqxHX5g0
>>60
金額違うけど、お釣りが無かったんだろう 「980円になります」って言われて
千円札渡したら、レジのオバちゃんに 「100円無い?」って言われてキレた支那女を
見たことある 「コレ980円ネ!ワタシちゃんと払ったヨ!アナタナニイウカ!」みたいなw
並んでた客にウケてたwww 西新宿の三平ストアで



539 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 02:50:06.15 ID:sA0BBYa80
>>538
それは支那女が正しい

540 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 02:54:24.23 ID:xI+Jx+dT0
>>537
コミュニケーションが片道通行なんだよね。
人と話をしている気がしない。


541 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 02:59:08.26 ID:hSxPuEWE0
日本で障害者と言われても
海外にいけば健常者といわれる事もあるんだよ


542 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 03:33:09.08 ID:mt6jc9HW0
【レス抽出】
対象スレ:【社会】自閉症スペクトラム…複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性
キーワード:トマトイッパツ



抽出レス数:0

543 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 03:40:11.36 ID:k34pCDbZO
>>542
それは相手が誰でも同じだよ。
意思疎通なんてのは錯覚にすぎない。

544 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 03:44:50.82 ID:fYuGpoR60
長文レスがアスペスレの特徴な件について
ぐだぐだ怒りをぶつけてる自称被害者も何らかの人格障害なんじゃね?

健常者なら察知して回避して忘れようとするからね

545 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 06:25:49.51 ID:AKCeovS6O
>>309
>アスペの被害者は被害者じゃなく、アスペが被害者ってことになってるからね。
>アスペの被害者も救済しないのはものすごく片手落ちだと思うなー

これ、すごい名言ですね。
とても重要なことを言ってます。


546 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 06:28:36.92 ID:qAjDL/UH0
>>544
>健常者なら

そもそも健常者って何ね?



547 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 06:44:43.71 ID:Oy40WVjW0
>>511って健常者の書き込みなの?そうは思えないんだけど

548 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 07:12:17.33 ID:xI+Jx+dT0
>>546
必ずこういうのがでてくるなw
とりあえず勉強するよろし

549 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 07:22:57.31 ID:nQZ1h4KeP
>>540
アスペは、会話のキャッチボールができなくて、会話のドッジボールしか出来ないよ。

550 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 08:14:15.65 ID:GqVwpS6i0
結婚できない男の阿部寛さんはアスペだったか。ありゃただの変人と思ってたが。

551 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:07:10.27 ID:Fe9Gqeqp0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E2%80%90%E4%BC%9A%E8%A9%B1:%E3%81%BE%E3%82%80%E3%81%97
非難ごうごうな、この女。
自己紹介で、カミング・アウト
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:%E3%81%BE%E3%82%80%E3%81%97&diff=prev&oldid=12259617

552 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:10:52.66 ID:IXQK7gj4O
>コピーミス

レンホーのせいだな

553 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:12:58.90 ID:Cz3Cp1Q/0
知らない人が多いだうが自閉症などの知的障害者の数は年々増加してる。
某政令指定都市の市役所の情報を開示したところこの事実が判明した。
出生数が年々減少してる中でのことだから、これはけっこう怖い話だぞ。

554 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:16:21.94 ID:qAjDL/UH0
>>548
自閉症スペクトラム指数

http://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html

ちなみにこのホムペの作者は36点

555 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:19:52.19 ID:ER7c/LVCO
サイコパスとアスペを混同してる人が多いな。
知識もなく、差別用語として使って悦に入ってるのかな。ひどい話だ。

556 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:20:23.23 ID:mXku2py00
>>554
こんなので出しても意味ないよ。やはりWAIS検査してちゃんと数値ださないと


557 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:22:56.86 ID:Cz3Cp1Q/0
新規で知的障害と認定される人の年間の数は
平成20年は平成5〜9の各年の倍程度まで
増えている。自立支援法になって知的障害の認定を受ける
メリットが薄らいだにもかかわらずこれだけ増えているのはどうしてなのか?


558 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:25:02.75 ID:mXku2py00
>>557
学校側が知識増えたからだよ。昔はちょっと足りない子個性的な子が今は軽度知的障害になる
コーディネーターが学校につねにいるしね


559 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:27:16.72 ID:Cz3Cp1Q/0
>>558
そんな話聞いたことないぞw

560 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:43:59.94 ID:AKCeovS6O
ある女性が自分の母親の葬式で、知らない男性に出会いました。
彼女はこの男性を素晴らしい人だと思いました。
まさしく彼女の運命の相手だと思い、恋に落ちました。
ところが、彼の電話番号を聞いていなかったので、その後彼がどこにいるのかわかりませんでした。

数日経って、彼女は自分の姉を刺し殺しました。

質問: 彼女が姉を殺した動機は何でしょう?

561 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 09:47:27.34 ID:Ymn6CSk+0
>>556
もっと気軽にだれもがWAISを受けられるようにしてくれw

562 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:00:26.54 ID:jynR0Rxh0
引きこもってれば障害者補助金みたいのもらえるようになるのか・・・
ナマポ+補助金でヒキニート歓喜

563 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:01:34.52 ID:X5jnWjnl0
愛子は池沼

564 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:04:07.69 ID:T3PnQrOP0
>>537
 ご苦労をお察しいたします。

>私は家族になって家族としての絆を築けないことに愕然としています。

 問題の方(アスペ)は配偶者なのでしょうか?
 すくなくとも、お子さんではなく大人でいらっしゃるようですね。

>JMk+Vdwo0さん、KP3iM1tu0さん、TIfOAhyW0さん、i8oU68Ka0さんの
>おっしゃることには同じようなことを感じています。

 この問題は、アスペルガー本人と深く関わった経験を持つ者と
 そうでない者との間で、認識が180度違ってくることが多々あります。
 というよりも、実際に体験した者でなければ、感覚的にアスペルガーという存在への異質感・違和感や
 真剣に彼らと向き合った後に残る虚無感・絶望感・虚脱感・絶望感を理解できる人はいないでしょう。

565 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:07:43.96 ID:T3PnQrOP0
>プロのお勉強されている方は是非大人の方も見てあげてください。
>小さいころ療育されずにいた方は、年を重ねる毎にひどくなっているように感じます。

 このスレに溢れている無理解な人たちばかりでなく
 (そのような人たちは「道徳」や「常識」を盾にあなたを批判してくるかもしれません)
 いわゆるプロと呼ばれる専門家であったとしても
 臨床の経験に乏しく(wDAHsjEV0さんのように子供のみを対象としているとか)
 専門書に書かれた机上の論理に振り回されているような人は、
 あなたの”悲鳴”を受け止めるどころか、小難しいテクニカルタームや
 教科書に書かれているような定説を振りかざして、あなたの心からの訴えを、
 専門家の立場から軽く鼻で笑い飛ばしてしまうかもしれません。

 しかし、あなたの困惑や悲鳴が人間としての心からの叫びであり苦しみの表明であることを、
 あなたと同様の体験をしたごくごく少数の者だけは、痛切に理解することができます。
 私はあなたの苦しみが、人間としての根源的なところもたらされた本質的苦しみであることを知っています。

566 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:10:18.95 ID:T3PnQrOP0
 あなたの現在の境遇について、私は知る術を持ってはおりませんが
 すくなくとも言えますことは、あなたの眼前にいる”異種生物”に対して
 (悲しい表現であるかもしれませんが、心の片隅に常にそのような認識を持っておくことが
  あなたを崩壊から守ってくれることでしょう)過剰な忍耐をなさることなく、
 かつ相手の吐く言葉に対しては、意識を過度に集中させ過ぎないようにしてください。

 そして最も重要なことは、あなたの窮状を理解することができる人間を、確保なさってください。
 その人は、もしかすると専門家ではないかもしれませんが
 あなたの人間性に信頼を置き、あなたの”訴え”の真実性を理解して
 受け止めてくれる人でさえあればいいのです。
 そのような存在が、あなたを人間性の崩壊から守ってくれることと思います。

567 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:13:24.14 ID:T3PnQrOP0
 最後に…
 これからどのような決断をなさってゆくにしても、「自分の身を守る」ということを、
 最優先に考えてすべての行動を決定するように心がけて下さい。
 
 決して自己犠牲などを思ってはいけません。
 また、そのような視点・観点から自分を責めるような愚を、絶対になさらないようにしてください。
 あなたが壊れてしまうことは、あなたの周囲すべてに不幸にもたらす結果しか招かないのですから…

568 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:17:16.04 ID:00cg0fBi0
>>560
なんで改悪されとんねんw
元のコピペは旦那の葬式で、惚れたのは葬式に来た旦那の同僚で、殺したのは息子でしょ。
その設定だから一般人が「再婚するのに息子が邪魔だから」とすんなり答えるわけで。

569 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:17:19.71 ID:nQZ1h4KeP
アスペにも「アスペ語」しか話せないガチアスペと、
日本語を話せる軽いアスペがいるんだよ。

日本語を話せるアスペは、自分のアスペの症状を自覚して努力すれば、
自ら改善出来るので、全く問題ないと思う。

問題は、「アスペ語」しか話せないガチアスペだ。

ガチアスペは周りが話してる言語もアスペ語だと思ってるし、周りの人間はガチアスペが日本語を話してると思っている。
ところが、アスペが話してるのはアスペ語で、周りの人間が話しているのは日本語なんだ。

結果、行く先々でトラブルを起こす。
しかも、本人にはその意識は全くない。

570 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:17:40.43 ID:xI+Jx+dT0
>>554
会話が成り立たないなw

571 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:19:11.47 ID:sAnT+66Y0
>>569
ほんとうに始末に終えないんだよなあ。トラブルメーカーの意識がないってのはさあ。

572 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:24:52.23 ID:zFStDnvqO
>>556
WAISだけでは確定できないけどな
認知機能障害の特徴が確認できるだけ

573 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:25:13.87 ID:5fTaje0c0
>>554
このサイトに説明がないみたいから一応書いとくけど、
50点満点で、33点以上あれば自閉症傾向ありってこと。

574 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:31:41.60 ID:bxhTYSg90
>>89
 世の中には、使える人間、役に立つ人間ってのは少ないんだよ。
有用なところを探し出すだけで、相当な苦労。

WEBNAGA 悪徳結婚相談所
 ttp://www.veoh.com/search/videos/q/nobunaga#watch%3Dv16311560Bwf6w5Ye

575 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:45:45.03 ID:w0lBQn3I0
♪In the Space〜、いいもんだ〜ね〜、愛は〜全てを超えた〜♪

576 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 10:49:59.33 ID:MGWmnFd20
後の劣悪遺伝子排除法である

577 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:02:17.04 ID:xI+Jx+dT0
普通に「突然変異体」ってことでしょ。
優劣の問題じゃないだろ。
多様性のひとつだよ、これを否定したら人類は滅びるわ。


578 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:08:03.34 ID:9bz15lZO0
>>516
人格ってものがそもそも変化する上に
主観的なものなわけで。

ある人格を見る目によって
人格障害にも発達障害にも単なるバカやイヤなヤツにも
見えるというだけ。

579 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:08:46.01 ID:xI+Jx+dT0
近年の人類は、インターネットなどの進歩で、情報の伝達と浸透速度が上がった。
人類全体を系でみると過敏になりすぎの傾向がある。
そのために、自然にコミュニケーション能力が低い人類の比率が上がって、
全体的な情報伝達率を下げて均一化しようとする、自然の働きが起こっている。

みたいな?ww


580 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:08:48.12 ID:0E3UvwqP0
>>514
行きすぎた社交的意識は対人依存症だよ
この手の人は、自分が手間をかけた分だけ相手に見返りを要求する
相手が要望に応えないようなら、徹底的に攻撃的になる
他人を自然の一部と認識するアスペルガーと相性が悪く、表向きは社交的なので病気だと気付きにくい

581 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:13:21.87 ID:+BH5yuyc0
Wikipediaの利用者:FREEZAと同じ大学に通っているがとにかく行動が異常だった。
教室の冷房を20度くらいに下げるし、学内の設備をおもちゃにするし、挙句の果てには就職課のPCでWikipediaの編集をやる始末。

582 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:15:16.41 ID:xI+Jx+dT0

おっと、さかなクンの悪口はここまでだ。


583 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:23:38.75 ID:ZBGUy3ol0
軽度知的障害ってIQテストで分からないと数問言えば
それだけで数値が低くなるから誰でも軽度知的障害になれる件。
IQテストでしか知的障害はなれないですよ。

584 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:27:16.06 ID:j9RjtAp00
少なくとも職場のガンであることは確か。

585 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:29:18.98 ID:xI+Jx+dT0
>>584
262の法則ってあってな、そのガンを排除すると、必ず同じ役割の奴が生まれる。
それは、おまいかもしれない。
できる奴だけ集めても、必ずダメな奴が生まれるのは、ホント不思議。

586 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:41:38.96 ID:YkI5Ci7j0
>>583
>軽度知的障害ってIQテストで分からないと数問言えば

もうちょっと解りやすい日本語でおながいします。

587 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:54:21.97 ID:0E3UvwqP0
>>584
A社の職場でガン的(?)な存在であっても、B社の商品を購入して生活するお客様なんです
B社の売り上げは従業員の給料となるのです
これは逆に、B社のガン的な存在の従業員が、A社の商品を購入している場合があるということです

もしもA社がガン的な従業員をクビにした場合、B社の潜在的お客様が収入がなくなり商品を購入することが出来なくなる
B社は経営が苦しくなり、B社のガン的な従業員をクビにして数字合わせを行います
駄目従業員を切った会社に残っている従業員は、今の立場を維持できますが、自らビジネスチャンスを減らす明らかに間違った選択です

経済の血の流れというものは排除した先には先細りしか残りません

588 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:57:26.81 ID:0E3UvwqP0
>>585
>人間が集団を構成すると、
>『優秀な人が2割、普通の人が6割、パッとしない人が2割』
>という構成になりやすいという法則。
>これは、優秀な人ばかりを集めてグループを作った場合も同様で、
>6割は普通に動き、2割はパッとしくなるといいます。

ttp://www.k3.dion.ne.jp/~kazu-tak/colum/262.html

これは有名ですね

589 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 11:58:29.60 ID:AanGutvI0
>>586
池沼の認定をどうやってるのか詳しくは知らないが 584 は
「故意に解答しない」とか「故意に不正解を答える」とか「故意に考えない」とか
故意にIQ試験の成績を下げるだけで知的障害の認定を受けることができるってことを書いてるのでしょう

知的障害だからといって普通に出来れば就職時に伝えなくてもバレないし
近所の人に「わたし池沼の認定受けてます」とか言わなければ怪しまれることもないし
障害年金は貰えるし色々と割引は受けられるし
ディズニーランドも半額になるかもしれん
すでに免許持っていれば知らん顔してそのまま免許更新もできるだろうし
新たな免許取得だって出来るかもしれん
収入の種になるライセンスや資格に似てるな


590 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:01:49.85 ID:AanGutvI0
>>588
蟻なんかも観察してるとそういう比率らしいね
で、よく働く2割だけ捕まえてグループを作ると結局262になってしまうのだとか

俺は真面目によく働いてたけど障害負って今はダメな2割に入ってる

591 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:02:15.71 ID:AKCeovS6O
>>577
ああ、宅間守も、小林薫も、星島貴徳も、梅川昭美も、酒鬼薔薇星斗も、宮崎勤も「突然変異体」のひとつだよ。やっぱ否定しちゃいけないよな…


592 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:04:25.52 ID:L/ghxpQy0
よく知らないけど専門家を相手に知的障害者の振りをするのって
難しいことではないの?
IQテストでも、この問題を間違っているのにここがあってるのはおかしいとか。

593 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:10:24.07 ID:L/ghxpQy0
弱者の保護なんかしてるから、劣った遺伝子が後世に伝わるんだよな。
年収1000万以下の人は子供作れないようにして、
遺伝子の優れた男がたくさん子どもを残せるように
一夫多妻制度でも作るといいよね。

594 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:15:23.16 ID:liqEzOi50
>>14
おれも年取ったな
>>14でやっと出たか

595 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:18:52.74 ID:ATssiIpNP
>>593
事実上、すでにそうなってる。
しかし同時に、階層化と固定が進むと社会全体の活力は衰え、
経済も治安も悪化してしまう。

596 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:19:11.37 ID:Ymn6CSk+0
>>592
知能検査以外で会話の中で理解や言語、動作でも判断するから
知能検査だけ意図的に下げても分かると思う


597 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:19:58.46 ID:+L0s9Lt90
>>592
そもそも知的障害者への知能テストっていうのは
「知的機能が低い」のか「そもそも問題の中身が伝わってない」のかの見極めやら何やらがあって
テストした単純な結果がそのまま本人の能力示すとは限らない、っていう大前提がある

専門知識がないと、知的障害者への知能テストなんて行えませんよ
当然意図してウソついた場合も見抜けるように出題から採点法から全部考慮されてる

598 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:24:52.90 ID:L/ghxpQy0
>>595
貧乏人の子どもがいないのに、階層化・固定化は進むかな。

599 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:28:23.56 ID:jynR0Rxh0
>>593
良い遺伝子だけを残そうとすると人類が滅ぶうんたらかんたら

600 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:29:43.54 ID:G7i3PcRK0
>>593
その中でも262の法則が発動するわけだが

601 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:30:45.93 ID:L/ghxpQy0
>>599
野生の猿山は、ボスしか子作りしないし
ボスが交代したら前のボスの子供は
皆殺しにされるとか言うじゃない。

602 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:32:28.09 ID:k0m+aPYgO
>>593
それは今の時代しか見てないから出てくる発想だな
世の中の大半は少し前まで小作人ど、高所得者はそこから搾取して生きていた
小作人をなくしたら搾取できなくなるし、
今の時代の年収1000万のうちには小作人が先祖の人もいるだろう
今も構造は変わらないけどわかりにくくなったんだけ
もう少しよく考えたら?

603 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:36:08.28 ID:2mksZlMY0
後の劣悪遺伝子排除法である。

604 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:39:59.08 ID:L/ghxpQy0
>>600
劣った遺伝子が排除されていって、人類全体の遺伝子がブラッシュアップされていくんじゃない?
植物の品種改良みたいに。

>>602
なんで小作人がいなくなるって考えているのか分からないけど
現行の社会システムにさっき言ったような制度をくっつければ
そりゃ上手くいかないけど、バランスとることはできるでしょうよ。

あと、弱者保護の動きが高まっているのは、とくにここ何十年かのことだと思うけれど
人類全体から見れば本当に正しいことなのか一考する価値はあると思う。

605 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:42:17.25 ID:9bz15lZO0
>>593
仮に社交的な人ばかりになったとすると
工場の労働者が茶飲み話ばかりするようになったりは
しないのか

606 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:43:52.73 ID:+L0s9Lt90
>>604
あのー、人権思想の概念ってここ何十年どころの話じゃないんですけど

607 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:45:15.11 ID:L/ghxpQy0
>>606
それは承知してるんだけど、とくに高まってるのはここ何十年かじゃないかと思うんだよね。
ソースはないがね。

608 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:49:10.22 ID:9bz15lZO0
>>607
劣った遺伝子というが、その基準は何なんだ?
遺伝子ってそんなに都合よく排除できるのかねえ?

609 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:51:49.10 ID:k0m+aPYgO
>>602
世の中が年収1000万の小作人ばかりになるとしたら
それはもはやジンバブエ
今の社会を維持するには残念だがある程度の格差はないといけない

それから、その年収1000万という基準はあまり振りかざさないほうがよい
もう少し年をとればいかに恥ずかしいことを言っているかわかる
とはいえ、私もまだそんなに年をとっているわけではないが…

610 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:53:54.72 ID:H/jEMfWH0
>>537
> 深く関わったことのない方には、ご理解いただけないかと思いますが、
> 私は家族になって家族としての絆を築けないことに愕然としています。

>>564
>  この問題は、アスペルガー本人と深く関わった経験を持つ者と
>  そうでない者との間で、認識が180度違ってくることが多々あります。
>  というよりも、実際に体験した者でなければ、感覚的にアスペルガーという存在への異質感・違和感や
>  真剣に彼らと向き合った後に残る虚無感・絶望感・虚脱感・絶望感を理解できる人はいないでしょう。

>>565
>  しかし、あなたの困惑や悲鳴が人間としての心からの叫びであり苦しみの表明であることを、
>  あなたと同様の体験をしたごくごく少数の者だけは、痛切に理解することができます。
>  私はあなたの苦しみが、人間としての根源的なところもたらされた本質的苦しみであることを知っています。

>>545
> >アスペの被害者は被害者じゃなく、アスペが被害者ってことになってるからね。
> >アスペの被害者も救済しないのはものすごく片手落ちだと思うなー
> これ、すごい名言ですね。 とても重要なことを言ってます。

>>439
> 逆に言えば、アスペルガーというものは机上の知識だけではなく
> 彼らアスペの存在としての異質感・違和感や 彼らに感情を注ぎ込んだ時に感じる虚無感を身をもって体験しなくては
> その本質を理解できない質のものなのだと思います。



たとえ専門医であっても、アスペの被害がどのようなものかが、「感覚」としてわかっている人は非常に少ないだろうと思う。
アスペのレスが、いつも罵倒でうめつくされるのは、この「経験」の有無が大きいね。
上で言われてることが、理解できる人が専門家にもどれくらいいることか・・・・。
きれい事を言う人も、実際のアスペに 「深く」 関わってみるとたぶん言うことが変わるだろうなー。
アスペについて、互いに不幸にならんようにするには、社会がアスペに正面から向かうことが必要だよ。

611 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:55:38.74 ID:ZBGUy3ol0
>>586
精神科などの機関でIQテスト(成人ならば田中式を受ける事になるのかな)を受ける中で
分からない問題が多ければ多いほど数値が低くなるなら軽度知的障害になれる件。
あんなペーパーテストで誰でも軽度知的障害になりうる事が出来るんだよ。
逆に沢山の病院で何回もIQテストを受ければ段々傾向と対策がしやすくなるので
その気になれば知的障害者じゃなくなる。数値が徐々にあがっていけばね。
ちなみに私も数値が低くて軽度知的障害と出たんですよ。


612 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:56:50.32 ID:k0m+aPYgO
間違えた
>>609>>604へのレス

613 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 12:59:10.19 ID:AKCeovS6O
>>503>>604
ちょっとばかしペーパーテストが解けるモヤシっ子の遺伝子よりも
粗食でも遣い減りせずによく働く小作人の遺伝子のほうが社会にとって有益。

614 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:02:29.91 ID:L/ghxpQy0
>>609
年収1000万以下は死刑とか言ってるわけじゃないよ。
親が年収1000万なら子どもも年収1000万って考えてるのかな。

1000万ていう数字は、他の人の反応が見てみたくて大きめに言ったんだけどね。
特にこだわっているわけではない。

615 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:02:41.99 ID:9bz15lZO0
このテのスレを覗いて見ると
自分は定型発達なんだと思っているアスペが
自分の気に入らない・理解できない相手を
アスペ呼ばわりして叩いているのじゃないかと思えるレスがチラホラ。

連中が言う「アスペ」を基準に考えれば、だが。

616 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:06:17.89 ID:T3PnQrOP0
>>516
>人格障害とかADHDとか、極めつけはサイコパス的な要素まで
>全部アスペルガーに定義付けてしまってる人がいる

 大人のアスペルガー障害者が抱える問題は極めて複雑です。
 アスペルガーの大人例が抱える問題が、境界性人格障害(BPD)、
 統合失調症(旧:精神分裂病)と共通している部分が多いからです。

 ttp://think21.web.fc2.com/asperger/index.htm(大人のアスペルガー症候群)

 ↑このサイトの『サイコパス型アスペルガー(サイコパス合併型アスペルガー)』
 についての記述は必見です。是非ご一読を。

617 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:07:14.76 ID:Wnoi8Hbu0
コピーミスでも一枚10円です

618 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:07:22.81 ID:ZBGUy3ol0
軽度知的障害や軽度発達障害や軽度○○障害とレッテル貼られても
自尊心低下するだけで何もする気が起こらない人はいっぱいいる
なんかもう生活保護でいいやと自暴自棄になっちゃう人も今までみてきたし
自傷行為にはしる人もいた


619 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:09:50.50 ID:jxYgs5uE0
>>618
> 軽度知的障害や軽度発達障害や軽度○○障害とレッテル貼られても
> 自尊心低下するだけで何もする気が起こらない人はいっぱいいる

その人たち、実は心の奥底では、障害者に対して偏見を抱いているんじゃないかなぁ、と思った。
あれほど嫌ってた連中の仲間にまさか自分が入るとは・・・って。


620 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:11:11.19 ID:+L0s9Lt90
>>619
「知的障害者」ってレッテル貼られたらその時点で実質人生終わるもの。 この国じゃ。



621 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:11:14.91 ID:0chO+Crk0
>>309
>アスペの被害者は被害者じゃなく、アスペが被害者ってことになってるからね。
>アスペの被害者も救済しないのはものすごく片手落ちだと思うなー

「片手落ち」は差別語ですよ!!

622 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:11:47.09 ID:xI+Jx+dT0
>>607
その劣った遺伝子とやらの人間が、東大や早稲田、慶応に行っているわけだが
劣っているのは君の方じゃないのか?w

623 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:13:20.15 ID:+BH5yuyc0
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1437680759
こいつ自閉症じゃないの?

624 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:13:56.19 ID:xI+Jx+dT0
>>607
「多様性」というのを少し考えてみたらよいよ。

625 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:16:01.27 ID:jxYgs5uE0
>>620
> >>619
> 「知的障害者」ってレッテル貼られたらその時点で実質人生終わる

本当はそういうことではいけないと思うんだがなぁ。
障害者なんて、どんなに医学が発達しようが一定の割合で生まれてしまうものだから、
彼らが安心して生活できるような社会にしないといけないと思うんだけど。
>
>


626 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:16:54.11 ID:jrv4/ixN0
キーワード:トマト
検索方法:マルチワード(OR)

92 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/06/10(木) 12:59:06.89 ID:xFVXm6qy0
トマト一発

542 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/06/13(日) 03:33:09.08 ID:mt6jc9HW0
【レス抽出】
対象スレ:【社会】自閉症スペクトラム…複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性
キーワード:トマトイッパツ



627 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:18:23.63 ID:aN9kviYUO
>>619
だから違いを認めないし病院池っても行かないし。
普通じゃないんだから、違う人生もあるってのに頑なに普通を求めるし。

628 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:19:33.77 ID:L/ghxpQy0
>>622
東大や早稲田、慶応行ったからって優れた人間というわけでもないと思うよ。

ただ、弱者は保護せず、劣った遺伝子を後世に残さないというのは無意義ではないと思う。
人間以外の動物はこのあたりはどうなんでしょうかね。

629 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:21:34.84 ID:xI+Jx+dT0
>>628
さかなクンは、優れてない?

630 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:21:38.25 ID:ZBGUy3ol0
>>619
その一方でレッテル貼られてから
障害者手帳や年金や生活保護を受けて当然
支援クレクレ房も発生する者もちらほらいるんだよ

○ああ、まさか自分が・・・死にたい・・・系に走るもの
○支援クレクレ 障害者なんだから当然だろ系
○別に何いわれても気にしない、自分は自分なんだから!系



631 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:21:38.59 ID:wWMHd8eLO
2ちゃんで煽ってる奴はパンピーよりも遥かに高い確率で隠れた精神障害者だろうな
俺もそうかな。でも生きてやんよwww死ぬくらいなら他人蹴落としてでも、犯罪犯しても生きてやんよ!

632 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:22:32.59 ID:jxYgs5uE0
>>627
本当はそこまで行く実力がないのに、「派遣、バイトはNG、就職するなら一流企業の正社員でないとダメ」と、
どっかのスレで書き込んでる連中を思い出したw

633 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:23:45.79 ID:xI+Jx+dT0
>>628
だから、「生物の多様性」っていうのを、考えてみな。

簡単に言うと、「こんなこともあろうかと思って」が多様性だよ。

634 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:24:27.44 ID:+9Dd/tfTO
高機能自閉やアスペに関しては、ある程度早期に対応すれば予後がいい結果も出てきてる。

レッテルはりってことじゃなく、前向きな障害理解が必要かなとは思うよ。

635 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:24:36.73 ID:AKCeovS6O
>>622
日本が高度経済成長を成し遂げたのは、中卒の金の卵が都会に集団就職していた
時代であって、大学進学率が5割を超した現代じゃないんだよ。

それに日本がロシアに勝利した「偉大なる明治」だって、この国がまだ農村社会だった頃の話だ。

636 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:24:38.38 ID:ZBGUy3ol0
>>627
でも、はたからみたら普通なんだよ
軽度知的障害の人は(自分も含む)たぶん、経済的自立が難しい人じゃない?
ずっと正社員になったことがないとかさ

普通の知的障害者の人が通う作業所かなんかはレベルが低すぎてストレスがたまるが
普通の正社員レベルの仕事は逆にレベルが高すぎなグレイゾーンな人達だよ

自分で違いを認めて自分は○○障害だからこれは出来るけどこれは出来ないんだっていえば
そんなの甘えだろ、自己責任房と対立してしまうんだよ


637 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:27:15.04 ID:ZBGUy3ol0
>>632
いや、違うと思うね

派遣、バイトは出来るけれど正社員は無理・・
将来どうしよう・・・ずっと非正規のままじゃ経済的に自立出来ないと悩んでる
軽度発達障害や知的障害者、軽度精神障害者は多い
しかし、軽度の仲間にさえ入れさせて貰えない、支援受けられない人もいるからな
軽度○○障害といわれて支援受けたくても医者が阻止するものもいるし
(つまり手帳貰えるようにしてくれないとかね)


638 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:27:59.16 ID:n5BmvlFi0
じゃぁやっぱり自閉症は遺伝するってことだね。

639 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:28:02.88 ID:xI+Jx+dT0
>>613
すべての遺伝子が、社会にとって有益。
それが多様性。

640 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:29:30.81 ID:H/jEMfWH0
>>437
>  彼らに絶対に与えてはならないのは、道徳の教科書や宗教書の類。
>  彼らは、そのような書物を自らが主人公のRPGのテキストブックとして利用しはじめます…

>>450
>  その種のアスペは、聖書、法律書、道徳書を 人間理解の手引書や、現実世界のRPGのルールブック
> として利用するが、のめりこみ方が半端じゃなく、必ず意味を取り違えた独自の論理で、それらを理解する。
>   ”情熱的な努力家”に映るから、その姿に騙された人は、アスペの実験のオモチャにされ…
>  聖書を読んだアスペは、対人間に関して過剰な自身を抱き、積極的に人と関わろうと試みます

>>459
>  仏教僧で、その種の人たちと深く関わった者。理系修士だったので、この分野は非専門。
>  宗教には精神・脳障害が訪れるが、 聖職者も自閉傾向の人が一定比率で 含まれている。

キリスト系神職の方とのやりとりで、キリスト教の独善性の話から、アスペの話に発展して、
そこから、仏教の2種類の解脱について、話が発展したことがあった。

大乗仏教の協同体すべてを救済する仏の悟りと、小乗仏教の独覚、声聞という個人だけの悟り。
このときに、宗教というルールブックは鉄道と同じで、ある割合で、アスペを惹きよせ、
そのある割合のアスペが構築した悟りの論理構造が独覚・声聞という悟りの形態を開いたんじゃね?
こういう話をしたのを思い出した。

コミュを否定した小乗仏教が、仏教にも、高学歴というか、学力のあるアスペがいたことの痕跡であると思ったなー。
そのときには、キリスト教も仏教も、善悪をキッチリ分けるルールブックであるという話からの発展だった。

つまり、日本の島国農耕の古代信仰には神様が善悪を決める考えはなかったのに、
大陸系、略奪放牧系の宗教にはなぜあれほどまでに聖書という判例集までつくって、
善悪をキッチリ決める必要があったのかということと、日本に善悪二元化宗教はなぜ定着しないか・・・。
そんな話から発展した。

641 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:30:20.16 ID:xI+Jx+dT0
>>638
両親のどちらかがアスペの子は、わりと高い確率でアスペだったりする。
でも、祖母がアスペで、孫がADDもいたな。


642 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:34:16.98 ID:L/ghxpQy0
>>629
さかなクンのことはよく知らないから何とも言えないが、子どもに劣った遺伝子を残す可能性が高いなら
子どもを作らせるべきじゃないのかもしれないね。

>>633
「生物の多様性」も大事ってのは分かるけどなぁ、本来されるべきでない弱者保護が行われているせいで
人類全体の遺伝子が劣化していくと言う可能性も考えてもいいと思う。

643 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:37:18.88 ID:xI+Jx+dT0
>>642
アインシュタインも、さかなクンも、みんな劣っているというんだねw
だいぶ、なんだなwww
優劣でいうと、後者の方の脳みその様子だなww

644 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:40:42.56 ID:xI+Jx+dT0
>>642
>本来されるべきでない弱者保護が行われている
本来されるべきなんだよ。人類が生き残るために。
これは必要なこと。

「こんなこともあろうかと思って」のひとつだと思うぞ。

645 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:41:19.25 ID:ft/BGxZ60
どうでもいいがアスペかそうでないかと優秀かどうかは関係ないよな。
東大生の中にも同じ割合でアスペがいたというだけ

646 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:43:06.92 ID:jxYgs5uE0
生物の多様性なんぞ考えなくて良いと言う連中は、おそらく心の奥底に
「あんな粗悪品、不良品が大切にされてるせいで、俺が損をしてる、大切にされなくなっている!」という考えがあると思う。

647 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:45:23.53 ID:ZBGUy3ol0
これから、どんどん20代30代とこのまま正社員になれない非正規の中から
発達障害者やら軽度知的障害者やらレッテル貼られる人が多くなっていくだろう


648 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:48:36.31 ID:xI+Jx+dT0
>>646
たぶんそうだろうね
それを排除したら、まさに262の法則で今度は自分の番なのになw
そもそも、優劣というもの自体をわかってないよな。

649 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:52:23.09 ID:xI+Jx+dT0
>>647
そうなると、今度は、企業が一定の割合でそういう人間を雇用する義務を負わされる。
あるいは、自閉症スペクトラム適応訓練プログラムとかね、それがまた雇用を生んだりする。
何かがあればそれが需要になる。それが社会。


650 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:55:20.95 ID:H/jEMfWH0
>>639
> すべての遺伝子が、社会にとって有益。 それが多様性。

>>642
> 「生物の多様性」も大事ってのは分かるけどなぁ、本来されるべきでない弱者保護が行われているせいで
> 人類全体の遺伝子が劣化していくと言う可能性も考えてもいいと思う。


「遺伝子多様性の生物としての健全度」 が問題だよね。

たとえば、世界人類を混血して地球国歌をつくることは、遺伝子の画一化を招き、生物としては危険。
人類は平等である、世界人類は一つになるべきと言うのは生物としては健全じゃーない。
遺伝子プールの多様性はブランチのある部分で残しておくことがその生物の選択肢を保つことになる。
だから、ユダヤ系の覇権主義である世界混血運動はあまり賛成できないし、中国の混血政策も疑問。

アスペの遺伝子等の現在時点で、障害とされてる遺伝子は果たして本当に「障害」なのか?
これは社会形態が異なると、全く違った評価になる気がしている。
カオスのアナーキーな社会構造ではアスペ方式の人間が威力を発揮する。
戦争時の軍隊のように、ルールに従って、感情抜きにして、パワーで相手と白黒つける。
覇権国家、王侯支配国家で、貴族として民衆のうるさい要求を無視できる能力で民衆を支配する。
こういうのはアスペは得意だと思うよ。

ただ、今の文明の方向はアスペにはつらい部分もあるだろうね。
しかし、一方では個人情報保護、高福祉社会、個人主義指向のマスコミ、法曹界の独善性からしたら、
アスペにはいいだろうね。

だから、アスペはアスペ人で、人種としてもっとオープンに認めれば良いだけだと思う。
しかし、今のように隠していたら定型、アスペの両方とも不幸。
もっとオープンに、前向きにすれば、アスペは社会での 「適切な居場所」 に落ち着けるはず。

651 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:56:48.79 ID:L/ghxpQy0
>>644
生存に適応した個体を残すのは自然なことだと思う。
人間以外の生物で弱者保護をしている生物はあるのかな。
そういう生物がいないとしても、種の保存のために弱者保護が
必要かどうかと言うことには直結しないけれど気にはなる。

652 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:57:57.91 ID:+L0s9Lt90
>>650
「適切な居場所」にたどり着くまでに何世代かかるやら……
その間アスペに生まれたことで人生棒に振ることを強制される人々が万のオーダーで出るんだったら
そりゃあ誰だって社会の中で障害かくして生きることを選ぶだろうよ

653 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 13:58:59.46 ID:nQZ1h4KeP
>>645
高学歴にアスペ多いよ。

アスペはIQに関係なく一定の割合いるが、
同レベルのIQだと、アスペの方が受験戦争に強いって事だと思う。

暗記型ペーパーテストはアスペが最も得意とする分野だからね。

654 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:01:04.06 ID:ft/BGxZ60
最近は自閉症と言わずにアスペルガーと自称してる場合が多いな。
それはつまり「俺は本来の能力は高いけど、自閉症というハンデのために認められてないだけ」
と言いたいだけなんじゃないかと思う。。
だがほとんどのケースは平々凡々な能力の人が自閉症なだけというのが実態だろう。

655 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:02:01.32 ID:bdupDzvl0
人は神ではない

656 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:04:35.17 ID:ft/BGxZ60
後最近は高学歴でありつつも単に就職に失敗しただけの人が
「アスペルガー」という癒しの言葉に飛びついてるケースも多い気がする。

657 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:05:18.92 ID:xI+Jx+dT0
>>650
>もっとオープンに、前向きにすれば、アスペは社会での 「適切な居場所」 に落ち着けるはず。
まったくそう思う

>>651
多様性を持たない種は滅びていると思う。
発現しなくても、環境が整うとその特性が現れる例は、バクテリアを含むすべての生命がそうだろうね。
常にある法則(たぶん複雑系のような)で、突然変異体があらわれて、生き延びるチャンスに備えているんだと思う。

>>653
>暗記型ペーパーテストはアスペが最も得意とする分野だからね。
まったくそうだね。年号をなんの語呂合わせもなく、苦も無く暗唱できるのを見てぶっ飛んだわw



658 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:07:29.33 ID:xI+Jx+dT0

さかなクンなんて、彼が知らない魚は新種だとまで言われているからな
でも、話し方をみると、典型的なアスペw
日本の宝だと思うわ。

659 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:08:31.79 ID:KL4f09BR0
朝方思いついてたの今思い出した。

巷で誰にでも股を開く女とか
軽い女に思われたくないなど
昔はうまく表現してたな。

ブログ読んでると自閉のない女性は人生楽勝だ。
お気楽。

660 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:09:53.21 ID:jxYgs5uE0
>>656
> 後最近は高学歴でありつつも単に就職に失敗しただけの人が
> 「アスペルガー」という癒しの言葉に飛びついてるケースも多い気がする。

今まで必死に頑張ったのに、何かの理由でそれが報われないとくれば、そうならざるを得ないよな。


661 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:10:41.58 ID:BMxt3GGA0
狼の群れには序列と役割があって、序列最下位の奴は「いじめられ係」だそうだ。
食事のありつけるのも最後の食い残し、みんなのストレス発散にいじめられる。ミソっかす扱い。
でも、その最下位のヤツが外敵に襲われて死んでしまうと
仲間全員がものすごい悲しみに暮れて何日も落ち込んでしまう。

なぜ悲しむのか具体的に解説は無かったんだけど、仲間として大切には思っていたのか?
残ったヤツからまたいじめられ役にまわらないといけないのがでてくるんだけど、
それをびびる必要があるのは序列の下の方のヤツだけなので、
仲間全員で悲しむ必要は無いはずだけど、みんな泣くんだよね。
人間の仲間内にもこういう現象はあると思うけど、
何事も行き過ぎるのが人間かしら。徹底的ないじめとか。


662 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:11:15.13 ID:xI+Jx+dT0
世界の、さかなクンwww
ttp://www.youtube.com/watch?v=pdJRY8Mv0kU

663 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:11:36.61 ID:7jVdCcTcO
コミュニケーション能力がないキモ男なだけなのに

「そうか俺ってアスペだったんだ!
アスペ差別反対!
定型(リア充)ども市ね!
世間はアスペで可哀相な俺を受け入れろ!」

便利な言葉できちゃったもんですね

664 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:11:43.23 ID:k0m+aPYgO
>>614
そういう意味ではないよ
もう少し税金の勉強でもしてみれば、そういう発想にならないということ
全力で不勉強さ又は若さ故の学習時間の少なさをアピールしているようだからさ

665 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:14:08.30 ID:ft/BGxZ60
>>663
そういうこと。鬱と一緒で「便利な言葉」になっちゃったんだよね。
そして本当の鬱やアスペルガーの患者が割を食ってる。


666 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:17:01.49 ID:BMxt3GGA0
>>653
必ずしもそうとも限らないよ。
総合IQが高くても、どの項目のIQが高いか低いかによるとも思うし、
社会にすり合わせることにエネルギーを費やして(浪費して)たりするから、
いくらか高いIQをもってやっと普通程度、というケースもあるみたい。

667 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:17:42.60 ID:xI+Jx+dT0
>>661
サケ科の魚で、海へ降りて帰ってくるものと、陸に残るものがあるよね
陸に残るものは、小型である意味劣っている。
海に降りるものは銀化して、大型になっている。
もし台風や洪水などで、河に落差ができて遡上できなくても、陸にとどまったものが遺伝子を残すことができる。
しかもすごいのは、海から帰ってくるものは、種類によって
決まった年を経て戻るが、迷うもの。
必ずその河に戻るが、いつ戻るかはさだまっていないもの。
があると言われている。
これも種の多様性、生き残り戦略の一つだよな。

668 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:20:49.95 ID:9bz15lZO0
>>650
>カオスのアナーキーな社会構造では

アスペってのは社会主義指向なんじゃねえの?
もっとも社会を作る事と適応できるかどうかは別だが。

しかもそのすぐ下で書いてることと矛盾してないか。
それはどう考えてもカオスでアナーキーではない。
統制国家だ。

669 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:23:26.96 ID:k0m+aPYgO
>>663
この間ものすごく美形なのだが、女性経験以前に
同世代の女性の友達が全くいないっぽい青年と知り合いになったが
話してみると納得の超アスペ こちらは耐性があるから適当に流せたが…
一般的には、見た目はいいに越したことはないだろうが、
アスペはむしろ不細工の方がいいかもしれん…

670 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:28:55.90 ID:xI+Jx+dT0
>>669
アスペの子供は、たいていクリクリ目で可愛いな。
ただ、ビー玉みたいな目玉で、目線を合わせないがw


671 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:32:35.15 ID:L/ghxpQy0
>>664
私には、まず664がどういう考えなのか分からないので
筋が通っているのかいないのかすら判断出来ないよ。

672 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:32:55.65 ID:TboFjC9+0
>>593
「貧乏人の子だくさん」というのは昔から言われていたことで、
貧乏人の子供のほうが劣悪な環境下で一定数が淘汰されるぶん、案外丈夫なのかもしれんよ。

673 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:36:36.59 ID:68QcB0970
>自閉症スペクトラムは、他者とのコミュニケーションや社会性の発達に遅れが見られる。
>自閉症のほか、知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」なども含み、
>症状の多様さから「スペクトラム(連続体)」と呼ばれる。

まさに誤解を生むためのわかったようでわかっていない説明だな
変態らしいやり口
これ真に受けちゃう低知能が読者層なんだろうし

674 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:38:12.22 ID:xI+Jx+dT0
>>673
素人向けの言葉じゃないからね。
変態というなら、「大うつ病」と訳した奴も責めるべきww

675 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:39:18.07 ID:H/jEMfWH0
>>652
> 「適切な居場所」にたどり着くまでに何世代かかるやら……
> その間アスペに生まれたことで人生棒に振ることを強制される人々が万のオーダーで出るんだったら
> そりゃあ誰だって社会の中で障害かくして生きることを選ぶだろうよ

アスペ人と定型人の区別なんか存在しないからね。
そこに線を引くことををすると、ややこしい人権屋のクズがタカリ始める。
前の方でも言ったけれど、共感レベル、社会性レベルみたいなレベル評価にするべきじゃね?
共感レベルが1の人は裏方専門職、3の人は一般専門職、7以上は管理職とかさ。

定型人ってひとくくりに言うけど、さらに分類すれば、コミュが一方通行な職業にはひどいのいるし。
公務員、教師、医師、弁護士、マスコミ等々の中には後天的自閉症かよとか思うようなのがたまにいる。

ただね、アスペは前向きに対処して、早期に診断して、早期に専用の教育プログラムを受けるべき。
療育という言い方は差別的で、且つ、アスペサイドだけなので、アスペ・定型両者に教育すべきだよ。
なにも教育されないで、いきなり社会に出てアスペでしたという人と、その周囲の定型が一番不幸。
重要なのは、アスペを知らないで社会に出る定型の教育も放置しては方手落ちってところ。

雇用してつかえなくてクビを繰り返すより、オープンにしたほうがまだいいんじゃないのかな?

676 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:40:41.28 ID:68QcB0970
これが玄人向けの文言とも思えないが…
それに新聞は大衆への伝達と解説を旨とすべきものだ

677 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:42:15.87 ID:fYuGpoR60
ガイシュツの診断44点だった件について

でも人の誕生日は人に興味が無いから覚えられないな

678 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:42:54.16 ID:xI+Jx+dT0
>>675
>ただね、アスペは前向きに対処して、早期に診断して、早期に専用の教育プログラムを受けるべき。
親がね、「普通の子と同じように」って言うんだよな。
ウソのようだが、聞いている音も、感じているものも、見えているものさえ、みんなとは違うんだよな。

それを、普通の学級で授業を受けさせるのは「虐待」以外のなにものでもないと思うわ。
魚を陸で飼うようなもんだと思う。


679 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:45:13.87 ID:xI+Jx+dT0
>>676
そんなに難しいことは言っていないと思うぞ、大丈夫か?
頭が悪いだけなら心配しないが、もし言葉が抜けていくようなら、マイクロ脳梗塞とか、あるかもな。
ご自愛くだされ。

680 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:46:59.83 ID:T3PnQrOP0
サイコパス型アスペルガー(サイコパス合併型アスペルガー)
自閉症スペクトラムと人格障害

問題の中心にいる人物が、果たして自閉症スペクトラムなのか人格障害なのか迷うことがあります。

私が病院で面接や検査をした患者さんの中にも、 虚言癖(平気でうそをつくが、決して認めない) があり、
家族や周囲の人間を巻き込み思うように操作している人や (※ 人格障害の場合の人間操作)、
社会的な逸脱行為がありながら全く認めようとしない人など、対応の極めて難しい強者がいました。

自閉症スペクトラムがサイコパスに合併していると、従来の視野の狭さや
思考の硬直性のような自閉症の特徴が人格の偏りにさらに拍車をかけることになります。
とりわけアスペルガー症候群で社会性などの障害が軽度な場合、
人格の偏りはしばしば見過ごされ、彼らの持つ冷酷でぞっとするような一面を知る人物は、
かなり限られてくることになるでしょう。

681 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:48:32.89 ID:H/jEMfWH0
>>668
> >>650
> >カオスのアナーキーな社会構造では
>
>  アスペってのは社会主義指向なんじゃねえの?
>  もっとも社会を作る事と適応できるかどうかは別だが。

先のフレーズ言ってるのは、アスペは障害じゃなく、
人間の遺伝子多様性の一部になっているという例。
でもって、アスペが社会主義に見えるのは、聖書と同じで理論的なルールブックだから。
そのルールブックが現実と剥離していることは問題じゃないんだよね。
一部のアスペ傾向の人が鉄道に惹かれるようなもんじゃね?


>  しかもそのすぐ下で書いてることと矛盾してないか。
>  それはどう考えてもカオスでアナーキーではない。 統制国家だ。

後のフレーズは、人間が共同体で、社会生活をする、常時発情型の生物である以上、
現実の共同体社会でアスペが生きていくためには、前向きな管理社会が必要ってこと。
アスペ主体の社会にすべきとかいってるわけじゃないよー。

682 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:48:46.46 ID:68QcB0970
>>679
ああ、君は>>1の説明を真に受けている低知能君なわけか
哀れ

683 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:50:30.62 ID:xI+Jx+dT0
>>680
ベンチャーの社長とか、この手がいるね。
魅力的だから始末が悪い。

>>682
褒めてくれて、ありがとうw


684 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:50:46.43 ID:ATssiIpNP
>>601
だから野生の猿は数が減ってるワケだよ

685 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:51:48.03 ID:T3PnQrOP0
いじめの中心人物の中に、ハラスメントやDV加害者の中に、犯罪に手を染める人たちの中に、
確かにこのカテゴリーにあてはまる人たちが少なからずいるはずです。

彼らはほぼ、自分が何をやっているのか全く分かっていません。
また第三者から指摘されても他人事と受け止めて流すか、逆ギレするかのどちらかです。
社会的な逸脱行為に対しても、現状では矯正は不可能と言われています。
境界性人格障害にある程度効果があると言われている、弁証的行動療法も、
合併例ではほとんど歯がたちません。

さらに問題なのは、自閉症圏と人格障害が合併すると、自発的に相談機関や病院を訪れることはまずありません。
何よりも、彼らによってトラウマを負った人たちの援助が急務であり、
バラバラになった人間関係を再構築することにエネルギーを注ぐだけで精一杯なのです。

686 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:53:41.44 ID:xI+Jx+dT0
>>685
>何よりも、彼らによってトラウマを負った人たちの援助が急務であり、
基本的に、人格障害は、治療の対象じゃなくて、その被害者が治療の対象だからね。

687 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:54:25.58 ID:T3PnQrOP0
身近にそういう人がいることに気づいたら、打つ手は一つしかありません。
彼らに対してできることはして、あとは関係を絶つか極力関係を持たないようにすることです。

多くの自閉症圏の当事者は人間関係に巻き込まれることはあっても、
巻き込むことは決してありませんし、とても真っ直ぐでたくさんのよい性質を持っています。
サイコパスを合併しているのは、ごく一部なのです。
しかしこの一部の人たちが、社会に与えるマイナスの影響は予想以上に甚大で深刻なのです。

自閉症スペクトラムと人格障害
(Silent Voices:Sanaのカウンセラー日記)

大人のアスペルガー症候群
ttp://think21.web.fc2.com/asperger/index.htm

688 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:54:31.62 ID:GavWQuY9O
発達万歳

689 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:56:32.19 ID:H/jEMfWH0
>>678
> >ただね、アスペは前向きに対処して、早期に診断して、早期に専用の教育プログラムを受けるべき。

> 親がね、「普通の子と同じように」って言うんだよな。
> ウソのようだが、聞いている音も、感じているものも、見えているものさえ、みんなとは違うんだよな。
> それを、普通の学級で授業を受けさせるのは「虐待」以外のなにものでもないと思うわ。
> 魚を陸で飼うようなもんだと思う。

それって、子供のためじゃなくて、親が幸せになるためなんだよなー。
とってもアスペ的だけど、社会を勝ち負けとか、学歴、身分で評価しちゃうんだよね。
モンスターと言われる方々も、たぶん、親がアスペ傾向が高いんだろうね。

仮に、アスペの子を受け入れるなら、イジメも、けんかも、怒鳴りあい、多少の暴力もアリならいいけどね。
昔は学校の生徒たちが、イジメという教育でアスペ傾向のある人をある意味で、実践教育できた。
どちらにしろ、社会に出たら、違和感からいじめられるなら、学校で無料でいじめられて違和感をなくす
訓練をした方がよっぽど実際的で、社会に出るまでにはある程度学ぶことができたのにね。

でも、今は、イジメもダメ、体罰もダメ、怒鳴り散らして怒るのもダメ。
どうやって、アスペの子にいけないことだってわかってもらうのってことになるよね。
怒れば、なにかいけないことをしたんだっってアスペの子にわかってもらう一番のやり方なのにね。

コミュニケーションは苦手だろうけど、怒ってあげることはアスペ側からもよくわかるから、
怒ってあげることはアスペにとっては立派な教育なのにね。
社会人になったら、本気で怒ってくれる親切な人なんか希少だよ。

690 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:58:30.75 ID:0DX5QFmtP
トランペット回しちゃうぞ

691 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 14:59:31.79 ID:k0m+aPYgO
>>671
選民思想を語るには、まず自らがそれを語れる資格があるか考えないといけない
社会的地位だけでなく、現代社会の構造や思想・文化くらいの理解は必要…
それも国内外いずれもね

あなたにはこれらが足りないようなので、その主張を続けるには
もう少し勉強しないと恥をかきつづけると言いたいだけです
現在ここは敗戦国というところからまず学ぶべきかと

そうそう、金や力がある人は、その源泉がわかっているから選民思想など語りません

692 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:00:49.30 ID:ZN3/UUIN0

俺もアスペだって専門家から言われた。
ただし、重度では無いらしい。
でも、職場では孤立して、友達も居ない
同級生は結婚して、取り残されている感じ。
学校も、小学校以来、ずっと苛められて
集団から、はぶられてきた。

今日も暇で仕方が無い。
どうしたら良いんだ?

道を教えてくれ。頼む。

693 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:01:10.90 ID:xI+Jx+dT0
>>689
>怒ってあげることはアスペにとっては立派な教育なのにね。
ルール作りね、まったくそう思う。
知り合いの人の学校の子が、アスペなんだが、超ウルトラスペシャル過保護で、
ちょっときつく言うと、

子どもが(小学生低学年!)「トラウマになるからやめて下さい!」って言う。

親がマニュアルを読み違えてとんでもない教育をしているらしい。



694 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:02:03.08 ID:+L0s9Lt90
>>689
自閉の子に罰は逆効果ですよ
自傷・他傷が増加するようになるだけ

常人は怒られたときに「何故怒られたのか」と考える能力を持ち
怒るようなことをした自分が悪いから、だから次からやらないようにしよう、と考える
自閉の子はそもそも「何故怒られたのか」と考える能力がない
だからヘタこいたら「それが人として自然な行動だ」と認識してしまうし
そうなれば自身の精神負担を自傷・他傷行為で発散しようとする

695 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:03:58.87 ID:+L0s9Lt90
>>693
っていうかその親の思考の根本がおかしい
専門療育受けられない場所にアスペとわかってる子を通わせること自体が既に重大な虐待

専門の療育機関なら「トラウマにならない指導の仕方」をちゃんとやってる
そういうところから子供を遠ざける理由って概して自分の見栄だけなのよねえ

696 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:07:05.49 ID:xI+Jx+dT0
>>692
本屋に行くと、アスペの本があるから読んだらいい。
アスペはよく「オレ様ルール」って言われるが、
基本的に、「ルール作り」になるとおもう。
適応訓練すれば、大丈夫。

>>694
確かに、なにで怒られているかがわからないのがアスペだね
怒ると言っても、ルールを明確にするってことじゃないかな。叱るというほうがいいのか。
いまの教育現場は、度が過ぎるほど、過保護だよね。


697 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:10:27.03 ID:xI+Jx+dT0
>>695
なんで過保護になったかといういきさつもあるんだけど、ネタバレするからやめとくけど。
パニック起こして、暴れだして、危ないから教師が身を挺してかばって、
気づかせるために、1,2回頬をペシペシしたら、そりゃもう!大変な事になったw
その教師は、服は破れるは、メガネはこわれるは、ほんと可哀想だった。


698 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:10:48.42 ID:H/jEMfWH0
>>670
> アスペの子供は、たいていクリクリ目で可愛いな。
> ただ、ビー玉みたいな目玉で、目線を合わせないがw

大人になってもそうだよ。
子犬の様な純真な目で自分カタリ・・・。
一見さんや、たまにしか合わない知らない人はだまされちゃうんだよね。
問題は、そこには善意も、悪意もない、自分だけの世界しかないってところ。

しょせん、定型は環境でしかない・・・・。


>>693
> >怒ってあげることはアスペにとっては立派な教育なのにね。
> ルール作りね、まったくそう思う。
> 知り合いの人の学校の子が、アスペなんだが、超ウルトラスペシャル過保護で、
> ちょっときつく言うと、 子どもが(小学生低学年!)「トラウマになるからやめて下さい!」って言う。
> 親がマニュアルを読み違えてとんでもない教育をしているらしい。

時々、現代社会は文明から退化してるんじゃないかと思う。
先進国の高福祉社会って、文明のピークから外れていると思うよ。

もうすこし野蛮で不潔な方が文明として健全じゃないのかと・・・。
「○○でなければならない・・」 ってある意味、自閉個人主義社会だよ。

699 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:12:39.87 ID:Br7UBfcQ0
家の近くに小学校があるんだが、帰宅途中にいきなり家の中に入ってきて
二階に駆け上がって騒ぐ子がいる。
すぐに付き添ってる子供達がやってきて連れて行ってくれるんだが
叱っていいのかどうかわからなくて困る。
どうすればいいんだ?

700 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:14:52.90 ID:+L0s9Lt90
>>696
つか、アレなのさ、「悪いことをしたから叱る・怒る・注意する」これ全部無意味なんだ
彼らは自分が「叱られる怒られる注意される」ってのが判らない。 
こっちの表情や声音や言語情報からこっちの意図を類推することができないのが自閉の子なんだから。

ヘタこいたら彼らの認識が「構ってもらえる」になっちゃう。
こっちは怒ってるのにむこうは構ってもらえて嬉しいになっちゃったら、そりゃ不適切行動繰り返すわエスカレートするわ……

彼らの「俺ルール」は成功体験で作ってやるしかないのよ。
まぁ、そこらへんは実を言うと古来より健常者相手の人間教育術と似たところになってくるんだけどね。
山本五十六の「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」ってのとかw

701 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:17:18.51 ID:+L0s9Lt90
>>697
悪いけどそりゃ本当に親が悪いわ。 自閉っ子への対応のノウハウも設備もないところに子供を送り込むんだもの。

普通の子が相手ならその対応でいいんだけど、自閉っ子相手の対応としては問題外なんだ、それ。
そんな対応とらないと自閉っ子の安全が確保できないような、そんな場所に自閉の子を通わせるなんてほんとうに親が狂ってる。

702 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:18:17.30 ID:xI+Jx+dT0
>>700
あいまいさがダメなんで、「この事はダメ」「この事はイイ」っていうのは、ルールとしてやると思ったけど?

703 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:20:36.97 ID:k0m+aPYgO
>>692
人が傷つくことをいわない
陰口も言わない、というか人が聞いたら陰口と思われるような、
傷付く表現をしないこと

例えば、成人した子どもが二人いる中年の女性がいるとして、その人の話を
誰かとしようとするときに、安易に「太ったおばさん」とか表現しないことだ
君らはそういうことを言ってしまうからな…

楽しそうに会話をしている集団の会話の内容から、
どういう話し方をしたらよいかを学ぶのもいいかもしれない

704 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:21:14.06 ID:ZBGUy3ol0
韓国人の友達作ったら
発達障害とか精神障害とか気にならなくなるよw

705 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:22:43.54 ID:xI+Jx+dT0
>>701
>そんな対応とらないと自閉っ子の安全が確保できないような、そんな場所に自閉の子を通わせるなんてほんとうに親が狂ってる。
まったくそう。
パニックになる時点で、いるべき環境じゃないんだよな。

>こっちは怒ってるのにむこうは構ってもらえて嬉しいになっちゃったら、そりゃ不適切行動繰り返すわエスカレートするわ……
あー、それはわかった。確かにそうだ。

どうも、子供のアスペの扱いは難しい。(勉強すれば簡単なんだろうが)
アスペは、おねーちゃんばっかりだったから;

706 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:24:54.86 ID:TQOB+6Ae0
観察してて思うのは、空気が読めないって言う人に限って、
想像力や推察力、知識といった何かが足りなくて、
目的がある場合もあるけど、幼稚な人も多い。

707 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:25:47.93 ID:xI+Jx+dT0
>>704
あれは、文化なのかな?それともDNAなのかな?w

708 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:27:31.72 ID:BMxt3GGA0
>>680
そこに書かれているのはアスペルガーによる特性よりも、
サイコパスの特性の問題点なんじゃないかという感想ですが。


709 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:29:39.55 ID:17tTkIzGO
>>693
我が家は10歳になるアスペ息子がいるけどしっかり怒って育ててきた
やっと最近になってだけどいけない事をしたんだと
反省するようになったよ
妹がいるからあまり兄ちゃんばかりにヌルいと
兄妹関係にも良くないんじゃないかとの思いもあったしね
妹が怒られた時にはアスペ兄ちゃんが優しく接するようになったよ

710 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:30:23.28 ID:ZBGUy3ol0
アメリカ人、中国人、韓国人の友達がいて
自分は軽度知的障害(数値も言ったし)なんだ、ADHDといわれたんだっていったら
全員、口を揃えて違うねって言われたんだが
日本に置いて年収130万しか稼げないって健常者のままでいるより
障害者として色々な社会的福祉を受けた方が生活がしやすいんだよね

知り合いなんかは自らADHDになりたくて病院巡りもしてたんだよ
自分の事をADHDじゃないという医者はADHDついて理解がないとか遅れてるって憤慨してた
一方でADHDと診断されたりして不満もった人はアンチADHDの医者の所へ言って
ADHDじゃないと言われて安心したり・・・

一体なんなんだ・・・発達障害って、軽度○○障害って良い意味でも悪い意味でも
本人にとって都合のいい障害だと思ったな



711 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:32:15.10 ID:QHkxn7uD0
>自閉症のほか、知的障害がなく特異な才能を発揮する
>「アスペルガー症候群」なども含み、
こういう一文を不用意に取り上げるから、
アスペルガー症候群への勘違いが大きくなるんだと思う。
アスペでも特異な才能を発揮するのはごく一部、
大部分はそんなもんは無い。

712 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:34:27.40 ID:rC7rnVwO0
>>709

子供で
アスペってわかるんだ?

病院にいってわかったの?

713 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:35:16.94 ID:BMxt3GGA0
>>687
アスペとサイコパスを混同しないためにコピペを貼ったんだと思うけど、
人格障害とサイコパスは似てるようで違うものだし、
人格障害とサイコパスとアスペは原因がそれぞれ違うものだから
なんかいろいろ取り違えていそうな気配

714 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:48:03.78 ID:17tTkIzGO
>>712
1才半位の頃にはADHDだと思って小児科に相談して
年長の時に区の療育施設で簡単なテストうけたら
アスペと言われたよ
小2の途中から支援級にも通い始めて
そこの先生にはアスペとADHDのコンボでしょうと

715 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 15:54:54.26 ID:gUvN5SmAO
>>69
天才的って、どのランクだと天才的なんだろうな。
天才的なんだけど努力したパンピーと同レベルなら埋もれちゃうよな

716 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:02:27.85 ID:ft/BGxZ60
>>714
むしろアスペなら子供のときから明らかにわかるはずだからね。
逆に大人になってから挫折しただけの人が「俺はアスペ」と言ってるのは非常に疑わしい。
特に高学歴アスペと言われる人種

717 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:11:52.95 ID:L/ghxpQy0
>>691
大雑把な説明ですねぇ。説明する気がないんだろうなぁって言うのは分かりました。
でも、「年収1000万の小作人」ってどういうつもりで言ったのか気になります。

718 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:14:12.11 ID:AKCeovS6O
>>708
大人のアスペの特徴は境界例や統失と共通している部分が多いらしい

>>713
原文は病院勤務のプロカウンセラーが書いたもののようだが?


719 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:14:54.36 ID:o1rnbRH30
http://www.ustream.tv/channel/mmlf00/v3

自閉症ライブ

720 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:20:55.44 ID:17tTkIzGO
>>716
発達障害の子は少なからず育てにくさがあるから
「自称アスペ」の人は親に幼少期の事を聞いてみるのが良いかもね

721 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:20:56.08 ID:9bz15lZO0
>>680
ホントにプロかあ?
「冷酷でぞっとするような一面」「他人を操作」「社会的な逸脱行為」
こんなの挙げて主観で勝手にアスペ扱いしてたら
俺なんか日本人の大部分はそうなんじゃないかって思っちまうぞ。

722 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:22:53.49 ID:A2iskBgOO
>>718
その原文誰が書いたの?ネットで拾ったの?
プロのカウンセラーがいったんでしょ?俺、来週病院なんだわ
事実か主治医に聞いてくるから教えてよ
来週結果がでるから不安で色々文献あさったけど、まだまだ知りたいんだよね

723 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:25:46.72 ID:uKlpIbeO0
>>272
ひょっとして・・・新田一郎さん?西慎二さん?まさか桑田圭介さん?

724 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:29:42.30 ID:BMxt3GGA0
>>718
専門家でも判断するのが難しいみたいだよね、アスペルガーを含めて発達傷害って。
専門家の書いた本を読んだけど、サイコパスは人格障害とは違うとあった。

大人のアスペが複雑なのは、子供時代からいじめられたり、適切な療育がなかったりして
本人に二次障害が出てしまうことが多いからその影響だと思う。
統合失調症のように見えたり、人格障害があるようにも見える人もいるかも知れない。
うつ病患ってることも多い。

725 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:30:50.53 ID:jDgx7un70
>>564さん
お話は難しい生物学、遺伝学やらに向かっていて入りにくいですが、、、・
あぁ、まさに「感覚」なんですよね。ちなみに旦那です。

たとえば他者に説明するとして、
一つ一つの事項を言ってもそんなことって誰でもたまにあるよ。って事なのです。
でもその小さな一つ一つの積み重ねが、信頼につながり家族だと実感するところでもあるので複雑です。

以前は理解しようとして、なぜ?こうするのかと旦那の行動、言動を考えてたうちは、首をかしげっぱなしでした。
さいわい「悲鳴」がでる前に、アスペルガーという言葉を知り、納得した次第です。
あなた様をはじめ前述のご理解ある方が、世の中に存在するだけで支えになります。
会ったこともない方に理解してもらえるというのは皮肉ですね。多レスお気遣いに感謝します。

726 :724:2010/06/13(日) 16:32:01.64 ID:BMxt3GGA0
二次障害というのは、自閉症スペクトラム由来ではなくて、
環境にあわせられなかったりした結果、精神的に参ってしまった、という副産物。

727 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:36:33.92 ID:AKCeovS6O
>>721-722
俺が貼ったわけではないんだが、>>687にリンク先があるんだから自分で読んでみればいいじゃん

そのサイトから原文書いたカウンセラ-のブログまで飛べるようだし、
何だったらメールして質問してみたらどうよ?

728 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:48:00.92 ID:mXku2py00
>>727
ああ、わかった。ありがとうな
この人の病院が今の医者がつながってるから丁度いいし
プリントアウトしてもっていって聞いてみるわ〜

729 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 16:59:08.62 ID:ft/BGxZ60
>>554
これ40点だったけど数字に着目し過ぎだろうw
数学が好きな人とかが無駄に得点上がりやすい気がする。

まぁ単なるスクリーニングなので参考程度というだけなんだろうけどね。

730 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 17:02:48.27 ID:k0m+aPYgO
>>717
いやいや、十分過ぎるくらい丁寧でしょ
何を言うかと思えばw
理解する気がないんだな
ぶっちゃければ、世間知らずが何抜かす、寝言は寝て言え、だ…
私も世間知らずだろうが君はひどすぎる。

それから、小作人の話は、年収1000万以上の人のみ残したら、そこが底辺になるでしょと
ま、机上の空論がよっぽどすきなんだな…

731 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 17:16:41.54 ID:LAbt+RIeP
>>469
重度のアスペの場合、それがゼロなんだよ。
定型発達者の上手く読み取れないとか次元が違う。

通常の気の利くレベルが100だとする。
定型の気の利かない奴は、これが70くらい。
アスペの場合は、これがゼロ。

つまり、空気を読む。他人の感情を読むという機能が一切ないの



732 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 17:21:25.81 ID:TQOB+6Ae0
さすが2ちゃんねるとしかいいようがない

733 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 17:32:37.61 ID:rITMMEpJ0
学校側の適応能力が下がってんだよね。

昔は体罰で管理してたんだけど、
現在言葉で管理できない子は何かの診断名が必要になるわけ。

そこに、薬の効くADHDがあって、薬の効かないアスペがある。
管理不能の子どもはアスぺ

このスレで語られている人格に関して、
本来のアスペではない多種類の人格障害者 に対する不満が
書きつらねられているのではないか?

734 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 17:37:24.22 ID:w0lBQn3I0
>>272 ワロタqqqqqq

735 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 17:56:37.42 ID:L/ghxpQy0
>>730
> それから、小作人の話は、年収1000万以上の人のみ残したら、そこが底辺になるでしょと
614でも言ってるけど年収1000万以上の人がいなくなるわけじゃないんだよ。
ここですでに意思の齟齬があるようですね。
それに、税金の話も税金のどの側面に言及したいのか分からない。
敗戦国だからってのも意味が分からないし。

> ま、机上の空論がよっぽどすきなんだな…
思考実験が好きなんだ。

736 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:14:07.80 ID:k0m+aPYgO
>>735
それは君がサラリーマン家庭の育ちで、受験勉強以外の勉強をしたことがないから
他のことについての勉強の仕方を知らないだけだ

早く自分の収入で食べられるようにしなさいな

737 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:17:11.17 ID:k0m+aPYgO
>>735
それから、敗戦国の話は、敗戦国の人間が理想主義を語るのはお笑い草ということ

738 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:27:21.85 ID:/xPztVJE0
http://d.hatena.ne.jp/umeten/20100422/p1

[時事]NHKクローズアップ現代 アスペルガー症候群特集 反応まとめ

739 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:27:27.74 ID:AKCeovS6O
たかだか早慶ごときに通ってることぐらいしか自慢できるものがない
スネかじり学生風情が語る選民思想って…(ワラ

740 : ◆titech.J3E :2010/06/13(日) 18:28:55.13 ID:qBhG1xVj0
>>137
lasalle中、ラ・サール中のことだろ、たぶん。
しかしラ・サールは1年間は集団生活の寮生活を義務付けられるので、そこで挫折して退学、公立に編入しようとしても、
私立からの転校生ってことで浮いて虐めに遭い、不登校、ひきこもり、って道を進みそうで不安だ。
武蔵あたりのほうが、学力は下がり気味だけど、自由な校風で変人がおおいから適応できる可能性が高いんじゃないか。
俺は武蔵に行きたかった。
東京工業大学に現役合格したんだから、武蔵に通う資格はあったはずだ。
ラ・サールでも武蔵でもなく、東大には3年に1人くらいしか通らないDQN私立に行ったから、大学合格後にメンヘラになって教授に殴られた。

741 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:35:17.63 ID:ft/BGxZ60
>>740
マジレスするとラ・サールは寮生活の義務なんてない

742 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:36:15.27 ID:qBhG1xVj0
>>739
早慶は就職が決まらない、内定が取れない学生に対しては、勝手にしろ、って放置するだけで殴らないだろ。
東京工業大学の研究室の場合、就職活動で研究室の実験を休んだら、いつまで内定を取らないつもりだ、
どこでもいいから内定を取って来い、っと凄まれて、最終的には、就職する気がないだろ、欠陥品、と殴られた。
だから、架空の会社に内定したとウソの報告をするという非常手段を使って、卒業後はフリーターになったんだ。
面接に行けば人事部に嫌味を言われるし、研究室に行けば実験をしろと怒鳴られるし、
親に文句を言ったら就職先を選んでいるだけだろと言われるし、公的な就職相談所に行っても同じく選んでいるだけだろと言われるし、
四面楚歌の就職活動で精神分裂病っぽくなって卒業後病院に入ったんだぞ。


743 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:38:28.42 ID:qBhG1xVj0
>>741
現在はそうなったのですか?
ごめんなさい。
調査不足でした。
自分は、三十代なので、当時は、1年間は寮生活の義務があったと記憶していますが、調査不足だったかもしれません。

744 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:41:19.06 ID:AKCeovS6O
>>740>>742
このスレは壊れ物ホイホイだなw

745 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:47:40.84 ID:FE7f6JY/0
東工大卒業して就職しないままずっと過ごすのも辛そうだな
でもそんな年なら自分にあった職業とか目星つきやすそうだけどなぁ
うちの妹もアスペなんだが、染色専攻して今は幸せに働いてる

746 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:49:28.37 ID:ft/BGxZ60
>算数は計算問題なら出来るが、文章題になると意味が分からないらしい。
>受験生だが(中受)、L中に入れるか入れないか微妙なレベル。

うーん、これはかなり眉唾だな。
ラ・サール中程度の私立だと計算問題は正直ほとんど配点ないし
大部分は文章題や図形問題だよ。さらに文章題読めないってことは
国語や理科なんてもっとだめってことでL中とか絶望的なはずなんだが…

747 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 18:56:51.91 ID:rITMMEpJ0
>738

アスペには適切対処が必要ってことですかね。

でも世間の偏見はこのスレを見てもなかなかあれだし、つ〜歴然としているし。
診断受けた人が恒久的不利益を被らないって、言えないだろ。
教育関係者ほど、身内の「病名」を恐れるぞ、恐怖を感ずるようだ。
そんな診断すれば万事上手くいくって程簡単な社会ジャネよ、地の果て極東の日本国は。

748 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:07:04.82 ID:LAbt+RIeP
>>747
>教育関係者ほど、身内の「病名」を恐れるぞ、恐怖を感ずるようだ。
アスペは、絶対に隠した方がいい。
なぜなら、遺伝するから。

俺は親父がアスペで、兄もアスペ。当然、俺もアスペ。
ちなみに、親父側の俺の従兄弟もアスペだらけ。
アスペの遺伝子はかなり強い。

アスペじゃない人が、アスペと結婚したら生まれた我が子にびっくりすると思うよ。
子供の頃から無表情で、目を合わせようとしない。
他人に無関心だし、親も他人だと思ってる。
どんなに愛情を注いでも、親に対して愛情を持ってくれない。


749 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:10:27.85 ID:AKCeovS6O
>>747
じゃあ自由の国アメリカにでも行けよ。俺は止めないよ。

750 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:22:23.13 ID:zhdjzAA7O
遺伝子のコピーミスは、どういう原因があるんだろ?

751 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:27:13.39 ID:AKCeovS6O
>>750

つ 煙草・自然放射線・活性酸素etc.etc…

752 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:31:14.89 ID:+BH5yuyc0
http://dekobokoboko.web.fc2.com/seigansho.html
発達障害者手帳の制定を求める署名活動にご協力を!
お前らも署名汁!!

753 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:33:01.06 ID:T+daFSj20
父親が年を取ってると子どもに精神疾患が現れる確率が高くなるって本当?

754 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:37:54.69 ID:L/ghxpQy0
>>736
「それは」ってどれの話?税金の話?
年収1000万以下の人がいなくなるっていう話では意志の齟齬はあった?
まずここが噛みあっていないと話にならないし。
あと自分の収入で食べてるよ。

>>737
何を言うかなぁ。戦後何年経ってると思ってるの?
日本は戦争起こした当時のまま変わってないと言うなら
その主張も分からなくもないけどさ。
それに敗戦国が理想主義を語ることがそんなにおかしい?

755 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:38:10.86 ID:/xPztVJE0
NHKに消される前に見ておけ。


ttp://www.dailymotion.com/video/xd1g14_yyyyyyyyy-2010-4-21-yyyyyyyyy-yyyyy_tech
ttp://www.dailymotion.com/video/xd1g3m_yyyyyyyyy-2010-4-21-yyyyyyyyy-yyyyy_tech
ttp://www.dailymotion.com/video/xd1g25_yyyyyyyyy-2010-4-21-yyyyyyyyy-yyyyy_tech

【クローズアップ現代 2010/4/21 アスペルガー症候群】

内容紹介

引きこもり、うつ病など20〜40代の間で深刻化する問題の背後の多くに、実はアスペルガー症候群が潜んでいることがわかってきた。
アスペルガー症候群は脳の機能障害で、知的障害はないが他人の気持ちを推し量ったり、暗黙のルールを理解できないため、
職場では「変わった人」と見られ、孤立を深めて社会からドロップアウトしていく人が少なくない。
一方でIT技術など特定の分野において秀でた能力を持っている人も多く、周囲が障害を理解し、対応を工夫すれば、
目覚しい活躍をすることも分かってきた。企業でも今、アスペルガー症候群の人を積極的に採用し、その力を活かそうという取り組みが始まっている。
アスペルガー症候群の人たちが社会で活躍するためには何が必要なのか、当事者と雇用する側双方の取材を通して考える。

出演者
森本健成(NHKアナウンサー)
正高信男(京都大学霊長類研究所教授)

756 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:42:34.71 ID:H/jEMfWH0
>>755  【クローズアップ現代 2010/4/21 アスペルガー症候群】
> 引きこもり、うつ病など20〜40代の間で深刻化する問題の背後の多くに、実はアスペルガー症候群が潜んでいることがわかってきた。
> アスペルガー症候群は脳の機能障害で、知的障害はないが他人の気持ちを推し量ったり、暗黙のルールを理解できないため、
> 職場では「変わった人」と見られ、孤立を深めて社会からドロップアウトしていく人が少なくない。
> 一方でIT技術など特定の分野において秀でた能力を持っている人も多く、周囲が障害を理解し、対応を工夫すれば、
> 目覚しい活躍をすることも分かってきた。企業でも今、アスペルガー症候群の人を積極的に採用し、その力を活かそうという取り組みが始まっている。
> アスペルガー症候群の人たちが社会で活躍するためには何が必要なのか、当事者と雇用する側双方の取材を通して考える。
>
> 出演者  森本健成(NHKアナウンサー)  正高信男(京都大学霊長類研究所教授)

これ途中見られなかった、ありがとう。
ただ、正高さんがものすごく微妙な顔つきだったのだけ記憶に残っている。
不本意なことしか言えなかったんじゃないかと推定している。

757 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:42:43.25 ID:QHkxn7uD0
>>746
L中を引きあいに出して「入れるか入れないか微妙」と表現することで
「うちはハイレベルです」とアピールしたいだけだろう。
うちの子勉強はそこそこデキるんです、とか書いても叩かれるだけだから。

758 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:43:49.20 ID:ZBGUy3ol0
今は正社員になれない人、派遣や非正規で自活出来ない人、全て欠陥人間で発達障害になりやすい

759 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:49:09.66 ID:rBOTtKwC0
ミスつうか進化になるのかもな
そんなもん今の社会を基準にしているだけのことで
将来立場が逆転するかもだろ
お前らのように差別意識を持たない分ましだろうなw

760 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:50:43.48 ID:AKCeovS6O
>>738>>755
この手の番組ってさ、負の側面を意図的に軽視してプラスの側面ばかりに焦点を当て過ぎなんだよね。

761 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:54:23.28 ID:cjJKRGcB0
スペクトラムテスト40点代なんだが、直感だけいいんだがこれもアスペなの?

762 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:55:42.40 ID:/xPztVJE0
>>760
同意。

視聴者が誤解する可能性がある。

結果、自称アスペの似非が跋扈し本当に困っているアスペルガー症候群に対する支援が大幅に遅れる原因に。

763 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:56:47.17 ID:+BH5yuyc0
発達障害者手帳の制定を求める署名活動
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1276425304/l50


764 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 19:58:40.16 ID:ZBGUy3ol0
アスペじゃなくてADHDの番組以後は自分もADHDなんじゃないかって
病院に行く人や相談機関に電話する人が多くなったんだってさ

765 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:01:13.10 ID:mXku2py00
>>764
そりゃそうだろ。アスペは世間的にも偏見が多い。俺の医者なんてもしもアスペって診断ついても
周囲に言わなくていいなんていってるくらいだし
ADHDの方がいいだろ

766 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:05:52.86 ID:/RjYnHhN0
天使と悪魔を故意に混ぜましたね。
故意は故意であって、決して恋ではなく。

そこに重石を乗せれば、簡単に武器は作れます。死の商人曰く。
一ポンドの肉がジョジョに削りとられていくだけ。

あんまり、純情を弄ばない方が良いですよ?w
屈折して暗くなり、言いたくもない感情が吹き出てくるから。

そもそも全く、信じていない所が、原点です。
その上に気持ちの悪い気遣いがある。
そういう事です。

767 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:06:42.49 ID:AKCeovS6O
>>762
このスレの元ネタの記事だって、アスペとサヴァンを意図的に混同させて
あたかもアスペが異能者の集団であるかのようなミスリードを試みてるしね。

アスペはサトラレじゃねえっつの

768 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:09:22.40 ID:/xPztVJE0
>>763
なぁ、何で米子限定なんだ?

全国規模でやらないと意味ないし、賛同も得られないんじゃないのか?

769 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:09:52.54 ID:H/jEMfWH0
>>767
アスペさんは同僚、家族、部下、上司とか近い関係じゃないと本当にわからないからね。
名前でしかしらない、ふつーの障害だとマスコミは思ってるんだろうね。
だから、適当に持ち上げて、モンスタークレームがこないようにしてるんだろうな。

障害とかじゃなくて、人種が違うとか、そういう問題なんだけどね。

770 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:13:32.50 ID:H/jEMfWH0
>>763
> 発達障害者手帳の制定を求める署名活動
> http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1276425304/l50
>

発達障害は手帳もらえる、障害者手当も出るってある人から聞いたけど、
それはガセだってこと?

771 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:14:30.94 ID:/RjYnHhN0
時には母のない子のように。

772 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:16:13.07 ID:ZBGUy3ol0
アスペよりADHDの方が定義に誰でも入りやすいんだよね
今の社会に生き難さを感じてる人はADHDなのかもね
もしくは新型うつ病とか不安症とかね

773 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:18:04.59 ID:Ymn6CSk+0
>>770
地域による
一部の自治体では発達障害を主因として精神障害と認められるらしい

でも大多数の地域では発達障害だけでは出ないらしい

774 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:19:55.54 ID:61NkrX+50
統合失調症の確率もこんなもんだし精神活動に影響出る脳機能の遺伝子変異って
1/100くらいの確率で出るようになってんのかもね
これで限定した個体数で繁殖重ねたら
ホモサピから枝分かれ始まって新人類種になってく状態にあるのかもしれん

775 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:25:35.11 ID:Rpxj1TVdO
診断ねえ。
ADHDとアスペ傾向だと自覚はしてるが、診断は受けようと思わない。
手帳や手当てをもらえるわけでもなく保険にも入りづらくなる等、
個人的に成人の診断はデメリットの方が多く感じる。
子供の場合は別ですが。

776 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:25:35.33 ID:H/jEMfWH0
>>773
> 地域による
> 一部の自治体では発達障害を主因として精神障害と認められるらしい
> でも大多数の地域では発達障害だけでは出ないらしい

アリガト、納得です。


しかし、ADHD、アスペその他の検査を、小学校の健康診断でもやるべきだよ。
ついでに、教師の検査もやってほしいけどさ。
つうか、公務員全員の検診にもアスペの検査を入れてほしいな。

いじめられっこは特に、次のステップで詳細検査ができるような補助もすべきだよ。
周囲にいじめっ子がいて、かわいそうないじめられっこ、と報道してみたら・・・。

事実は被害者はアスペの子に振り回されていた周囲のいじめっ子とされた子たち。
アスペは自称被害者でいじめられていると主張するけれど、本当の被害者は周囲だからね。
とくに、異質感からいじめられやすいアスペの子は、イジメの根本問題の一つでもあるから。

それが原因なら、いじめっ子扱いされた周囲の子のほうが、濡れ衣のトラウマ被害者だもんね。
文部省は、いじめ問題にアスペ、発達障害からのアプローチも現実に移すべきだよ。
ちがうところでエネルギーを消費している可能性もある。

777 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:30:31.03 ID:ZBGUy3ol0
>>773
発達障害で障害者手帳や年金を受けたい人は
99%二次障害の精神障害者手帳で取りますよ
自分は数年前にIQテスト受けてボーダーの軽度知的障害ともでたが
成人してからの療育手帳習得はメリットが全然ないので
精神障害手帳の方が良いって言われた事もあるね


778 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:31:20.37 ID:Ymn6CSk+0
>>776
一部地域では
5歳児健診をやって社会性の発達と自己統制力の発達を見るらしいよ

全国に広がれば良いね

779 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:31:59.44 ID:9eMhq9FD0
>>776
> 事実は被害者はアスペの子に振り回されていた周囲のいじめっ子とされた子たち。
> アスペは自称被害者でいじめられていると主張するけれど、本当の被害者は周囲だからね。

どっかのロイヤルニートの娘さんは、
廊下で男の子と「すれ違っただけ」で恐怖を覚えたそうな。
いじめの定義は、被害者がいじめられたと感じるかどうかだから、
すれ違っただけで「恐い」「いじめだ」と定例の会見で言われたら
いじめっ子と名指しされた側は、為す術無いわな。

780 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:32:27.89 ID:/RjYnHhN0
騙し絵を賭けたチキンレースみたいなもの。
言葉にできない感情があるから、言葉は嫌いなんだ。

言葉を信じてはいけない。言葉以上のものがそこにある。



言葉は真実を隠す。言葉は真実を暴く。

暴くか隠すしかない、つまりはつまらん道具さ。

781 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:34:45.48 ID:AKCeovS6O
>>769
まだ統合失調の方が、周りにその「尋常じゃないところ」が伝わり易いからね。
まー臨床心理士とかですら「温かく見守ってあげましょう」的なスタンスしか持っていない人が居るんだから
いっちょ噛みのマスコミがアスペの本質を理解して報道できる訳がないわな。

その点から言えば、>>680>>685>>687のカウンセラーなんかは、
世間に向けて頑張って注意喚起していると思うよ。
アスペの子供さんを抱えた父兄あたりからの脅しなんかもあるかもしれないのにね。

782 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:36:33.76 ID:BMxt3GGA0
>>781
いや、だからその>>680あたりの部分はアスペルガーじゃなくて「サイコパス」の要素だし、
引用例が極端すぎてアスペの話をするのにはふさわしくないと思うけどね。
誤解を撒き散らすだけかと。
言葉の選び方も残酷だし。

783 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:37:39.83 ID:w0lBQn3I0
>>753

っていうか、歳をとればとるほど出来てくる精子は、より多くの分裂回数を経ているから、それだけ遺伝学的変異を持っている可能性は高いわな。
だから、別に精神疾患に限らず、例えば、家族性(遺伝性)の疾患の原因の多くは男性側に原因がある。
一方、卵子は女の子がお母さんの子宮がら出てくる頃には、減数分裂(卵子や精子の最後の分裂)の途中まで行って停まっているから、そういうリスクは無い。但し、ダウン症は例外的に母親が原因だけど。

まあ、それよりおまいら、>>272が言うように「Optical Sunrise」を聞けば、自閉症なんて治ると思うお(^ω^)

784 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:41:19.04 ID:ZBGUy3ol0
健常者のひきこもりやニートやフリーターや非正規は辛い


785 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:44:58.75 ID:ZBGUy3ol0
>>783
手帳や年金の恩恵を受けてて十分に稼げない人(健康だけどお金を稼ぐ能力がナイ人、正社員になれない人)は治りたくないって実は思ってる人が多いよ
そのまま現状維持を望んでる人が多い

786 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:52:45.35 ID:w0lBQn3I0
ネタにマジレス・・・・

787 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:53:59.77 ID:AKCeovS6O
>>782
>身近にそういう人がいることに気づいたら、打つ手は一つしかありません。
>彼らに対してできることはして、あとは関係を絶つか極力関係を持たないようにすることです。

実際にこの手の二次障害を引き起こしたアスペが地雷として世間に埋まっているんだから、
このぐらい分かりやすく注意喚起してもらわないと普通の人には理解できないってば。
サイコかアスペかなんて学問的な分類なんか、世間一般の人には全く興味のないことなんだからさ。

788 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 20:54:40.76 ID:KL4f09BR0
>>785
>>775がいいこと言った。
大人が今更発達障害の確定診断されて何のメリットがあるのか。
普通に働けるのならそのまま。
精神疾患で働けないなら現状維持。

アスペルガーですなんて免罪符にしたくはねえよ。
自分で納得するのみ。


789 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:00:57.24 ID:ZBGUy3ol0
>>788
うつとかひきこもりとかメンヘラーニートはほとんど社会的支援の恩恵を受けた方が
実はアクティブになりやすいよ
普通に働けるっていうてもですよ
親が高齢で本人達が20代後半やら30代、40代で
アルバイトやパート1本ってきつくないですか?
この普通に働けるっていうのは正社員でしょ^^;
手帳や年金の恩恵を受けながらバイトやパートを組み合わせて
経済的自立を計るのは駄目なんでしょうかね^^;

>>788
私はそういう意味で現状維持を使ったんじゃないんですけど・・・
手帳や年金もなしにひきこもったり働けないままの現状維持はよくない
バイトとかパートで無理なく働きながら手帳とかを現状維持してて



790 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:03:12.47 ID:/RjYnHhN0
ナイ、なんてまともな社会人だったら、

当たり前の選択だよ。






なんで、そこで激昂するのか分からない。

ぽやんとしてるし、なに言ってるか分からないから、
分かってくれよ!か?w

笑わせんなw

791 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:03:26.08 ID:QLuIAUyt0
>>644
多様性とエラーは違うけどな

792 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:05:55.59 ID:9bz15lZO0
>>791
遺伝子ってのは複雑で
多様性とエラーをはっきり選別できるほど単純じゃない
って事かと。知らんけどね。

選別の方法があるなら、それを発表すればいい。

793 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:08:22.20 ID:A/S3Dg1M0
>>30
流石にサヴァンとは違う
サヴァンってのは一つのことには凄まじい才能を示すのに
それ以外のことはてんでダメな知的障害のことを指す。

サヴァン持ってて知能が普通な人ってこれまでで一人しかいないんじゃなかったっけ?

794 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:09:31.25 ID:BMxt3GGA0
>>787
関係を切りたいならそうすれば良いと思うからそれには何も言うことは無いけど、
問題は、アスペ以外の障害からの引用を元に話を展開することで誤解が広がることだよ
被害にあったと思っているのなら、その問題点はきちんと明確にしていかないと。
サイコかアスペか関係ないって言うのはいい加減すぎると思うよ。

795 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:13:17.04 ID:A/S3Dg1M0
つーか遺伝子のコピーミスってほぼデフォルトで起きるんじゃなかったか
特定の遺伝子のコピーをミスると自閉症になるってことか。

796 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:13:35.51 ID:Oy40WVjW0
オレと仲良くなれない人間はアスペルガー(キリッ)

797 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:16:39.99 ID:/RjYnHhN0
>>794

ケツパンパン叩かれながら、ワインニッコリしながら、
ワインウィン!!とか言いながら乾杯すれば良いじゃない。

同じ位コッテリしつこくしてあげましょうか?もっとシツコイですよ?

798 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:18:19.44 ID:gMg1FWVaP
・「自分は存在するべくして存在している」という気持ちがある。
・集団生活が苦手、枠に染まらない性格。
・他人とはどこか違う感性がある。
・適性な環境では賢くクリエイティブな才能を発揮する。
・家庭でも学校でも、独自のやり方をする。
・親しい友人と一緒にいるとき以外は、非社交的である。
 自分に似たような意識のものが周囲に誰もいないと、しばしば内向的になり、
 誰からも理解してもらえないと感じる。そういう子供達にとって、学校生活は非常に難しくなる。


どう見てもただの社会不適合者


799 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:20:28.67 ID:QLuIAUyt0
>>731
ゼロだけど暗記は得意だから、
行動パターンとして暗記している場合が多いから更に複雑だよな。
膨大なデータを蓄積したとしても、自発的思考には至らない点は
深く付き合わないとわからないのかもしれない。

800 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:23:28.79 ID:OAK+fyvn0
ま、アスペの俺は明日からまた障害者枠で入った低賃金単純労働に従事するわけだが

801 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:26:24.50 ID:AKCeovS6O
>>794
[大人のアスペルガー症候群]というサイトで、アスペの一類型について
病院勤務のプロカウンセラーが専門知識と臨床経験を元に説明してくれているのに
「これはアスペじゃなくて、サイコじゃないか」と手前勝手な独自理論を展開して
悦に入っているのはお前自身だろ?

自分自身に酔っているのは結構だが、それを他人に要求するのは
あまりに身勝手でいい加減過ぎはしないか?

802 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:26:52.33 ID:A/S3Dg1M0
>>800
アスペが障害者として認識される職場なんてあるのか
障害者枠ってほとんど身体障害者で埋め尽くされてるはずだが

803 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:29:54.90 ID:/RjYnHhN0
あ。因みに、7に決めてますから。

804 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:30:47.31 ID:Ymn6CSk+0
>>800
障害者枠って事は年金も有るんだよね?
仕事と年金合わせた額で生活できるくらいもらえてるの?

805 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:31:54.17 ID:BMxt3GGA0
>>797
何のことだかサッパリわからんよ・・・

806 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:36:12.99 ID:ZBGUy3ol0
>>804
年金なしの障害者手帳持ってる人もいるよ

精神枠は難しくて
企業の障害者枠で厚生年金などに入ってれば
年金止められた人もいるよ


807 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:37:13.84 ID:KL4f09BR0
あれだよ精神疾患は薬でコントロールできても自閉までは・・・。
障害年金をもらいながらの仕事、それは無理ちゃう。
面接官に愛想笑いができないはず。

808 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:37:51.60 ID:AKCeovS6O
>>805

>>801にもレスしてくれよw

809 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:38:40.08 ID:ZBGUy3ol0
>>807
精神疾患は薬飲んでコントロール出来ても
すぐ体調が悪いといって会社を休みがちなるから
企業は雇いたくないんだよ

いくら、面接の時は頑張りますっていってても
実際に仕事して慣れるころに休みがちになる

810 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:39:23.68 ID:BMxt3GGA0
>>801
あのサイト全部読んでないし、サイトの作成者が専門家か否かと言う話ではなく、
引用されていた>>680あたりの部分に関して、あれはアスペの特徴ではないと言っているんだけど。
読めばあれはサイコパスの特徴を挙げているのだと分かると思うけど、
あのレスを引用してアスペルガー云々と話を続けるのは誤解を招くだろうと言っている。


811 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:39:31.69 ID:/RjYnHhN0
>>805

ハブとマングースの戦いって事ですよ。

お母さんは、7は一時預かりって言っているだろうけど、
「お母さん」と言うキーワードに「マザコン」とかつける限りは、

便所の落書き状態は一生終わらない、と言う事です。

ハブっポイでしょ。泣いてもだめなものはだめ。分かりやすい。

まあ、マングースを攻めるなら、
マングースと言うネーミング自体がマザコンの代謝行為そのものと攻撃できるけど。

マングースは放置すれば放置するほど、巨大になっていくから、
ハブがちょっかいだしたがるんですよ。いやおうなしに。

シートン動物記にもない秘密ですよ?


象徴的に書き込みすぎたから、分かりにくかったですか?申し訳ありません。

まあ、何気にアゲつつそーご補完していると言う、
一見難しそうに思えるが、単純明快KYJK。

分からなかったらとり合えず7で差し込むだけです。


812 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:40:15.86 ID:A/S3Dg1M0
>>101
ほぼ確実にソレだといえそうなのが10例しかないってことじゃないの。
確かに山下レベルのが一般的なイメージでいう「サヴァン」だと言われると
なんか違和感を覚える

一度見ただけで山下以上のクオリティの絵をかいてしまう人なんていくらでもいるわけで

813 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:40:17.59 ID:Ymn6CSk+0
障害者枠で働いて年金無しで生活できるならいいんじゃね?

814 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:42:23.05 ID:BMxt3GGA0
>>811
うん・・・分からない

815 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:43:49.63 ID:ZBGUy3ol0
>>813
実際難しいと思うよ

障害者枠でも最近は1年契約などの契約制が多く
しかも、そんなスキルいらはい作業内容の仕事が多く
障害者枠で一生働ける保証もなく
常に生活保護予備軍ですよ


816 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:45:45.66 ID:mXku2py00
>>787
よく読んだ?ごく一部と買うセラーの人もかいてる
アスペだからサイコパスじゃなくって
アスペとサイコパスが合併すると怖いよって事だろ
読んでねーべw

817 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:47:09.76 ID:/xPztVJE0
サイコパス(Psychopath) 別名:精神病質

・良心の異常な欠如
・他者に対する冷淡さや共感のなさ
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が全く無い
・過大な自尊心で自己中心的
・口達者で浅薄な魅力

       ノ´⌒ヽ,   
    γ⌒´      ヽ,  
   // ⌒""⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/  < Trust me
    !゙    (__人_)  |    
    |     |┬{   |  
   \    `ー'  /
    /       |

818 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:47:54.26 ID:mXku2py00
カウンセラーだったw買うセラーってなんだよ俺w

819 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:52:03.24 ID:/RjYnHhN0
大体、男と女の微妙な関係途中で違う異性と仲良くなると、
チャッカマンが出動するからなーw

そう言う場合は、どちらも本命いるのにイヤイヤつき合わされているだけだから、

誕生日プレゼントに、異様に豪華なデコレーションケーキだとか、
明らかに普通でない贈り物されたら、
相性は最悪だとおもったほうが良いですよ?

それは別れのサイン。いや、向こうのね。
まだ、渓は深いぜ?

820 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:53:02.11 ID:AKCeovS6O
>>810
お前バカだろ?

821 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:54:17.43 ID:A/S3Dg1M0
アスペって最近になってネット以外の世界でも語られるようになったけど
その数は増えているんだろうか。
ちょっと前までならただの馬鹿の穀潰しとして扱われていたのかな。

アレルギーだってちょっと前まではただの甘えで自演だと言われてたじゃん

822 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:56:03.39 ID:BMxt3GGA0
>>820
なぜ?

823 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 21:56:59.28 ID:/RjYnHhN0
大体、どちらでもないのに、
わざわざ自ら不利な選択する訳ないじゃん。ミエミエ。

こちらも守るものがあるんだから、そちらが先に「轍」を踏めばいいじゃないって事ですよ。

見たいな事を心の中で考えてると、気持ち悪いと言われます。

それでムカついてだんまりなのをアスペとか言われても、
困るんです。それが賃金相応の対応だ。

以上。

824 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:00:09.18 ID:H/jEMfWH0

思うに、心理学屋と、病理屋の妬み、攻撃、対決なのかな。

発達障害 は生理的相違(ハード)
サイコパスは 心の病気 (ソフト)
でもって、発達障害がトリガーで、サイコパスも併発するって流れになるんじゃね?
心理学屋からしたら、サイコパスっていう発明を主役として残したいんだろうけどね。

まあ、ソフトが壊れれば、それがトリガーでハードも壊れることもある。
だから、お互い仲良く発展させてほしいもんだわ。

825 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:00:44.90 ID:NZGQ36ZT0
>>821
> ちょっと前までならただの馬鹿の穀潰しとして扱われていたのかな。

アスペって、基本的に、迷惑になるのは「他者との関わり」でしょ。
昔は、人間関係に問題ある人は、ひとりで農業やって生きていくこともできたから、
それほど問題になっていないと思う。
今だって、ひとりで生きていくことが出来るなら、アスペってそれほど
問題になっていないと思う。

現代は、何の職業に就こうが、人間関係が上手に構築できない人には生きにくいから、
問題になっているんだと思う。
特に、バブル崩壊後、人も社会も疲弊して、お荷物抱えていられなくなったのと、
お荷物にかまうゆとりもなくしているから。

826 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:02:31.13 ID:Ymn6CSk+0
>>821
昔はコミュニケーションが苦手でも働く場が有ったんじゃね?
町工場とか職人系なら見て覚えろだし、変わった職人も居たし
無口な農家の人とかも有りだったけど、
今は工場も農作業も複数人で効率良くとかコミュニケーションが求められる気がする

絶対数は増えてないけど社会情勢の変化で適応できない人が増えたから数が増えた様に見えるんじゃね?



827 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:04:00.31 ID:ZBGUy3ol0
これから子供も大人もどんどん軽度発達障害や軽度精神障害や軽度知的障害は増加すると
思う。

828 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:07:22.03 ID:/RjYnHhN0
もう一度、時には母のいない子供のようにを、選択。

その間、反証の高笑いが胸を突き刺すだろうけど、
気になさらないで下さい。















ただ、恋愛はキッチリ分けてくれな。それなりの給料もらってるならば。

829 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:07:25.11 ID:A/S3Dg1M0
>>825
農家って明治レベルじゃない昔から付き合いのイベントが多くて
アスペな人には向いてないと思うんだけど
職人はよくわからんけどさ。

他人の情緒もわからん人間なんてすぐに村八分とかにされて
子孫を残すことも出来なさそう

830 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:10:02.38 ID:Ymn6CSk+0
>>827
そういった人たちを適切に教育しないと
将来不登校、ひきこもり、ホームレス、犯罪者と社会に適応できない人が増えていくだろうからね
今でも刑務所は軽度〜の人が多いらしいしね

これからもそういった人たちを量産するより、
子供の時から特別な支援を与えて、
社会に適応できる様にしてあげるのが本人にも社会のためにも良い事なのではないかな

831 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:11:50.56 ID:NZGQ36ZT0
>>829
週に1回くらいのペースで山に行くんだけど、
里ではなく、山で農業している人って、偏屈変人キチガイさん多いよ。

832 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:12:54.86 ID:vGyHEQFG0
>>811
ハブはマングース別に襲わないよ

833 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:13:34.76 ID:BMxt3GGA0
>>824
>ソフトが壊れれば、それがトリガーでハードも壊れることもある。
そういうこともあるのかもしれないね。

ところで、あくまでサイコパスに関してだけど、
読んだ本によると、サイコパスも遺伝したり、なにかしら脳の機能障害、
つまり生まれつきによるところのものであるらしいと書いてあった。
人格障害は後天的(生育環境など)によるところのもので、
明らかに違うものだそうで・・・
アスペとサイコパスを併発している人というのは具体例を知らないけど、
あるとしたら生まれつきじゃないのかな
アスペとADHDのコンボがあるみたいに。
でも、どちらかというとADHDとサイコパスの併発の方が多そう。

834 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:15:20.46 ID:Ymn6CSk+0
>>829
農家同士の付き合いなら人との付き合いは決まった事の時だけだから
それをパターンとして認識できればなんとか生活できるだけの物が得られる気がする。
回りもちょっとおかしな人として個人で出来る役割を与えるとかして来たんじゃない?

835 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:16:54.76 ID:ZBGUy3ol0
>>830
今大人になった人達は病院によって医者によって診断してくれたり診断されなかったりと多いからね
後5分診療では発達障害は救えないですよ

836 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:22:38.82 ID:/RjYnHhN0
独身税取りたければ取れよ。

それよりかは、風呂ジャブジャブつかったり、
ワイン部屋で一人であけながら2chしてた方が良いですし。

突っ込んで楽しくなかったら、何を突っ込めばいいのかとw
エロネタで笑わせる方がまだマシじゃない。
エロネタ以外は面白くない言われるしさ。


社会人的には。

別に、人を笑わせようとおもってアスペで生きてるわけじゃないんだけどな。

笑わせようとおもって生きてる人々に失礼だよ。

837 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:23:29.23 ID:Ymn6CSk+0
>>835
今大人は自分と社会一般との違いを認識してもらって
なんとか適応できる方法を医師やカウンセラーと共に模索してもらうしかないんじゃない?

もちろんそういった人達が適応し易い社会に変えていく事も必要だけど
不景気だし社会の実情なんて急には変わらないから難しいんだけどね

838 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:23:33.95 ID:JXxNQogV0
彼等への支援か見殺して移民を推進するかのどちらかか・・・
俺も子を持つ親だから、たまたまそういう子が生まれてこなかったって
周りをみるとひしひしと感じるからな
少子化でこういう子達が増えてるんだから将来人口と逆転しかねんし
社会の理解と支援を広げた方が合理的かもね

839 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:26:45.35 ID:KL4f09BR0
>>835
自分語りで悪いが人格障害でもいいけどこの間ひきこもり不登校の看板掲げる
精神科へ行ったら掘り返すなと追い返された。
大人を診られる精神科医はほとんどいない。

840 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:30:59.51 ID:/xPztVJE0
>>821
> ちょっと前までならただの馬鹿の穀潰しとして扱われていたのかな。


40年前の映画『男はつらいよ』見てみりゃわかるじゃん。

女心もよくわかって口先三寸でインチキ商品売って歩く、営業に向いてそうな寅さんの方が
バカで男のクセにおしゃべりで定職に就かない詐欺師一歩手前のキチガイ(瘋癲)扱いされていたんだよ。

寅との対比で出てくるのが下町の、堅気で真面目なおいちゃんおばちゃん。


アメリカ流だか何だか知らないが、昨今の企業が求めるコミュニケーション能力至上主義は要するに、
寅さんみたいに異性の心を掴むような営業上手になってインチキ商品売りまくれって言ってるんだろ。

841 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:33:18.09 ID:AKCeovS6O
>>836
あなたにとってコミュニケーションとはどんなものですか?

また、2ちゃんねるには一体何を求めてカキコしているのですか?


842 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:33:52.57 ID:c397ECVv0
>>16
納得

843 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:35:38.35 ID:/RjYnHhN0
>>841

突っ込みベタな闘牛相手に戦うリス探しです。



844 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:37:13.31 ID:zBbkfr3A0

おまえらは、コピーミスか…。

845 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:40:06.19 ID:AKCeovS6O
>>843
ご返事ありがとう。

では、リスと闘牛のどちらがあなたにとっては身近な存在なのでしょうか?

846 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:45:10.22 ID:2QtTvQSD0
>>827
そりゃそうだろ。
今は医学が発達してるし親もダウンだからといって簡単に堕胎しない。
晩婚化による高齢化初産も増加傾向だしね。


でも、もっとも昔は産婆さんが出来損ないは強制的に〆てくれたからな。




847 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:45:31.50 ID:/RjYnHhN0
>>835

リスですよ。間違いなく。



848 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:46:31.66 ID:mXku2py00
アスペ=サイコパスと勘違いしてる人いるみたいだけど
上にでてたカウンセラーもちゃんと書いてる

アスペとサイコパスが合併したらやばいと
きちんと読もうぜ!

849 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 22:58:46.85 ID:QHkxn7uD0
>>775
ADHDの場合は、診断されると薬を処方してもらえるかもしれないという
メリットがあるんでは?
向精神薬系で、普通ではまず手に入らないような薬だとか。

850 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:04:09.43 ID:/RjYnHhN0
203高地と235高地の違いは大きいな。

851 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:11:10.69 ID:4gWow7SI0
遠足の持ち物

弁当、水筒、おやつって書いてあって
何の疑いもなく空の水筒を持ってくる奴はアスペ

852 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:15:36.92 ID:rITMMEpJ0
適当なことを書いてんじゃね〜よ。
サイコパスって、特徴は要領がいいんだよ、
適当に人の心をもて遊んで、得々としてんだろ?

アスペと真逆じゃね。

シリコンパレーにはアスペが20%いると。
職人芸を究めるのはアスペだろと思うど。

853 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:17:16.43 ID:QHkxn7uD0
>>851
ちゃんと忘れずにおやつ持ってきました!
あっ、お弁当忘れた、水筒もいるんですか?
これはADHD

854 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:22:48.59 ID:/RjYnHhN0
あまりにも漂うオーラが情けないので、
何故かワイン貰いました。



855 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:29:47.05 ID:UUA/wJWb0
・キャンプにレトルトカレー持ってこいと言われてるのにカレー粉持ってくる奴
・家庭科のたこ焼き作りでたこを持ってくる当番なのにたこを忘れてくる奴

856 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:33:19.35 ID:AKCeovS6O
>>847
なるほど、納得です。

>>822>>848
お前らは言葉遊びに興じているだけだ。

857 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:34:46.95 ID:rStzJ+5O0
・無口、クソ真面目
・話しかけられるまでは話さない
・「へえ・・・」「そうなんですか・・・」「ふ〜ん・・・」等、
 自分の会話で話を遮断・ストップさせる
・つまらない話題を振られて、とりあえず笑ってみるが
 興味が無いのがミエミエ
・人が来ると「早く立ち去れオーラ」を醸し出す
・嫌われたくない、傷つきたくないというオーラが出まくり
・おいしい食べ物や店の話題に乏しい
・時事ネタに疎い
・「○○さんに、死ねこの野郎と言っちゃってください」
 みたいな冗談を言われどう答えていいかわからずフリーズ。
・ガムやアメ等を頂いた時にクソ真面目な礼を言う。
 その後の会話に困る。
・何でも真に受ける。
・担当が自分なのに、隣の人に依頼が来る。
・後から入社してきた人が会社の人と
 速攻仲良くなってるのを見て落ち込む。
・手伝おうかと問いかけて断られ、別の人が
 同じことを言うと「お願い」と言われるのを見て落ち込む。
・月曜日に同僚からお土産を次々と貰って、
 自分以外の皆が同じ旅行先に行っていたことを知って落ち込む
・卑屈

858 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:36:04.94 ID:Cf/b51odO
いたよ、小学校に
友達と談笑しながら適宜おやつに手を伸ばすってのができないの
食べることを始めたらそれだけにしか注意が向かず
毎日同じ服装(女の子、2枚くらい洗い代えはある)
冗談やギャグがまったく理解できないようで
会話についてこれない

859 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:37:48.99 ID:mXku2py00
>>856
理解力ねーなあwww


860 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:38:28.14 ID:QHkxn7uD0
>>857
その中で一番オカシイ奴と思うのは
>・「○○さんに、死ねこの野郎と言っちゃってください」
>みたいな冗談を言われどう答えていいかわからずフリーズ
こんな趣味の悪い冗談を他人にふってしまう人間だな。

861 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:42:11.00 ID:4gWow7SI0
そういやテレビで、自閉症同士3人で学園祭で出す
料理の材料の買出しに行くシーン見たことあるけど
凄かったな。
紙皿買うのに大量に買って一枚辺り安くするか
多少高くても使い切る量買って足りない分買い足すか
凄い長い時間口論して結果として女が勝った

同じ障害同士なのに女ってつええ…って思った
折れるんだねw

862 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:43:30.07 ID:yM52eZoH0
アスペェ…

863 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:43:50.26 ID:yM52eZoH0
>>860
いやそいつがアスペだろ多分

864 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:45:28.19 ID:SLHcJInk0
>>849
PCからです。
今成人ADHDに投薬可能な向精神薬ってあったっけ?
治験段階のはあるらしいけど。

865 :名無しさん@十周年:2010/06/13(日) 23:54:53.13 ID:ZBGUy3ol0
ADHDの薬飲んで正社員になれるものなんですかね

866 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 01:02:02.92 ID:A0RG89z/O
>>754
レスがついていたのか…


うん、君はおかしいよ
平和ぼけした頭のくせにその選民思考
なんで何十年も経っていたら、敗戦が現代の日本に関係ないと思う?

それから年収1000万の人間がいなくなるなんていったか?
確かにそこが底辺になったら、また新しく選別が行われる結果、
その層がいなくなるんだろうがそれを君はわかっていて主張しているのか?

どんな収入なのかは知らんが、きみの職場の仲間も大変だな…
きみは本当に痛い人だが、仕事は頑張ってな
まじめな話、それより病院に君の思想を話に行ったほうがいい気がするがな

867 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 01:03:13.67 ID:ojvHSzX30
なんだ俺のことか・・・

868 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 01:13:02.13 ID:dmQn3C73O
私は情短って言う施設入ってた事あるよ
勝手に親に入れられたんだが、、
多分自分アスペなんじゃないかと、、ニートだし

869 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 02:57:56.40 ID:XVkD4Sr60
>>750
常に起きているということでしょう。
たまたま特定の部位で起きると、アスペになるということだとおもう。

870 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 03:20:19.89 ID:XVkD4Sr60
>>774
突然変異体が、優性になる環境(島や隔離された地域など)になれば、その変異体が固定して分化していくんだろうね
これは、今に始まったことじゃなくて、
太古の昔からつづいていることだと思う。

>>775
診断されることで、自分を理解できる。

>>783
遺伝は、細胞質遺伝というものもあってね、遺伝要素は母親ゆずりのものの方が多いのよ。
ミトコンドリアは、別の生命体と言われるんだが、母親側からしか遺伝子しない。

>>791
「可能性」だよ。あらゆる可能性にかけて、コピーミスが起きている。
それに、アスペはエラーの結果じゃないと思う。

>>810
おれも、あれはほとんどサイコの特徴だと思った。
ああいう例をだすって、よほど嫌な思いをしたんじゃないのかね?w

>>833
人格障害も、境界例とかは後天性の要因が大きいけど、サイコとかは先天性だと思うね。

それよか、ちょっとまえの首相は、アスペじゃないかと思ってる?

871 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 03:48:11.89 ID:EQTzpbfs0
>>870
サイコパスの特徴をアスペのそれと混同するような文書を持ち出したのは
よほどいやな思いをしたから、という理由も理解しがたいんだけど、
アスペじゃなくてサイコパスにひどい目に合わされたなら
アスペ憎しで話すのは筋違いというか。

自称アスペの被害者という人たちは
100%自分が被害者だと言いたいようだけど、
アスペの無自覚さと同じぐらい
一部の健常者も発達障害者を心無い言葉で傷つけたり
抵抗できないことを分かってて平気でいじめていることを
(当人たちは)自覚してないんじゃないのか、と疑問を感じる事もある。


サイコパスは先天的なもの(らしい)だけど、必ず冷酷で良心のない人間になるわけでもなく、
半数ぐらいは生育環境によってちゃんと良心や道徳心を持ったりするらしい。程度こそあれ。
アスペやADHDのような発達障害も程度の差こそあれ環境いかんで
社会的に適応することもできる。

あの首相については自分は良くわからない。


872 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 06:45:03.77 ID:6XPzVbtG0
強烈にいやな思いをした人にあんたの理解が足りないとはさすがに言い難いけどな普通

873 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 06:54:02.07 ID:bwzJU2jMO
>>871
サイコパスの定義の中に良心や罪悪感の欠如がある444というのに、
「(サイコパスは)必ず冷酷で良心のない人間になるわけでもなく、
半数ぐらいは生育環境によってちゃんと良心や道徳心を持ったりするらしい。」とかもうね(-_-;)

自分が何を言ってんのかもわかってないんだろうか…

874 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 07:05:35.83 ID:bwzJU2jMO
>>872
言葉遊びに興じてるだけの連中は放っておいた方がいいよ
相手にしているとキリがなくなる…

【以下訂正】
>>871
サイコパスの定義の中に良心や罪悪感の欠如があるというのに、
「(サイコパスは)必ず冷酷で良心のない人間になるわけでもなく、
半数ぐらいは生育環境によってちゃんと良心や道徳心を持ったりするらしい。」とかもうね(-_-;)

自分が何を言ってんのかもわかってないんだろうか…


875 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 07:19:04.47 ID:XVkD4Sr60
>>873
>「(サイコパスは)必ず冷酷で良心のない人間になるわけでもなく、
>半数ぐらいは生育環境によってちゃんと良心や道徳心を持ったりするらしい。」とかもうね(-_-;)
実際にそういう例をみるとわかるよ。
良心や道徳観はあるんだが、本質的に持っているものじゃなくて、あとからとってつけたような感じ。
いけないこと、悪いことはわかっているけど、感じていない。
サイコかどうかは、行動で見るんじゃないってことだろう。


876 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 07:25:22.52 ID:XVkD4Sr60
>>874
言葉だけで取るとそうだが、
サイコだけど、良心的で道徳的というのは十分あり得る話しだよ。
ただ、感じているかと言うとそうではない。

877 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 10:05:45.18 ID:bwzJU2jMO
>>871>>875-876
多くは脳の前頭葉に問題がある可能性が高く、ホルモン異常と考えられる。
それに加えて幼少時の虐待・生育環境の劣悪が重なりサイコパスとなる可能性が高い。
〜wikiインテリジェンス辞書より

サイコパスを生み出す要因の一つに"生育環境の劣悪"が挙げられているのに、
「生育環境によっては良心や道徳心を持ったりするらしい」というのは
一体どこから持ち出してきた自分理論だよ?

878 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 10:06:46.53 ID:EQTzpbfs0
>>872
発達障害者への理解という意味ではなく、
サイコパスによって受けた不快感をアスペによるものだと勘違いしているのに、
いやな思いをしたから見当違いな引用してきても仕方ない、とは言えない。と言うことです。

>>873
サイコパスの要素をある程度持って生まれてきてても、
生後の環境が良ければ、(例えば、正しく道徳心を持つ方へ導いてもらえたりすれば)
普通に良心も道徳心も持つ人もいる。(心のそこから感じているのかどうかまでは知りえませんが。)
反社会的行動をとるようなサイコパスは(特に重大犯罪をおかすような人は)そんなに多くはない。
と、書いてありました。

879 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 10:13:21.37 ID:EQTzpbfs0
>>877
自閉症などの発達障害も現時点では決定的な原因がつかめていないのと同様、
サイコパスも根っこの原因がまだ特定されていなかったと思いますが。
専門家にも微妙な見解のずれはあるのは当然ですが、
概ね脳のどこかに異常があるという方向でそろってると思います。
生育環境いかんで良くも悪くもでるのは健常者と同じですよ
アスペだといっても子供のうちに早めに対応しておけばある程度社会生活を営めるようにできるし、
逆に軽めの自閉症圏の子や健常者でも劣悪な環境だと後々影響が大きく出るでしょう。

880 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 10:24:31.77 ID:bwzJU2jMO
>>878
出典(ソース)は?

ちなみに>>877の出典はwikiインテリジェンス辞書です。
自分の日記帳からの転載ではありませんので悪しからず。

881 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 10:31:25.02 ID:EQTzpbfs0
>>880
http://www.amazon.co.jp/dp/4794214723

882 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 10:47:18.98 ID:bwzJU2jMO
>>881
その書評にはサイコパスの非人間性、虚言性、有害さ、たちの悪さばかりが
書き連ねられているようにしか見えないのだが…

気のせいですか?

883 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 11:03:56.83 ID:eu+t8/sQ0
>>870 遺伝は、細胞質遺伝というものもあってね、遺伝要素は母親ゆずりのものの方が多いのよ。

確かに、細胞質遺伝はあるが、母親ゆずりが多いということはない。ミトコンドリアにはごく少数しか遺伝子は載っていないし。
それに、卵子に含まれる母性RNAや母性タンパク質が初期胚のパターン形成に影響することはよくあるが、成体の高次機能に影響す
るなんて例なんて、聞いたこと無いぞ。もし、そんな例があるならPubMedのリンクを貼ってくれ。

884 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 11:35:47.09 ID:UVUUZq660
>>882
中身よんでないんでしょ?

885 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 11:38:00.89 ID:bo4yocYm0
>>877
>サイコパスを生み出す要因の一つに"生育環境の劣悪"が挙げられているのに、
>「生育環境によっては良心や道徳心を持ったりするらしい」というのは
>一体どこから持ち出してきた自分理論だよ?
なにを言ってるんだ?
wikiをソースにするというのもちょっとなんだなw

>>879 の言うとおりじゃね
先天的な要素と後天的な要素がある、それだけの話しだろ。
しかも、それぞれに程度がある。
少なくとも、スレ的には、アスペに関して先天的な要素がかなり見えてきたってこと。

>>883
遺伝性疾患が男性側からが原因が多いと言うのは、単に形質の表現でそうみえるだけじゃね?
>っていうか、歳をとればとるほど出来てくる精子は、より多くの分裂回数を経ているから、それだけ遺伝学的変異を持っている可能性は高いわな。
っていうか、母細胞から減数分裂するだけじゃなくて、母細胞自体が増えるのか?


886 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 11:43:02.98 ID:q5W3zMdw0
知り合いから突然、自分アスペなんだ、ADHDなんだって言われて
それで?別に何とも思わないしこれからも今まで通りの普通に接するよっていったら
嫌な顔された。特別扱いして欲しいのか+

887 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 11:54:42.83 ID:xBdj/SDsO
>>871は身内に精神病質者を抱えている人だろうからこれ以上突っ込まないでおくが
>>885>>883の答えになっていないだろ?
ま、わざと読み違えたフリをしているんだろうが、
そうまでして自分の間違いを認めたくないもんなのかねえ…

888 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:02:47.44 ID:xBdj/SDsO
>>886
ADHD=異能者というイメージが社会に浸透してから
自らそのように名乗る凡人が増えたらしいw

889 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:13:02.49 ID:q5W3zMdw0
最近?自分から実はADHDなんですよ、なんとか障害なんですよ
メンヘラーなんですよってカミングアウトしてくる人が増えてきたな


890 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:23:39.69 ID:eu+t8/sQ0
>遺伝性疾患が男性側からが原因が多いと言うのは、単に形質の表現でそうみえるだけじゃね?

遺伝性疾患の起源は男性側に起因することが多い(精子の産生時に多い)、と言っている。
これは伴性遺伝(原因遺伝子がX染色体上にあるため、表現型が男性で出やすい)の概念とは異なる。
一旦、ある家系にその変異が固定された場合、それが次世代に伝達される確率は、一般的には男女間で差がない。
但し、その遺伝子がミトコンドリア上にあるか、その遺伝子由来の産物が卵にある場合は、母親からの影響が大きいが、このような遺伝が成体の高次機能に与えている例は聞いたこと無い。もし、そう言う例があったら、原著論文のリンクを張って欲しい。

>母細胞から減数分裂するだけじゃなくて、母細胞自体が増えるのか?

細胞分裂のたびに、DNAが複製されるから、その時にある確率でエラーが起こる。
もちろんDNA修復系が働いて、修正されるが、修正されずに残る変異もある。
なので、余分に細胞分裂をすることは、それだけ先天性変異(生殖細胞の場合)やガンのリスクが高まることを意味する。
例えば40歳までに、男性が産生する精子と女性が産生する卵子(実際には女の子が産まれた時には産生が終わっている)の数を考えれば自明じゃないか。

891 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:24:14.71 ID:Rpj2kfWuO
サイコパス、つうか反社会性人格障害はまぁ、遺伝因子の割合が高かったろ
まぁ、それ無しに思考や環境により後天的に殺人鬼になるやつもいるだろうが
それは脳の異常による人格障害かは微妙。

まぁ、殺人を躊躇しないから戦乱時は役立ったらしいぜ

892 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:28:12.17 ID:gbeno9qT0
>>886
それって偽アスペじゃないか?w
今の日本で成人アスペを診断できる人は数えるほどいないはずだがw

893 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:28:55.27 ID:/+eYbph/0
>>892
2chだと診断できる奴がいっぱいいるけどなw

894 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:33:50.66 ID:DhzsO7vL0
俺精神病なんです、とそれを武器のように持ち出す時点で
どこか病んでるのは確かだろうけどなあw

895 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:38:08.09 ID:Mhe46GuO0
父親が仕事第一で家庭を顧みないと
後天性自閉症の子供に育ちやすい環境になる
人と人とのコミニュケーションが取れない人間になる

896 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:49:53.39 ID:gbeno9qT0
>>895
はい、嘘ー
自閉症は後天性ではありえないからw
後天性でにた症状がでるのは愛着障害とかだよ
虐待でつねに恐怖を感じると前頭葉が萎縮するんだと。でも自閉症じゃねーよ
父親が家庭をかえりみないとからとかwそれだけだったら世の中自閉症だらけだわ

897 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:53:10.41 ID:bo4yocYm0
>>890
>遺伝性疾患の起源は男性側に起因することが多い(精子の産生時に多い)、と言っている。
「男性側に起因する」というのは、男性側の疾患の遺伝ということとは限らないということでOK?


898 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:53:24.91 ID:q5W3zMdw0


障害者という弱者利権をふりかざす軽度○○障害者は多い














899 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 12:55:20.02 ID:bo4yocYm0
>>895
後天性自閉症って何?
ひきこもり=自閉 とか、間違ってない?


900 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 13:01:27.37 ID:bo4yocYm0
>>890
ちなみに、「ハゲ」は女性側からの遺伝因子なw

901 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 13:04:49.58 ID:/+eYbph/0
>>900
それって都市伝説じゃなかった?
どこかで研究報告あったっけ?

902 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 13:20:17.01 ID:bo4yocYm0
>>901
母方の親っていう報告が、少し前に発表されていたと思う。
2008年7月「アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス」に論文があった。

>>890
>その遺伝子由来の産物が卵にある場合は、母親からの影響が大きいが、このような遺伝が成体の高次機能に与えている例は聞いたこと無い。
こんなんとか?
ttp://grj.umin.jp/grj/melas.htm


903 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 13:36:32.96 ID:TZDncodg0
>>899
情緒障害と自閉を勘違いしてるんじゃない?

自閉を躾けのせいとか言う人と同じでしょw

904 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 13:51:02.42 ID:0yAi1qE2P
アスペの困った所は、重症のアスペであればあるほど自覚症状がない事。
軽いアスペは、成長過程で症状を自覚して、徐々にアスペ色を消していく。

成人になってもアスペ全開の奴は、
成長過程で全く自覚してない、相当酷いアスペ。

905 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 14:25:58.88 ID:xBdj/SDsO
日本人にとって、ADHDの代表的人物といえば黒柳徹子だからさ。妙にイメージがいいんだよね。あの障害だけは。

906 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 15:02:03.27 ID:CdZjQRXK0
>>895
それなら日本中の子供がなりそうなもんだが
生活保護もらって家で酒飲んでる親父なら社交的に育つのかよ

>>899
明確に線引きできるのかねえ

907 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 15:10:22.41 ID:eu+t8/sQ0
>>902 こんなんとか? http://grj.umin.jp/grj/melas.htm

なるほど。ミトコンのtRNAの変異か。しかし、発症が2〜10歳だし、多面的な表現型の一つが脳の障害ってわけで、外見上正常なの
に精神疾患のみ、というわけではないな。おそらく、ミトコンで翻訳時のエラーでミトコンの機能が異常になって、活性酸素が漏れ
て、細胞の機能に多面的な影響を与えてるって印象を受ける。

それよりAm J Hum Genetのハゲの論文サーチしてて、http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2495061/pdf/main.pdf
見つけた。そうだった、インプリンティングを忘れていたわ。しかし、インプリンティングって母性のものもあれば父性ものものある
じゃないの?どっちかにバイアスがかかっているなんて話し、あんの?

>>897

生殖細胞系列に変異が入るのは、雄性生殖細胞の方が多いってこと。あくまでも、最初に変異が入る時の話し。

908 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 15:29:34.57 ID:eu+t8/sQ0
>>900-902 

2005年7月のこれじゃないか?http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1226186/pdf/AJHGv77p140.pdf

これははげの候補遺伝子の一つであるアンドロゲン受容体がたまたまX染色体上に乗っているから、母方からの遺伝が重要(なぜなら男性のX染色体は必ず母由来[XXYなんかを除いて])ってことだな。常染色体上の遺伝子の話とは関係ない。

909 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 15:51:52.23 ID:bo4yocYm0
>>906
>明確に線引きできるのかねえ
なにを言っているんだ???
ちょっと意味がわからん。

>>908
>常染色体上の遺伝子の話とは関係ない。
確かにそうだね。

910 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 16:17:27.30 ID:bo4yocYm0
>>906
>明確に線引きできるのかねえ
「三インチ砲」と「山陰地方」くらいの差だと思ってくれればいい。

911 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 17:43:13.37 ID:Vz40VGxM0
>>910
>「三インチ砲」と「山陰地方」くらいの差
皮肉?

912 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 17:49:25.96 ID:IbTS2s4b0
ところでおまいらの中でスレタイ見て
「スペクトルマン」を連想したヤシ
どれぐらいいる?

913 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 17:51:13.59 ID:bo4yocYm0
>>912
いまどき「ヤシ」とか「スペクトルマン」とか、もうww

914 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 17:53:23.81 ID:bo4yocYm0
>>911
皮肉じゃなくて、比喩。

>>907
>>908
勉強になった、ありがと。

915 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 18:26:21.70 ID:Lf+cAHEA0
母方にも禿いなくて、父方もツルっぱげが多いといわれるO型なのにフサフサのオレの遺伝子は勝ち組w

916 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:07:07.86 ID:BXKz+/Pu0
兄貴が自閉症
幼稚園の頃兄と自分に対する待遇の違いに泣きながら文句を言ったら
父親に罵倒され殴り倒され延々蹴り続けられた
泣いても喚いても謝っても蹴られ続けた
そんなこんなで父親が今でも好きになれない

917 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:08:55.66 ID:SZQc/3ccP
 >>680>>685>>687のコピペを貼り付けた者です。
 (※プロバイダが規制中なので、正確には貼り付け依頼ですが)
 私の貼ったサイトの内容が、アスペルガーではなくサイコパスについての記述ではないか?
 との指摘について、私の思うところをお答えさせていただきます。

 まず、私の貼ったサイトの名称が「大人のアスペルガー症候群」であるという点をご理解いただきたいと思います。
 このサイトの中にも記述されておりますとおり、アスペルガーの大人例の診断は極めて難しいと言われています。

>アスペルガーの大人例が抱える問題が、境界性人格障害(BPD)、統合失調症(旧:精神分裂病)と共通している部分が多いからです。
>また、子供の場合と違い、診断を確定できるような道具(心理テストや構造化面接など)も極めて少なく、
>詳細な生育歴の聞き取りが重要な情報源で、他の2つの疾患でないという消極的な診断になりがちです。 (貼り付け元サイトより、引用ママ)

 この原因としては、アスペルガー障害者が各々の生育環境下で二次障害を引き起こした結果として
 子供例の個体にはない”厄介さ”を具有するようになったと考えられます。

>アスペはアスペでまた、大変なんだよ。 (>>313

 313さんの仰るとおりで、アスペの人はアスペなりに、
 得体の知れない人間集団(アスペ側から見た定型発達者)に食らい付いて必死に生き抜いてゆこうとしていますから、
 彼らの置かれたそれぞれの環境下で、なんとか自分の住んでいる世界と自分自身とに折り合いを付けようとしているのです。

918 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:12:10.65 ID:HhvZwUdR0
>>916
親父の気持もわかってやれ
そして、オマエが大きな期待を持って生まれてきた事もなー

919 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:13:53.74 ID:BXKz+/Pu0
>>918
だんねんながら
わたくしも自閉症であると最近分かりました

920 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:16:53.93 ID:HhvZwUdR0
>>919
最近って事は軽度だろ?
ごまかして生きれるならOK
ダメなら障害者認定をGETするのも手だな

まぁ何れにせよ、折り合い付けて生きるしかないし
楽しんで生きろや。


921 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:17:35.86 ID:SZQc/3ccP
>一部のアスペは、彼らに取ってよくわからない対象物・環境物であるだけに、逆に人間というものに異常な関心を抱いているんだよ。

>その種のアスペは、聖書や法律書、道徳書などを、人間理解のための手引書や、
>自分が現実世界(※現実の捉え方が常人とは全く違うことに注意)で行っているRPGの攻略本として利用するんだけど
>それらの書物への、のめりこみ方が半端じゃない上に、必ずといっていいほど意味を取り違えた独自の論理世界で、
>それらを理解してしまっているんだよ。 (>>450、自己レス一部改変)

 ところで一昔前までは、アスペルガー障害という自閉傾向を持った人間の一群は、
 今ほど注目されてきませんでしたから、当然のことながら幼少期にアスペルガーとして発見・療育されることなく
 見過ごされしまったままで成人してしまった人が、数多く居ると推測されます。
 
 その種のアスペたちは、さまざまな二次障害を引き起こしながらも
 多くの定型発達者らからはその特異性・特殊性を見抜かれることなくほどまでに、その潜伏性を強めています。
 しかし彼らの異常性は、多くの人に見抜かれないからといって、その本質までもが
 修正・是正されたわけではありません。

>とりわけアスペルガー症候群で社会性などの障害が軽度な場合、 人格の偏りはしばしば見過ごされ、
>彼らの持つ冷酷でぞっとするような一面を知る人物は、 かなり限られてくることになるでしょう。 (>>680&元サイトより、引用ママ)

 専門家でも容易には見抜くことができないレベルにまで潜伏性を強めていることも少なくはなく
 そのような人種が聖職者として活動している事実を複数、私は現在進行形で知っております。

922 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:23:33.22 ID:SZQc/3ccP
 さて、私はここまで適切な療育を受けてこなかった大人例にとって、二次障害は付き物のように存在しているという話をしてきました。
 そこで、このスレで問題になっているサイコパスを併発しているタイプについてですが、とりあえずこれについてのレスを引用してみます。
 ・・・ざっと挙げただけでも、これぐらいはあるでしょうか。どうやら同一人物によるレスも多いようですが(以下)。

>そこに書かれているのはアスペルガーによる特性よりも、サイコパスの特性の問題点なんじゃないかという感想ですが。(>>708
>人格障害とサイコパスとアスペは原因がそれぞれ違うものだから、なんかいろいろ取り違えていそうな気配(>>713
>引用されていた>>680あたりの部分に関して、あれはアスペの特徴ではないと言っているんだけど。 (>>810
>いや、だからその>>680あたりの部分はアスペルガーじゃなくて「サイコパス」の要素だし、(>>782
>おれも、あれはほとんどサイコの特徴だと思った。(>>870
>サイコパスの特徴をアスペのそれと混同するような文書を持ち出したのは(>>871
>サイコパスによって受けた不快感をアスペによるものだと勘違いしているのに、 (>>878
>引用例が極端すぎてアスペの話をするのにはふさわしくないと思うけどね。 誤解を撒き散らすだけかと。 言葉の選び方も残酷だし。 (>>782

923 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:32:37.47 ID:PrumsA/p0
トランペット回すぞ

924 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:37:36.37 ID:SZQc/3ccP
 アスペルガー大人例(幼少期に障害を発見されず療育されてこなかったアスペ)にとって二次障害が付き物である以上、
 アスペルガー障害の副次生産物ともいうべき二次障害を切り離して考えることは、現実的とはいえないでしょう。
 それは、がん患者に痛みが付き物である以上、ペインクリニック(疼痛治療)を考えないわけにはゆかないということと同しです。

 サイコパス併発型がアスペルガー大人例の二次障害を併発しているタイプのあくまで一形態であり、
 比率的には少数派の可能性があるとはいえ、我々の生活している社会に潜伏している絶対数は、
 皆さんが想像されるよりも多いのではないかと私は考えています。
 なぜなら、サイコパスが示すとされる特徴の多くが、ある種の自閉傾向を持っていないと成立し得ないものであるからです。

 また、このタイプのアスペが引き起こす深刻かつ甚大な被害が、
 これと関わった人の人生に色濃く影を落とす破壊力・影響力の大きさを鑑みれば
 決して無視できないものであるということは、自明であるといわざるを得ないでしょう。

925 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:38:09.74 ID:xBdj/SDsO
>>912

ノシ

926 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:40:03.09 ID:ioTWAIVh0
自分の親の遺伝子と比較して自分の遺伝子にコピペミスがどれだけあるか調べてほしいw

927 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:41:47.22 ID:SZQc/3ccP
>ああいう例をだすって、よほど嫌な思いをしたんじゃないのかね?w(>>870
>アスペじゃなくてサイコパスにひどい目に合わされたなら、アスペ憎しで話すのは筋違いというか。(>>871

 実際、嫌な思いとか、ひどい目では済まないから問題なんですよね。
 私が最も真剣に対峙したこの型のアスペは、過去に関わった複数人を自殺へと招きこんでいました。
 あまり詳しいことは申し上げられませんが、その(亡くなった)なかには当然、私と親しかった人も含まれます。

 その人の最期は、統合失調症と診断され、措置入院から退院した後におとずれました。
 まったく悲惨な死といわざるを得ませんが、私は私自身が後にその人間(アスペ)に巻き込まれるまでは
 その人間について深く知ることはありませんでした。
 どころか、その人の周辺で巻き起こる不思議な不幸に関して、私は深く同情をしていました。

 その時点では、その人(アスペ)の戦慄するような冷酷さについては、何一つ知らなかったですからね…
 当然のことながら、その人間に対しても警戒心を抱くどころか、これほど情深く人間性に満ちた人物は
 他にいないのではないかと、その人物に敬意を抱いていたほどでした。
 心から信じていたものが空虚でどす黒い邪悪な物体に変貌を遂げた時の絶望は、死んだ者にしか理解できないのかもしれません。

928 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:47:32.27 ID:SZQc/3ccP
>アスペの無自覚さと同じぐらい、一部の健常者も発達障害者を心無い言葉で傷つけたり
>抵抗できないことを分かってて平気でいじめていることを
>(当人たちは)自覚してないんじゃないのか、と疑問を感じる事もある。 (>>871

 あなたはアスペルガー障害者の親御さんではないでしょうか?
 勝手に推論を進めて申し訳ありませんが、早期に障害を発見され適切な療育を受けたあなたのお子さんは
 上記のようなモンスターでは決してありませんのでご安心下さい。

 二次障害を併発していない発達障害児のお子さんには、数多くの美質が備わっていることだと思います。
 その上で、アスペルガー症候群というもののもう一方の側面をたとえ直視なさらずとも
 存在するものでないかのように打ち消されることは、できれば控えていただければと思います。
 おそらく今現在も、この国のどこかにはどうにも表現しがたい空虚や絶望に苛まれながら
 周囲の無理解と自己存在への否定的感覚とを同時に味わっている人が居るわけですから…

929 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:48:21.32 ID:Cv9jrKHa0
進化的自閉仮説

大陸にはキリスト、イスラム等の善悪をきっちり規定した宗教が浸透してます。
一方、農耕社会の日本は善悪関係なしの多神古代宗教だったのはなぜでしょう?
イブ起源の人類はアフリカ、中東を経て、各地に拡散しました。
そして、およそ8000年前にはシュメールが最初の農耕文明の痕跡を残しています。
実は最古の土器は1万年以上前の日本であり、すでに農耕があったと考えられてます。

一方で、非農耕地で暮らすには略奪民族の血の濃さが必要でした。
それが、人類が等しく持つ、戦争であり、犯罪であり、強姦の血(遺伝子)です。
そんな、略奪民族は力による王侯支配となるのは当然です。
人を容易に殺せる略奪系は共感ニューロンがない、個人主義人ととらえるのが自然です。
生体を守り、維持するには自分絶対主義じゃないと生き残れないのは当然のことですから。
彼らには、共感用語の、善悪、犯罪、信頼、博愛、贖罪等の概念はなかったと想像できます。

実は善悪の概念は文明が作っており、古代社会にはそんなもの無かったでしょう。
それ故、強力な力による王侯支配だけが、共同体を作れました。
そこに、突然、光り輝く、支配ツールとして現れたのが、【善悪】の一神教、聖書カルトです。
この宗教が、これは善です、これは悪ですと教えてくれるルールブックです。
共同生活ができない略奪民族も、このルールブックにより共同生活ができるようになりました。
一方、環境的に、略奪民族の鎮静剤の宗教が布教できなかったアフリカは未だに略奪、闘争のカオス。
集団生活、それ自体が不安でストレスとなる略奪民族は宗教ルールブックがないと不安でダメなんです。
これが、「思想」 というカルトに頼らないと、略奪系が集団で自分を保てない理由です。

農耕系日本人には共感ニューロンの発達で、そんなこといちいち言われなくてもわかってる。
相手の痛みが共感できるので、集団での善悪の概念が初めからあるんです。
しかし、大陸系、サヨク的な略奪系から見ると、日本は象徴とはいえ天皇に国民が盲従してるようにみえる。

共感ニューロンが育成不足の西欧環境ではそういう、思想バイブルがないと不安だろうね。
サヨクも、サヨク思想ルールブックが心の安定に必要で、バイブルだから異論はみとめられない。

930 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:50:29.32 ID:SZQc/3ccP
>身近にそういう人がいることに気づいたら、打つ手は一つしかありません。
>彼らに対してできることはして、あとは関係を絶つか極力関係を持たないようにすることです。

>何よりも、彼らによってトラウマを負った人たちの援助が急務であり、
>バラバラになった人間関係を再構築することにエネルギーを注ぐだけで精一杯なのです。

>サイコパスを合併しているのは、ごく一部なのです。
>しかしこの一部の人たちが、社会に与えるマイナスの影響は予想以上に甚大で深刻なのです。
>>680>>685>>687&元サイトより、原文ママ)

 精神障害や発達障害の負の側面をオブラートに包み込んで
 彼らの社会参加ばかりを訴えかける最近の風潮には、正直、辟易させられるものがあります。
 そこまで定型発達者と”同等”に扱われたいのなら、彼らが司法の場で裁かれる時には、
 精神障害や発達障害を理由に情状酌量を乞うことを、決して許すべきではないでしょう。

931 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:53:11.24 ID:SZQc/3ccP
>アスペの被害者は被害者じゃなく、アスペが被害者ってことになってるからね。
>アスペの被害者も救済しないのはものすごく片手落ちだと思うなー (>>309

>この手の番組ってさ、負の側面を意図的に軽視してプラスの側面ばかりに焦点を当て過ぎなんだよね。 (>>760

 ↑のご意見に私は完全に同意します。
 また、現代の風潮に乗じることなく、専門知識のない多くの一般市民に向けて
 わかりやすい言葉で注意喚起を行ってくれている、カウンセラーの方(元サイトSana氏)の勇気に私は敬意を払いたいと思います。

 と、その上で…

>サイコパスは先天的なもの(らしい)だけど、必ず冷酷で良心のない人間になるわけでもなく、
>半数ぐらいは生育環境によってちゃんと良心や道徳心を持ったりするらしい。程度こそあれ。 (>>871

>サイコパスの定義の中に良心や罪悪感の欠如があるというのに、 (>>874

 つまり、サイコパスの素質を持って生まれてきても、生育環境の次第によっては良心や道徳心を持つことが可能であり
 サイコパスには分類されない、社会参加の可能な一群を形成するということなのではないでしょうか。
 これは、早期にその障害を発見され、適切な療育を受けたアスペルガー障害者には
 一定レベルでの社会参加が可能であることをも示唆しているのだと思います。

932 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 19:57:27.92 ID:SZQc/3ccP
>>895>>899
ひと昔前は、誰からも構われずテレビ横などで長時間放置されていた赤ん坊が
自閉症になりやすいと言われていました。
最近は、マンションの高層階などで育てられた子が自閉傾向を持ちやすいといわれています。

これを事実として逆説的に捉えれば、発達障害は、その遺伝的・器質的障害のみに依存するわけではなく
生育時に与えられた環境要因が大きく関わっていると言うことが可能であり
早期の発見と療育によっては、症状を緩和することができるのだと思います。

私たちの暮らす社会が、この問題の負の側面をきれいごとで誤魔化すことなく
真正面から取り組んでくれることを切に願います。

(後ほど、あと少しだけ書きます)※ここまでレス代行をお願いしました。

933 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:03:18.72 ID:U34pOgCl0
>>932
>発達障害は、その遺伝的・器質的障害のみに依存するわけではなく

>私たちの暮らす社会が、この問題の負の側面をきれいごとで誤魔化すことなく

昔から言われていたじゃん。
自閉症は遺伝が関係しているって。
看護婦とか医者とか、医療関係者の間では、暗黙の了解だった。
自閉の子供を連れてくると、その子の兄弟や、親もヘンなのが多いから。
でも、遺伝子が関わっているとなると、差別に繋がるので(結婚できないとか)
大っぴらには言えなかっただけで。

あなたもこの問題の自分が目を背けたい点を誤魔化して逃げることなく、直視してほしいですね。


934 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:03:59.48 ID:63SDhmJN0
ID:SZQc/3ccP
要領を得ない長文をダラダラと垂れ流して、まるでパラノイアだな。
自分自身の異常性については自覚ができないのか?きもいな・・・

935 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:12:38.18 ID:Cv9jrKHa0
>>150  キリスト教牧師のアスペルガー率は異常。

>>203  アスペのキリスト教徒に酷い目に合わされたことがある。

>>437  彼らに絶対に与えてはならないのは、道徳の教科書や宗教書の類です。

>>459  聖職者の中にも自閉(アスペ)傾向を持った人たちが一定の比率で、含まれ


鉄道のように決まったレールと時刻表をもつ、規則的環境にアスペは惹かれます。
それなら、職業として、アスペが惹かれるものはどういうものか?

試験を受けて、○×、正解不正解とキッチリわけられる資格。
つまり、教師、弁護士、医師・・・等々の資格商売に惹かれそうです。

また、朝鮮人がアスペと類似傾向であり、神職、牧師が好きな傾向から類推して、
アスペは宗教という【鉄道】も好きなのではないかと推定していました。

根拠が無いわけではありません。
「世界はシルバニアファミリーのおもちゃばこ(ニキリンコ)」という、
世界に生きているのが自分1人なのが自閉です。
そして、環境である人間を解説してくれるルールブックは光り輝く指標だと思いました。

だから、アスペは、宗教に惹かれると考えていました。
なぜなら、宗教はアスペにわからない、やってはいけないことを教えてくれるからです。
やってはいけないことを教えてくれるもの、それは、法律、教育理論、医療も同じです。

信じられないでしょうが、医学生のなかには、
「気に入らない患者はわからないように殺しても良い ○×?」 で、○をつけるものがいます。
教師にとっても、弁護士にとっても、このような、社会的な能力をチェックする時代だと思います。
特に、資格商売はアスペが大好きだと感じてますから、
よけいに社会性をチェックする時代になったような気がしてます。

936 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:20:32.95 ID:Cv9jrKHa0
>>933
> 昔から言われていたじゃん。 自閉症は遺伝が関係しているって。
> 看護婦とか医者とか、医療関係者の間では、暗黙の了解だった。
> 自閉の子供を連れてくると、その子の兄弟や、親もヘンなのが多いから。
> でも、遺伝子が関わっているとなると、差別に繋がるので(結婚できないとか)
> 大っぴらには言えなかっただけで。

たしかにね、親子セットでおかしいね。

>>934
> 要領を得ない長文をダラダラと垂れ流して、まるでパラノイアだな。
別にいいじゃん、いろんな表現方法アリだと思うぜ。
ノンフィクションだとおもえば、短くていいじゃん。

937 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:21:41.16 ID:Omfd/e1w0
アスペ特長のまんまの長文乙

938 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:23:12.93 ID:k8g/aOd90
コピーミスかなんで漏れが欠陥人間ってやっと解ったわ

939 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:23:53.62 ID:LXXcc4og0
>>937
「 長文=アスペ 」
なんて単純思考の奴の方が自閉等質アスペの気があるんじゃね?

940 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:33:13.90 ID:0suk+gu3O
こういう欠陥人間を野放しにするのはよくない

941 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:43:37.31 ID:xfRQlw6w0
まぁだらだら長文や省略ができない引用ってのもたしかにアスペっぽいが

942 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 20:59:31.33 ID:qO4d7zoc0
>>934
現在プロバイダ規制受けてるんで、レスを受けて
その都度その都度書き込むようなやり取りは無理。
だからある程度まとまった文章にしてレス代行をお願いしたんだよ。

社会に潜伏した大人のアスペが引き起こす問題は
お前ら門外漢が思っているよりも深刻だからね。
こういうやり方でも、本当に困っている人なら読んでくれる筈なんだ。

別にお前のために書いたわけじゃないから心配すんな。

>>933
ちょっとはおれの書いたレス内容読んでから批判しろボケ。

943 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:11:53.79 ID:wEMAUgKr0
わらたwwwwwwwwwwwwどっちにしろそいいぉうwrgんほうぉわh
しょうがいしゃにちかかっtnnsdさだ
遺伝子ミスかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

944 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:17:10.31 ID:CdZjQRXK0
>>935
プログラマーとか理工系全般に惹かれるんじゃない?
医師は微妙な気がする。
教師とか弁護士には多分、向いてない。

簡単には理解できないことを、さも分かりやすそうに「教えてくれる」という点では
「こういう連中がアスペであり、アスペとはこういう連中だ」ってな決め付けをする
連中も宗教じゃねえの?

945 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:20:58.39 ID:xBdj/SDsO
>>942
>プロバイダ規制受けてるんで、その都度書き込むやり取りは無理。

お気の毒に…
あと、>>931で俺の意見(>>760)に賛同してくれて感謝です。

このスレってアスペとアスペの身内が湧きまくって、必死にアスペ擁護スレに変えようとしてませんか?
なーんか胡散臭い…

946 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:22:06.14 ID:Cv9jrKHa0

>>929で、生物進化的なアスペの仮説アプローチしたけどさ。
基本は共同体生活の有無と、戦闘、略奪、牧畜、農耕、居住地の厳しさ
が淘汰を決める気がする。。

おなじ島国でも、水耕稲作の日本と、牧畜・略奪戦闘のイギリスは異なる。
ロックみたいな思想家が個人の権利を主張して個人の生き方がわかるイギリス。
そんな思想家がいなくても、集団の中の個人が好きかってしてきた日本。

環境により自閉性というか共感性、共同生活性が微妙にことなる気がしている。
日本でも、稲作の本土の平野と、岩手や四国の人間性の違いがある気がしている。

ものすごく乱暴にいえば、山岳地区は自閉率がたかく、里モノは共同性が高い。
自分で言っていてすごくムリがありそうだね。
そこまで環境依存するにはもっと時代が必要かもしれん。

ただ、島国+稲作だけに、言語に「思いやり」という概念があったらしい。
日本は明らかに異質で、メイドを人間扱いしてメイドから怒られるのは日本人だけ。
だから、世界でも日本人だけの協調文化というかユニーク文化があった。

海外とか行くと、日本人が生暖かい目で見られるような気がするときがある。
ひょっとして、海外の人は種々の異質な人に慣れていて、扱いもよく知っている。
日本人は異質な人間に対する免疫が無く、人類平等とか変な幻想に呪縛されている。
そういう、異質な人間をしらない世間知らず、人の言うことを真正面から受けるおこちゃま。
そんな目で見られているような気がするときがあるよ。

もっと、アスペもサイコパスも、ADHDも変質者もごろごろいるのがアタリマエみたいなのが、
海外のデフォで、その環境にない日本人は國際社会人としてはおこちゃまなのかもしれないね。
もしかして海外の人はアスペの扱いは、そんなものってケロッと流してしまうのかも知れないね。

なーに、寝ぼけたこといってんの?アタリマエじゃんそんな人間いるのはさ ってなもんかな?

947 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:24:11.85 ID:gbeno9qT0
>>945
万人がみるインターネット上でアスペの子どもをもった親だっているだろう
その親からしてみたら、やれ犯罪者だサイコパスだって書かれりゃ不安にもなれば
ムカつきもするだろう。それも想像できずに胡散臭いとまとめてしまうのには
ちょっと想像力足りないんでないの?

948 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:39:31.40 ID:xBdj/SDsO
>>947
だからって、大人の二次障害型アスペルガーの怖さを警告しているサイトや、
社会に向けて警告を発しているカウンセラーまで一斉に叩いてどうするのよ?
これでは真実が露見することを恐れているようにしか思えないんだがね…

実際にアスペ被害者が泣き寝入りしている現状について、少しは目を向けて見たらどうなんだ?
その点>>942さんは、アスペの子供にも充分配慮して書いてんだろうに
何でもかでも臭いモノには蓋じゃ、どうしようもないだろうが。



949 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:44:24.28 ID:Cv9jrKHa0
>>944
> プログラマーとか理工系全般に惹かれるんじゃない?
> 医師は微妙な気がする。
> 教師とか弁護士には多分、向いてない。

この前のNHKのクローズアップ現代でさ、小学校の図書館勤務で
子供相手は楽にコミュができるってアスペさんがいたんだよ。
だから、コミュが一方通行な職業で、かつ、定型学習できる資格商売は、
アスペさんでも生き残れる商売だと思ったんだけどね。
弁護士もサレジオで少年のクビチョンパした子が弁護士になっていて、
その人は、倒産処理とかの司法書士型の定型ワークで立派にやってるみたい。
医師は小児科なら大丈夫という人もいたよ。
たぶん、大人のコミュがなくてもこどもならいける、小学校の図書館事務とおなじかな。
だから、やり方によってはありえるかもとちょっと思ってたんだよね。


> 簡単には理解できないことを、さも分かりやすそうに「教えてくれる」という点では
> 「こういう連中がアスペであり、アスペとはこういう連中だ」ってな決め付けをする
> 連中も宗教じゃねえの?
私のこと? ネットではよくアスペって言われるよ、言葉足らずであったらごめん。

950 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:46:01.68 ID:Omfd/e1w0
世の中には自分が属するもののネガティブ情報を排除したがる奴っているから。
ただしそうなるとアスペってよりサイコパスだけどね

951 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:47:02.52 ID:3F9obgn2O
埼玉の公務員で、そういう人いたよ。
一見、普通そう。

952 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:49:25.44 ID:3F9obgn2O
なんだろう、訓練されたのかな
オウム返しっぽい返事しかしない。
理解しようとしない。

953 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:51:18.52 ID:gbeno9qT0
>>948
なにが真実かって話だろ
大人のアスペルガーの話はわかるよ
>>942は今まで長文乙だけどスレ終盤でようやく子どもに配慮した文を出したろ
今の大人でアスペといわれてる人たちは子どもの頃に適切な療育もうけてないわけで
それが真実といわれてもねって思うわけこっちは
臭いものに蓋じゃなくって、これから先はわかんないだろってそれを今の大人のアスペだけを
とって叩かれたんじゃ今の親の立場ないわ
手帳もでないで療育も実費(一回1万以上)
学校でもIQ高いせいで特別学級にも入れてもらえず、理解のない教師だっている
校長と幾度も話しても中学校になればまた1からやりなおし
でも社会には出て欲しいから毎日子どもと奮闘してABAやってみたり
カード使ってパターン化させたり。
子どもは別ってか。違うだろ今の偏見だらけ世の中で今の大人のアスペ達が回りに迷惑かけてるのならば
よけい偏見はついてまわる。ならば、定型である人たちに理解してほしいって気持ちだろ
ああ、支離滅裂になった。もういいや

954 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 21:58:04.44 ID:Cv9jrKHa0
>>944
 ↓ こんなのもあったお。

【発達障害】20年で10倍 広がる診断、対策急務 福岡市

45 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/06/10(木) 23:12:12.03 ID:WWcTRGMJ0
キリスト教牧師のアスペルガー率は異常。

143 名前:名無しさん@十周年[sage] 投稿日:2010/06/14(月) 08:43:53.71 ID:JeUDGRPE0
日教組とかの、ある種、宗教掛かって人の話聞かないタイプはアスペだったりする
しかも学生時代、学生連中には空気が読めないと苛められ、
逆に教師、モンペ親の言うことだけ聞いていい子として認められるっつー価値観しかないから
”一見、正しいこと”への信仰がものすごく、全体を見通して判断する能力句に欠け
自分が気に入らない、理解できない相手に対しては異常なまでの対抗心を燃やし一方的に叩く


私はアスペは社会の中でアスペの居場所をつくったほうがどちらも幸せって立場。
だから、まず、アスペをオープンにすべきという立場です、たぶん隠すことでよけいに目立つ。
だから、アスペの適職はなにか、どの職業ならアスペでよいかは別に差別じゃないと思うけどね。
ただ、アスペであることをオープンにしないことで不幸な人がどちらにも増えるとは思ってるよ。

教師にアスペが多いという仮説はもしかしたら偏見かもしれないけどね。
ただ、コミュが一方通行の職業は軽度のアスペならやっていけるから、
クビにならずに残ってるって意味で、マスコミ、公務員、社長とかさ、アリじゃないのかな。

955 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 22:03:18.64 ID:xBdj/SDsO
>>953
そういう現実問題やら愚痴やらを最初から書いておけば良かったのに
何で今ごろになって出して来るんだよ?

どうせ誰が書いたなんて判らないんだから、悩み事でも何でもカキコすれば良かったのに。
正体隠しながらスレ誘導はやっぱりイメージ的にも良くないだろう。
そりゃあ色んな苦労はあるんだろうけどさ…



956 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 22:06:19.55 ID:WzCd1OCQO
アスペルガーの他人に対する無興味は演技
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1219222829/
【アスペ】発達障害者の仕事や職業10【自閉症】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1272017162/
アスペルガー障害者がいかに社会で生きていくか7
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/utu/1263461246/

957 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 22:15:57.93 ID:e742vWMf0
プロテクター着けてラッパ吹いている人たちのことだよね

958 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 22:27:41.83 ID:qO4d7zoc0
邦画3社 5月興行収入
松竹 7億0606万8300円(前年比30.2%) 
稼働作品「矢島美容室 THE MOVIE」推定興収4億円、
「蜘蛛の拍子舞/身替座禅」記載ナシ
東宝 61億0114万1360円(90.6%) 
「劇場版TRICK霊能力者バトルロイヤル」20億円、
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」37億円、
「名探偵コナン 天空の難破船」32億円、
「映画クレヨンしんちゃん〜」13億円
東映 6億5702万5500円(52.5%) 
「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー」12〜13億円、
「映画プリキュアオールスターズDX2」11.5億円、
「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」記載ナシ
3社計 74億6423万5160円(72.3%)

959 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 22:32:47.50 ID:e742vWMf0
なんの誤爆か知らないが、アニメの利益率が結構高そうでワロタ

960 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 22:34:04.93 ID:8JcINjIT0
今年ドンペイさんは還暦だから。

961 :名無しさん@十周年:2010/06/14(月) 22:44:15.62 ID:3OJ6KKEG0 ?2BP(0)
10年ほど前からある女が頻繁にネットに書き込むんですが、でたらめや妄想、実生活の愚痴ばかり。
どんなに非難を浴びても嫌われてるって気がつかない。しつこい。
「実生活でも対人関係が破壊的なら顔が見えない不特定多数相手のネットでうまくいくはずはない。ネットはやめるべき」と言われ続けたのにウィキにも書いて。
特徴がはっきりしてるので(同じことをいつまでも言う)すぐ分かります。改名しても。
初めの数年はIPユーザー。次に「まむし」と名乗り、昨年プロバイダを書いたので「まくわうり」と改名。
嘘ばかりで何度、項目を削除されたことか。ノートには苦情だらけ。
自己紹介に頭くる。
>「それでも最近、支援があれば普通の人に近い生活ができることがわかりました。どうか、よろしくお願いします」

ネット上でどう健常者なるようにと、支援できるんですか?
10年も「あなたはネットしてはいけない。他人の心が分かるようになるには生の人間に触れなければ」と諭されたんですよ。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:%E3%81%BE%E3%82%80%E3%81%97&diff=next&oldid=12259638
↓それ以前の「まむし」の自己紹介
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:%E3%81%BE%E3%82%80%E3%81%97&diff=prev&oldid=12259617

今現在は「まくわうり」なんだけど自己紹介が・・・。うぬぼれすぎ。彼女には長所なんてない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%86%E3%82%8A

355 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)